2016年11月29日(火) 更新

チーフマネージャーの役職を持った人の会社での立場

チーフマネージャーの役職はマネージャーよりも上の立場であるのが一般的

チーフマネージャーの役職はマネージャーに比べて上の立場になるのが一般的です。チーフとは長やリーダーを指す言葉なので、マネージャーの長という意味で捉えることができます。日本では、単にチーフと呼ぶ場合もありますが、会社によっては、チーフはマネージャーの下の地位のことで、チーフマネージャーを指す言葉ではないのが通例です。

チーフマネージャーは現場の全てを統括するリーダー

チーフマネージャーの役職は、マネージャーよりも上の立場で統括する仕事です。マネージャーはマネジメントする現場の管理者という意味なので、現場の全てを統括するリーダーがチーフマネージャーとなります。具体的には会社のマネジメントが成功するかをチェックし、利益を上げるための算段をすることが仕事になります。

チーフマネージャーの役職は国や会社によって立場が違う

チーフマネージャーの役職は国や会社で意味合いが全く異なります。ヨーロッパでは一般的にはチーフマネージャーは、マネージャーよりも上の立場で統括責任者となります。しかし日本ではチーフマネージャーというよりは、チーフとしてのニュアンスが強くなります。チーフはチーフマネージャーではなく、現場のリーダーとしての意味合いが強くなります。

会社によってはサブマネージャーとしての意味合いが強い

チーフマネージャーとしての役職は、日本でも上の役職の意味合いとしても使われることがあります。しかし会社によっては、チーフマネージャーはサブマネージャーとしての意味合いも強いのが特徴です。日本ではチーフマネージャーは部長や統括責任者と同等と考えると、店長の下に統括責任者という役職が設けられている会社が多いようです。つまり統括責任者の下がマネージャーとなり、チーフマネージャーはサブマネージャーとしての意味合いが強くなるので、マネージャーよりも下の地位になる会社もあるのです。

マネージャーがする仕事を行っている会社もある

チーフマネージャーの役職があっても、ほとんどマネージャーと同じ扱いとなっている会社も多いです。仕事内容は統括責任者としての仕事が中心でも、マネージャーを統括するのではなく、現場を統括することが多いからです。本来マネージャーがやる現場の統括をするので、チーフマネージャーは名ばかりの役職となることが多いのです。

チーフマネージャーはただの呼称の場合もある

チーフマネージャーとマネージャーの役職としての地位は、現場では同等と考えている会社もあります。マネージャー複数人いれば、呼称の違いをつける為にチーフ、サブ、補佐などの言葉を用いて区別するケースもあります。本来チーフは、リーダーという意味で使われますが、ただ呼称としてチーフマネージャーと呼ばれます。権限と職名には大きな差が生まれることがあります。ただマネージャーとチーフマネージャーの違いはなく、ただの呼称の違いとなります。

チーフマネージャーの役職は会社や国によって違うが店長の直下に位置する立場であるのが一般的

チーフマネージャーは役職としては一般的にはマネージャーと店長の間に位置します。マネージャーを統括する役職ですが、会社によってその待遇は全く違うようです。もしもチーフマネージャーがいれば、その会社の構成を、会話を通して聞き出すのも大切になります。初めに聞いておけば安心できますし、失礼をすることもなくなるでしょう。あくまでも会社によって待遇が違うことを認識しておくのをおすすめします。

関連コラム