2016年12月12日(月) 更新

「ディレクション」の意味は?知っておきたい特徴

ディレクションの意味は「制作に関する総指揮を取ること」

ディレクションは、制作に関するすべての方向性を決め、制作スタッフなどの総指揮を取る意味を持っている言葉です。テレビなどで耳にする「ディレクター」や「AD(アシスタントディレクター)」といった職種の方たちなどが、先で述べた意味合いの仕事内容を行っています。ディレクションの意味が一番わかりやすい一例としてテレビを挙げましたが、この作業自体は、テレビの世界だけに留まらずゲームや音楽CDを作る場合もそうです。果ては、スーパーの陳列棚のレイアウトを決める意味合いでも「ディレクション」の意味は通じるでしょう。

身近なものにも意味が当てはまるのがディレクション

広告代理店やWeb製作業界ではよく使われる言葉であるディレクションは、簡単に言い換えると「現場監督」などの意味と大差ありません。先に述べたスーパーであれば、経営者しかりマネージャーしかり、チーフマネージャーだってディレクションを行っています。近年ではこの言葉自体が目に触れやすくなりましたが、案外身近なものにも意味が当てはまるのがディレクションなのです。

職種によってディレクションが持つ意味は異なってくる

テレビやWeb関係のお仕事だと、先述の通り「制作に関するすべての方向性を決め、制作スタッフなどの総指揮を取ること」がディレクションの意味です。しかし、これが広告関係のお仕事になると「打ち合わせをする」といった意味になります。「指揮を取るまでがディレクションの意味なのでは?」と思われがちですが、では、ブライダルプランナーの仕事で考えてみましょう。ブライダルプランナーにおいて、プランを選ぶのはお客様、それに沿った形で施行するのはプランナーです。プランナーだけで方向性を決めませんので、この場合では「打ち合わせ」がディレクションの正しい意味と言えるのです。

ディレクションの内容例:テレビ・Web・広告関係

では、上記で挙げたテレビ・Web・広告関係のディレクションについて、具体的に見ていきましょう。以下の通りです。

・テレビにおけるディレクション:現場が滞りなく動く指示や演出・テレビ政策全般
・Webディレクション:Webサイトの構築とプロジェクトの効率的な管理
・広告関係のディレクション:制作スタッフ同士の人間関係サポート・打ち合わせから納品

ディレクションを行う場合はほとんどが制作全体に関わる仕事ですので、やりがいがあると言えるでしょう。

ディレクションの意味は自由自在に言い換えられる

何かひとつの作品や製品に対して、自分ひとりで方向性を決めて作業を進めるのも、他者に方向性を伝え作業してもらうものも、どちらもディレクションです。完成されたモノの統括を行っていることが「ディレクションをする」といった意味なので、様々な職種があってもこの言葉の意味は変わらず、先述したほうに言い換えることができます。難しく思えるだけで、ディレクションの意味自体は簡単と言えるでしょう。

方向性がブレた際に修正する役割も持っている

自分ひとりで進めるディレクション以外の仕事には、必ず他者の介入があります。例えば、相談した相手や分担を割り振った相手からの意見が出され、決めていた「方向性」がブレるケースです。こういった場合も、ディレクションの意味が活用されます。数人の手が絡んだものは、必ずブレが生じるものです。その際に目的のものを作製してもらうためにブレを正すのも、ディレクションとなるでしょう。

ディレクションにとっては雑用こそが大事な肝

意味については先述した通りなのですが、このディレクションをするにあたり問題となるのが「大事なのかよくわからない雑用」のような作業です。また、人を使って何かを作っている際には、当然「方向性」を指示して動いてもらっているわけですから、コミュニケーションが必要となってきます。その一環の流れの中で派生する雑用などのフォローやサポートをするのが、アシスタントディレクターのような役職なのです。面倒な部分の仕事を与えられていると思われがちですが、その雑用こそがディレクションの一番大事な肝となりえるでしょう。

「ディレクション」は制作に関する総指揮を取る意味を持ち様々な職種で使われている

誰かを動かすディレクションの業務で一番大事な意味は、コミュニケーションをしっかり取ることです。この部分が欠けては、目指すものも欲しい物も成りえません。また、その作品を「いつまでに実装するために、どのくらいの時間がかかるか」という見積もりやスケジュールの管理や進行をするのも、ディレクションの一環です。まずは宿題や過大などの身近なもので良いので、身の回りのものを「ディレクション」する方法から始めてみてください。そうすれば、ディレクションの意味に対しての理解が一層深まるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム