2016年12月08日(木) 更新

新入社員が休日を使って同期に差をつける勉強方法

新入社員が就業時間外に勉強することの大切さ

新入社員は高校や大学でたくさんしてきたから、社会人になったらもうしなくていい……
そう思っている新入社員がいたら大間違い。本当の意味で役立てるのは社会に出てからなんです。その意味でも新入社員は、社会に出たばかりです。自主的に新入社員がする姿勢は絶対にプラスになるはずです。同期と絶対に差がつきます。

入社3年でどれだけ自主的に勉強するかで差がつく!

入社3年間は、苦労ばかりです。仕事が大変なのは当然です。知恵も方法も、技術もないのです。毎日が勉強で、仕事で分からないことは家に帰って勉強した方がよいでしょう。
大変と感じることは、当然です。休日を使って本を読んだものです。

会社に新入社員として過ごした3年間はとても大切な時期です。この3年間は強く意識を持つのです。覚える必要のあることも、人と付き合うことにも慣れなくてはいけません。

この期間にさえ頑張っていれば、今後の人生に役立つでしょう。また、業務時間以外での業務が出来るか、出来ないかで差がつきます。通常業務以外にも勉強の材料は沢山あるのです。
通常業務でも勉強材料は転がっているのです。そして、多くの社会人は、業務のための勉強をあらゆる場所でしています。スポーツ選手が、自主練をするのと同じことなのです。

休日勉強を続けるためのコツ

休日、勉強することを好きになれたら一番良いでしょう。休日を何のためにしていますか?高校の時は、休日が目的だったかもしれません。しかし、そうでなくても休日にあらゆる場所で学ぶことは出来るのです。休日に自分から学びしたい意欲のある人が伸びるのは、こういう理由があるからです。
以下、学ぶ意欲のある人の理由一覧を挙げました。こういう人が同期に差をつけます。参考にしてください。

・自己啓発をすることで教養を深めたい
・資格取得をすることで、転職やスキルアップをしたいから
・少しでも多くの仕事をできるようになりたいから
・脳の働きを活発化して、人の役にたちたいから

休日の勉強のためには計画を立てよう

●目標確立
何故するのか、どうしたいのかという目標をはっきりさせなくてはなりません。目標は、努力すれば達成できるくらいが良いです。あまり高すぎる目標を立てると、崩れてしまいますよ。

●計画確立
さらに目標を達成するための計画を立てます。内容は楽にできる範囲です。継続できる方法を探しましょう。あまりにロングスパンな計画を立てると、長すぎて途中で諦めてしまいます。また、土日のみと期間を区切るのも良い方法です。

同期に差をつけるために、計画はしっかりと立ててください。

勉強するには時間を上手く管理する

新入社員が何をしてもいい自由な時間というのは、かえってだらけてしまって何もできなかった……
という事態に陥りがちです。そこで、社会人には時間管理がコツといえます。特に休日を使う場合の時間管理を気を付けましょう。休日に勉強をする習慣をつけるだけでも、同期と差を付けることができます。当然ですが、同期が仕事に割く時間よりも、多く時間を割けば確実に差を広げられるのです。

新入社員が土日に勉強して同期に差をつけている!自分なりの勉強法を確立!

いかがでしたか? 新入社員は同期と一緒に週末にやりたいこともあるでしょう。新入社員は仕事での日頃のストレス発散も同期と休日にしたいことでしょう。途中で休日の勉強法を投げ出してしまわないように、きちんとした目標を立ててすることをお勧めします。そして同期に差をつけましょう。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム