2018年01月30日(火) 更新

ピンク色のネクタイが与える意外な印象と合わせ方

ピンクのネクタイは女性から好印象

ピンクのネクタイは上手にコーディネートすることによって、女性からの印象を良くできます。反対に、スーツやワイシャツの色を間違えてしまうと、センスがない等の悪い印象を与えてしまうこともあるので気をつけましょう。ピンクのネクタイを着ける時のポイントをおさえて清潔感が漂う大人なコーディネートを目指しましょう。

ネイビーのスーツや白のワイシャツと合わせてデキる男を演出

ピンクのネクタイは、組み合わせによってとても素敵なコーディネートになります。オススメは、ネイビーのスーツに白いワイシャツと組み合わせることです。そうすると、仕事のデキる男の人という印象を与えることができます。ネクタイの色も濃いピンクではなく、淡いサーモンピンクであったり、チェックの物であれば、温かみのある優しい印象を与えます。

グレーのスーツにペールアクアのワイシャツでおしゃれを楽しむ

グレーのスーツとペールアクア(うすい水色)のワイシャツにピンクのネクタイの組み合わせかワイシャツを水色・白色のストライプにします。そうすると。おシャレを楽しんでいる男性という印象を与えることができます。少し遊び心のあるワイシャツの色をチョイスし、グレーのスーツでしっかりしめると印象が良いです。

新入社員であればストライプが入ったネクタイをチョイス

新入社員がピンクのネクタイをしていくのは、少し勇気のいることかもしれません。初めてピンクのネクタイを買う際は、レジメンタルストライプでピンクが少し入ったものや、淡い無地であれば問題ないでしょう。このような色であれば黒いスーツでも上手にコーディネートすることができます。ピンクは女性とのコミュニケーションを円滑に進めたい時に着ていくと良いです。

ライトグレーのシャツと淡いピンクの柄無地でおしゃれな印象に

新入社員は、ライトグレーのシャツと淡いピンクの柄無地で決めましょう。これなら黒いスーツでも問題ありません。無地のネクタイは大人しい印象を与えますが、柄が入ることでおしゃれな印象を与えます。女性は、そのような細かい所も見ているのでこだわってみることが大切です。

濃いピンクのネクタイは最初のうちは避けるのがベター

ビビットなピンクのネクタイはとても魅力的ではありますが、最初は避けるのがベターです。濃いピンクのネクタイをつけると見た目が派手になるだけではなく、スーツやワイシャツとも合わせにくくなります。コーディネートを学んでから、濃いピンク色にも挑戦していきましょう。どうしても着たい場合には、無地に近い柄の落ち着いたスーツを選んで合わせましょう。

ネクタイをピンク色にした際はコーディネートを気を付けるだけで好印象が与えられる

ピンクのネクタイはスーツやワイシャツと上手に合わせることによって、「デキる」「清潔」「おしゃれ」などの良い印象を与えることができます。最初のうちは、淡い色のネクタイから初めていき、上級者になったら濃いアイテムを取り入れることがオススメです。自分がどんな印象に見られたいかを考えながらコーディネートをしていきましょう。

あわせて読みたい特集記事

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム