2016年12月09日(金) 更新

社会人女性のためのペンケースの選び方

ペンケースがあるとアクシデントに対応できる

社会人の女性の中には、ペンをそのままバッグに突っ込んでいる方も多いですが、そうすると商談中や取引先でさっとペンを取り出しにくいなど、あるいはバッグの中で転がっているうちにインク漏れを起こしてしまうというアクシデントも起こりやすくなります。ペンケースに入れておくことで、必要なときにさっと取り出すことができ、インク漏れのアクシデントも防ぐことができます。なので、できるだけペンケースを使いましょう。

社会人女性のペンケース①:小ぶりなもので十分

社会人になったら、学生時代のように何色もペンを揃えるなどマーカーが必須ということはありません。なので、ペンケースは小ぶりなもので十分です。女性におすすめのペンケースのサイズはボールペンが2~3本入るサイズです。

社会人女性のペンケース②:きちんとした印象の物を選択

ペンケースは高級品を用意する必要はありませんが、学生時代のように100均で買ってきたものは、やはり社会人女性にはふさわしくありません。高級ではなくてもよいから、きっちりとした印象を相手に与える、社会人にふさわしいペンケースを選びましょう。

社会人女性は革製や布製のシンプルなものがおすすめ

まず、素材が大切です。プラスチックやビニールではなく、革製や布製のペンケースがおすすめです。革製は大人っぽさや女性らしさを演出しやすいですが、値段が高くなってしまう傾向があります。布製は、値段が手ごろなことと軽く手触りがよいのが特徴です。色や柄によっては子どもっぽく見えてしまうので、黒やベージュなどシックな色で、なおかつ無地やストライプなどのシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

社会人女性のペンケース③:缶ケースはNG

社会人女性が使うペンケースとしては、缶ケースはNGです。子供っぽい印象を与えるだけでなく、床に落としてしまったときに大きな音を立ててしまうので、ビジネスの場にはふさわしくありません。また、バッグの中に入れて持ち歩くときにかたかたと音を立てやすいのもNGポイントの一つです。

巻くタイプは社会人女性らしいが役割に応じて選ぶ

また、ペンケースを選ぶときには、必要なときにさっと取り出せるように、一つの動作で開閉できるペンケースがおすすめです。くるっと巻くタイプのペンケースは見た目には社会人女性らしくエレガントなのですが、ペンを取り出すために両手を使わなければならず、しかもペンケースを広げるための場所も必要です。営業職で取引先や顧客の前でペンケースを使う方にはおすすめではありません。

社会人女性のペンケースはアクシデントに対応できて役割に応じたきちんとした印象をあたえるものがオススメ

以上が、社会人女性のためのペンケースの選び方についてです。会社で使うペンケースを選ぶときには、自分の好みだけでなく、社会人女性にふさわしい見た目や仕事中に使いやすいかなどの機能性にも注目して選びましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム