2016年11月29日(火) 更新

医者はモテる?勝ち組の職業と話題になる理由

平均年収1,143万円の医者は勝ち組といえる

厚生労働省の調査結果による平成25年の医者の平均年収は、1,143万円です。過去の平均年収推移でも、ほぼ横ばいが続いています。国税庁の調査結果によるサラリーマンの平均年収は、同年で414万円です。医者と、2.5倍ほどの差があります。収入の面では、医者という職業は、サラリーマンに比べて圧倒的な勝ち組です。勝ち組の職業とされる弁護士の年収は、どうでしょうか。日本弁護士連合会による弁護士所得の分布をみると、1,000万円以下がかなり多くなっています。弁護士と比べても、医者は勝ち組といえるでしょう。

高収入の理由はハードワークにある

勝ち組といわれる職業の医者ですが、その職責は大きなものです。患者に対する治療行為を、医師が自分の経験と知識によって判断しておこないます。そのため、人命にかかわる大きな責任を持っている職業といえるでしょう。
また、病床がある医療機関や、救急受け入れのある国公立病院・民間病院では、医者の絶対数は少ない割に需要が多いです。つまり、医者24時間体制で医療機関にいる必要があります。日勤業務を終えてそのまま当直に入ったり、当直を終えて日勤業務を行ったりすることも頻繁にあるのです。それにともない、不規則な生活を送る場合が多い職業でしょう。そうしたハードワークが、医者の高収入として反映されています。

ステータスと安定性を兼ね備えた医者は女性にモテる

合コンで絶大な人気がある職業は、ダントツで医者です。女性がお医者さんを好きな理由は、「友達に自慢ができる」ということがあげられます。女性は見栄を張ってしまう人も多いので、「ブランド感」のある職業の男性と付き合いたい傾向にあります。収入にステータス、そして手に職のある安定性を兼ね備えた医者という職業は「ハイスペック」であり、とてもモテる勝ち組なのです。

医者がモテるためにルックスは関係ない

収入にステータス、安定性を兼ね備えたハイスペックな職業である医者は、ルックスに関係なくモテます。職場である病院内でも、看護師の中には医者と結婚するためにその職に就いた女性もいるでしょう。また、医者と結婚まで辿り着こうと積極的にアタックやアプローチを繰り返す女性は、医大生時代から現れます。医学部に入学した段階で、モテる医者の勝ち組人生は始まっているのです。

病院では医師の割合が少ないためモテる

病院に勤務する医師は多忙になるため、出会いの場が少なくなる傾向にあります。総合病院だと、ひとつの部署に40人ほどの看護師がいます。それに対して医者の割合はとても少ないです。医者のことが恋愛対象として気になる看護師からしてみると、ライバルはとても多いといえるでしょう。看護師からのアプローチをうける医者は、珍しくありません。

医者として勝ち組になるための先行投資は高額

医者という勝ち組になるためには、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。医学部に入学するまでに、中高一貫や小中高一貫の学校に通っていた学生はかなりの割合でいます。小学校から高校までをすべて私立の学校に通うと、授業料の総額は1千万円を超えるといわれます。一方、公立の学校なら授業料の総額は200万円程度です。また、国公立大学の医学部は約350万円、私立大学の医学部の場合は約3,300万円といわれます。私立大学の場合は、5,000万円近く費用がかかる場合もあるのです。医者という勝ち組になるための先行投資は、かなり高額といえます。そのため、親自身が医者などの高収入であるケースが多いです。

医者になるには膨大な時間を勉強に費やす必要がある

医者になるには、医学部に入学すること、医師免許取得(医師国家試験)の2つの難関があります。医学部に入学するためには、学校での授業時間を含まずに約5,000時間の勉強が必要といわれているのです。医学部の難易度の幅は非常に広く、必要とされる勉強量は変わります。医学部入学後から、医師免許取得(医師国家試験に合格する)までには、さらなる勉強が必要です。気の遠くなるような勉強量を乗り越えられる人だけが、勝ち組の医者になれます。

医者はステータス・高収入・安定性を兼ね備えているため女性にモテる勝ち組といえる

医者はステータス、高収入、安定性でダントツの勝ち組、しかもルックス関係なしに女性にモテます。収入は平均でサラリーマンの2.5倍です。しかし、先行投資にかかるお金、時間やエネルギー量が膨大なのも事実です。また、医者になったとしても、勤務形態と勤務先、診療科目によっての格差はあります。医者が勝ち組なのは間違いありませんが、それだけの対価を支払っているからこその勝ち組といえるでしょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム