2017年07月26日(水) 更新

今すぐUターン転職すべき7つの理由と効率的なやり方

目次

1、Uターンとは? 2、地方出身者の現実 3、Uターン転職しない理由とは? 4、都会に居続ける必要性はない 5、Uターン転職すべき理由 6、今のうちにUターン転職する方法とは? 7、まとめ

Uターンとは?

転職サイトなどを覗いていると、ちょこちょこ目にする「Uターン歓迎」という言葉。その詳しい意味を知っていますか?就職や転職時に使われるUターンとは、首都圏の大学や会社に通った後に、地元の企業に入社することを指します。移動する道筋を線で表すとアルファベットのUのようであることから、「Uターン」と呼ばれています。 このUターン転職のように、移動する道筋をアルファベットで表したものがいくつかあるので、以下で紹介していきます。

都会から田舎への【Iターン】

いつかは田舎でのんびり暮らしたいなぁ」と思ったことはありませんか?そんな人が取る行動がIターン。Iターンとは、もともと都会で生まれ育って就職した人が、地方に移って働くことを指します。地方企業にとっては都市部の優秀な人材が欲しいため、Iターンによる就職は歓迎される傾向にあります。

地方都市に就職する【Jターン】

Jターンとは、地方から大都市に移住した人が、生まれ故郷近くの規模の小さな地方都市に就職することを指します。 例えば、 愛知の人口の小さな町に生まれる→東京に移住→名古屋で就職 といったケースがJターンに当てはまります。 生まれ故郷では安定した働き口が見つからないが、地元から遠く離れたくない人が選ぶことが多くなっているようです。

Uターンが失敗して【Oターン】に

OターンとはUターン就職で地元にもどったものの、何らかの理由で首都圏にまた戻ってしまう人のことを指します。この戻ってしまう理由として多いのは、「田舎くらしの刺激のなさや保守的な姿勢に嫌気がさしてしまう」といったものが多くなっているようです。 Uターン就職や転職をする場合には、このようなことにならないように、自分の性格や地方での生活までしっかりと考えて決めたほうが良いでしょう。

地方出身者の現実

「東京都に住んでいるほとんどの人は地方出身者」という話を、どこかで聞いた事ありませんか?実際に東京都は過剰人口と言われており、平成27年の時点で人口は1351万人とも言われています。この東京都の人口1,351万人の63.3%は地方出身者が占めているのです。数字からも分かるように、「東京都に住む過半数の人が地方出身者」ということになります。

70%の人はUターン転職を考えている

転職会議のレポート』よると、地方出身者の内の約70%が出身地(地元)での転職を希望しているそうです。これは東京都の人口に換算すると、約945万人もの方がUターン転職をしてもいいと考えているということです。では実際に、どのくらいの地方出身者がUターン転職を実現したのでしょうか?

しかし、Uターン転職しない人が多数

しかし驚くべきは、約70%の人が転職先として地元を視野に入れているにも関わらず、実際にUターン転職をした人の割合はたったの14%だということ。残りの約56%の人たちは、Uターン転職を実現させていません。地元に戻って働きたいと考えながらも、行動に移せない理由があるようですね。 →Uターン転職に必要な予備知識

Uターン転職しない理由とは?

Uターン転職を考える人の中には、「地元だと生活環境が充実しそう」「ゆったりとした時間を過ごしたい」と考える人も多くいるようです。しかし実際には行動に移せない理由があるようです。ここでは、都会で働く地方出身者がUターン転職しない理由について詳しく見ていきます。

理由①:不便だから

Uターン転職をしない理由として、不便な点が挙げられます。Uターン転職をして地方で生活する事を考えると車が必要になったり、行きつけのショップがなかったり…。確かに、都会に比べると不便な生活になるでしょう。 一方で、『日本経済新聞』の若者500人(20代~30代)を対象とした調査によると、地方にあるような敷地100坪の一戸建てに憧れる若者は8割にも上りました。しかし実態は、「不便だから…」という理由でUターン転職に踏み切れない人が大勢いるのです。

理由②:キャリアアップできるか不安だから

地方は都市部に比べ地方の求人数が少ない傾向にあるため、希望する求人が見つかりにくく、仕事の種類が極端に限定されています。そのため自分のスキルを活かした仕事に就けるとは限りません。また、競合企業がひしめく都会と違って、地方の場合は「成長性」より「持続性」が重視されている企業が多いこともキャリアアップできるか不安にさせる要因の一つと言えるでしょう。

理由③:収入が減るから

Uターン転職しない三つめの理由は、「収入が減るから」という点です。地方で暮らすにあたってやはり気になるのが収入についてではないでしょうか。都会に比べると地方は最低賃金が低く、物価も低いので必然的に給料が安くなる傾向にあります。その分家賃や駐車場代は安く済むので、生活面で困らないかもしれませんが、額面だけ見ると収入が減ることに対する抵抗感は否めません。

都会に居続ける必要性はない

ゆったりと過ごせる地方に憧れる反面、Uターン転職できない色んな理由があるようです。では、様々な人が目まぐるしく生活する都会に居続ける必要性はあるのでしょうか? 結論から言えば、都会に居続ける必要性は全くないでしょう。その理由は、今後都会と地方の格差が無くなっていくからです。

自治体は地方活性化に力を入れている

現在、日本の総人口は1億2,711万人(平成27年時点)にも上ります。しかしこの人口数は平成22年時の調査結果より約94万人減少しており、今後も少子高齢化社会が拡大していくとされています。 地域活性化、または地域おこしという言葉を聞いたことはありませんか?現在、政府によって地域活性化は重要な課題として認識されており、各省庁が率先して地域活性化に向けた取り組みを行っているのです。例として国土交通省は地方の暮らしをもっと便利にするため、地域の公共交通の活性化に取り組み、施策を行っているのです。

30年後の都会は老人ばっかり?

日本の人口が減少していく中で2050年には、約440万人の人が高齢を迎えます。総人口の約40%が65歳以上の高齢者になる時代は、そんなに遠くありません。特に東京都の高齢者の人口は2010年~2050年までの40年の間で、約6割も増加するとされています。これは、仮に少子化が食い止められたとしても、高齢化社会は避けることができないということを暗に示します。近い将来、東京都は老人ばかりの街になるかもしれません。

将来を考えるなら住みやすい場所を選ぶ

このように都会での生活を将来的に考えるのであれば、都会に住み続けるよりもどこかへ移住を考えるのではないでしょうか。一極集中している現状を今の内に把握して、将来の生活を含めた転職をしていくべきはないでしょうか。

Uターン転職すべき理由

都会の大学を出て、都会の会社に就職してキャリアアップを積んでいく姿を思い描く反面、田舎のゆったりとした余裕のあるライフスタイルに憧れる人も少なくありません。では、地方に暮らしている人は一体どんな生活をしているのでしょうか?ここでは、Uターン転職の魅力とも言える、主なメリットを見ていきます。

理由①:通勤ラッシュが無い

出社する際、都会では大多数の人が毎朝満員電車に乗る生活をしています。そのため出退社時のラッシュが憂鬱に感じる人も少なくありません。その反面Uターン転職であれば、車通勤や会社近くに住む場合がほとんどですので通勤ラッシュに合うことはほとんどなくなります。電車通勤を経験している人はお分かり頂けると思いますが、これって本当に魅力ですよね。

理由②:物価が安い

都会と地方の生活の違いに、物価が安いという点があります。物価が安いと家賃も安いので、同額の家賃でも倍くらい広い部屋に住めるでしょう。またUターン転職で実家に住むのであれば、家賃が浮いてその分生活にゆとりを持つこともできます。

理由③:喧噪から離れられる

地方は都会に比べると静かで、とても落ち着いた時間が流れています。そのため都会で感じていたような喧噪から離れられることができます。忙しい毎日にうんざりしている人にとっては、とても大きなメリットですよね。

理由④:能力が買われやすい

都会で転職すると人気企業の倍率は高く、なかなか思った職業に就けないケースがあるようです。しかしUターン転職すると都会帰りの優秀な人材として、能力を高く買ってくれる場合が多いことも確か。都会でストレスを溜めるよりも、地方で高い評価を得たほうがやりがいにも繋がるはずです。

理由⑤:親の近くに住める

例えば年に2回、お盆と年末年始に帰省したとしても、何回親孝行できるか分からないもの。ましてや都会で暮らしていると、なかなか親に会えないのではないでしょうか。そういった点においてUターン転職は、親のそばで暮らしたいと考える人には最適な選択といえますね。

理由⑥:地域コミュニュティの充実

都会の人に「隣人を知っていますか?」と聞くと、大多数の人が知らないそうです。近くに住んでいるのに、なんだか変な感じですよね。一方で、地方の場合は地域コミュニティが充実しているので、ご近所さんとも仲良く生活できますよ。

理由⑦:生活環境が充実

Uターン転職する際に、特に重要視されているのが生活環境です。都会で働いていた頃よりもストレスが軽減されるケースも少なくありません。やはり住み慣れた土地にUターン転職することは、地方出身者にとってたくさんメリットがあるようですね。

今のうちにUターン転職する方法とは?

都会に住みながらUターン転職を進めるのは大変な労力が伴うのです。現在住んでいる場所で転職するのとはワケが違うのです。情報収集から求人の選別、応募したあとの面接までを考えると気が遠くなりそうですよね。では、どうすればUターン転職できるのか見ていきましょう。

事前準備がとても大事

「地元に戻ってから転職先を探せばいいや!」という安易な考えでは、Uターン転職はまず成功しません。いくらメリットが多いUターン転職と言えども、前述したように地方は都会に比べても求人が少ない傾向にあるためです。「地元に帰っても転職先がない…」なんて事態に陥らないように、あらかじめ知人を頼って転職先を探したりして情報収集すべきでしょう。

利用するべき"転職ツール"

地方に頻繁に出向くことが難しいのであれば、効率良く転職先を探すためにも、全国を網羅しているプロの転職エージェントに相談することをオススメします。地方の求人情報に強いのは、やはり現地の人材紹介会社です。そんな人材紹介会社とコネクションのある大手転職エージェントを活用して、効果的にUターン転職を進めていきましょう。

転職エージェントのメリット

また、転職エージェントは効率良くスケジュール調整を行ってくれるので現職で忙しい人にもおすすめ。都会に住みながらでも、転職活動ができるというのは最大の魅力と言えますね。 また、各社コンサルタントはあなたの強みと企業とをマッチングさせる能力に長けているので、初めての転職に不安がある人でも安心して転職活動を行えることも大きな魅力の一つです。

今のうちにUターン転職すると地元のパイオニアになれる

今すぐUターン転職すべき7つの理由と、効率的なやり方を見てきました。転職活動をするきっかけは、人それぞれに理由があります。しかし多くの人が転職活動を通じて、今後の生活を考えるのではないでしょうか。もしも将来的に心豊かな生活を検討しているなら、政府が地方創生に力を入れている“今“からUターン転職を考えるべきです。理想の転職ができることを祈っています。

合わせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム