2017年10月30日(月) 更新

シニアマネージャーとは?この役職に必要なスキル

シニアマネージャーは課長より上の立場

シニアマネージャーは、一般的に次長と課長の間の役職になります。大きな会社になるにつれて、部門や役職が多くなっていきますが、細かな役職をつけることで統括しやすくしているのです。マネージャーとは統括やマネジメントする意味合いがあるので、課長の上司というよりも、課長を補佐して円滑にプロジェクトを進めさせる役割が強くなるといえるでしょう。

「シニア」には上級という意味がある

シニアマネージャーの立場は課長職の上位となりますが、シニアとは年配の意味ではなく、上級という意味になります。シニアマネージャーは30代から40代くらいでなる人が多く、意味を知らない若手からはなぜシニアと思われていることもあるようです。役職名が多い大会社では、言葉の意味をすることで上下関係が分かりやすくなるはずです。

シニアマネージャーは若くして重責を担う役職

シニアマネージャーは仕事で働き盛りである40代前後で役職に就く人が多いようです。課長の上司という立場なので、仕事でのマネジメントをする立場となります。現場のトップクラスの役職として、大きな責任を担いながら上からの指示を的確に下に伝える役割が仕事です。現場の仕事が円滑に作業できるように、マネジメントするのは現場の仕事での経験が非常に物をいいます。

シニアマネージャーの役割は大きく4つ

そんなシニアマネージャーの役割は、大きく分けて4つあります。それが下記の通りです。

・統括
・指導、育成
・意思決定
・責任

シニアマネージャーには、部下の管理や統括、指導や育成もしつつ、意思決定もしなければならないのです。責任に関しては先述した通り、重大なものが課せられます。

シニアマネージャーは中間職として企業を支える存在

シニアマネージャーは会社のまさに中間職として、上と下とを繋ぐパイプラインの役割を担っています。現場の仕事を知るシニアマネージャーだからこそ、上に対しても的確な報告と問題点を挙げることができます。シニアマネージャーの能力がなければ、幹部たちは現場の問題点を知る術はありません。会社の決定事項を社員に伝えて、円滑に業務が進むようにする立場でもあるので、上と下の立場をそれぞれ熟知している人でしか務まりません。

シニアマネージャーは統括力と支援能力が必要

シニアマネージャーはマネージャーと言われるだけあって、部下が最高のパフォーマンスができるようにマネジメントする立場です。現場を知っているシニアマネージャーだからこそ、問題点をすぐに把握し、幹部に伝えて改善策を考えてもらえます。有能なシニアマネージャーがいれば、部下の力をしっかりと引き出してくれるでしょう。

コミュニケーション能力やマネジメント力が必要にもなる

部下が最高の仕事ができるように、シニアマネージャーはマネジメントする立場となります。現場の長でもある課長を上手く補佐し、一緒になって現場を盛り上げる役割を担っているのです。そのためには、コミュニケーション能力やマネジメント力が必要になるでしょう。

課長より上の役職であるシニアマネージャーには統括力や支援能力の他にあらゆるスキルが必要

シニアマネージャーの立場は、一般的には次長職に次ぐ役職です。現場をマネジメントする立場となります。シニアマネージャーは比較的若くしてなる人が多いといえるでしょう。現場を知る人がなることで、問題点を上に素早く報告して会社全体も活性化していきます。まさに中間管理職としての立場で重責を担う仕事でもあるので、有能な人材が求められるでしょう。

関連コラム