事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2018年09月26日(水) 更新

モテる職業はコレ!人気ランキング大公開【男女版】

世の中にはモテる職業がある

異性にモテるのは誰にとっても悲願です。髪型を整え、異性受けが良い服を着て、身体を鍛える。誰もが経験したそんな努力も、通用するのは学生のうちだけです。 社会人になった時、異性からアプローチされる可能性は、どんな職業に就いているのかが大きく関わります。 「学生のうちはモテなかったけど、この職業に就いてから異性からアプローチされるようになった」という人もいるようです。 異性からチヤホヤされたいなら、モテる職業を把握しておきましょう。

モテる職業に就けば生活が充実

モテる職業に就くメリットは、なにも異性からチヤホヤされることだけではありません。モテる職業は人に憧れられることが多いです。皆からの注目を意識すると、自分の仕事に自信がつきます。 自分の仕事を誇れるようになれば、おのずと仕事面での成果もあがるもの。仕事で評価されて、異性からも評価される。そんな正のスパイラルが起きるのです。夢のような話だと思いませんか。

合コンで大活躍?

モテる職業についていて、一番“美味しい思い”をするのは合コンの時のようです。合コンで異性に職業を尋ねられ、「◯◯をしてます」と言った瞬間、場にいる異性が一斉に自分に注目する。そんな状況になったら、一緒に行った友達には悪いと思いつつもニヤけてしまいそうですよね。 実際のところ社会人のみの合コンの場合、異性をゲットできるかは、「性格」や「容姿」よりも「職業」のほうが大きく関わってきます。どんな仕事をしているかで、その人のパーソナリティーや生活を想像することができるからのようです。ぜひとも、モテる職業について、異性をブイブイいわしていきたいものですよね。

モテる職業の条件とは?

モテる職業ランキングを見ていく前に、まずはモテる職業の条件を紹介していきます。そして当たり前のことですが、男性と女性では相手に対して求めるものが違います。以下では、男女別に求められる要素を見ていきましょう。

モテる男子に求められるのは高収入とカッコ良さ

学生とは違い社会人ともなると、男女ともに結婚を視野に入れたパートナー探しをします。そんな時に重要となるのは、「安定した生活を送れるか」です。実業家のように浮き沈みの激しい職業ではなく、安定して稼げるのかがポイントとなっています。 男性の職業には収入以外にもカッコ良さが求められます。この場合、一般的な職業よりも少し縁遠いくらいのほうが理想を持ちやすく、カッコ良いという評価に繋がるようです。

モテる女子に求められるのは母性

男性にモテる職業の特徴はズバリ「母性を感じさせるかどうか」です。男性は女性の中に、母の面影を探すなんて話を聞いたことはありませんか?これは本当で、マザコンの人に限らず母性を強く持った女性に男性は強く惹かれる傾向があります。「家庭的な要素」や「優しさ」をイメージさせやすい職業がモテるようですね。 以上がモテる職業の条件です。それでは、独自に調べたモテる職業ランキングを見ていきましょう。

モテる職業ランキング【男子版】

やはり上位にランクインしているのは、高収入の職業ですね。公務員が1位という結果から、安定志向の人が多いのが見て取れます。 では、具体的になぜこれらの職業がモテるのかを見ていきましょう。

1位:公務員

先ほども述べましたが堂々の1位は公務員。しかも 2位とは圧倒的な差をつけています。合コンなどでは圧倒的な人気を誇る公務員ですが、人気の秘訣である収入がどうなっているのか気になりますよね。 公務員は給料が低い印象があるかもしれません。しかし、東京都の公務員の平均年収は745万円ほどです。つまり、大企業を超える年収をもらっているのです。 またボーナスも必ず支給されるので、女性が望む結婚相手として理想の存在といえるでしょう。

2位:医師

高収入の代名詞である医師は、モテる職業ランキングで2位でした。年収が1,000万を超える人も多く、それに加えて高学歴。女性にモテるのも当然という印象です。 また医師の仕事は人の命を救うことです。全職業の中で最も尊敬を集める職業といっても過言ではないでしょう。そんな医師の仕事を想像したら、女性がカッコ良いと思うのも頷けますよね。

3位:薬剤師

3位に薬剤師がランクイン。薬剤師は医師と比べると目立たない かも知れませんが、収入は国民の平均年収を大きく超えます。 それがモテる理由につながっているようですね。 薬剤師の資格を取得するには薬科大学で6年間勉強する必要があり、スタートラインに立つまでのハードルは高めですが 一度資格を取れば就職先が多い ので、収入を増やすチャンスに恵まれています。 モテたいだけじゃなく、収入アップも目指したいという男性におすすめです 。

4位:外資系

外資系と聞くと、「細身のスーツを着こなしてすべてをスマートにこなす」そんなイメージを持っていませんか?多くの女性も同じようなイメージを抱いています。そういったスマートなイメージは、外資系で重視される合理性によるものでしょう。 日系企業にはない洗練された雰囲気が、女性の心を射止める結果に繋がります。 また外資系は実力がなければ生き残れない世界です。実力社会で生きる力強い姿に、胸をときめかせる女性は多いでしょう。

5位:セールスエンジニア

セールスエンジニアは主に電子機器商品を扱う企業で活躍しています。仕事内容は、営業としてクライアントとの交渉や調整をすると同時に、技術者として製品導入のアドバイスもします。そういった、なんでも一人でこなせる仕事スタイルが女性に人気の理由のようです。 そしてあまり知られていませんが、平均年収も661万円と非常に高めなのも魅力 。安定した生活を送りたいと考える女性に、マッチした職業といえます。

6位:消防士

消防士の仕事は火事の際に火を消し止めたり、災害が起こった際に事態の改善に勤めたりするものです。仕事には常に危険がつきまとい、それに立ち向かうための屈強な肉体づくりもしています。筋肉が好きな女性にとっては、クラクラと来てしまう職業といえるでしょう。 また、公務員なので収入面でも非常に安定しており、そこも人気のポイントの一つといえます。

7位:経営者

スマートなスーツを着こなし、身に着けているものは一流。トークも面白く、果てしない夢を抱いている。「経営者」というとそんなイメージをもってしまいますよね。普段からすると遠い存在なので、「経営者」という肩書きを持っているだけで興味が湧くことも。 また、「ヤンキー、ネコに優しくする」の理論と同じように、一般人がやってもなんとも思わないような優しさが、経営者がやるだけで特別なもののように感じます。そういったところも、モテる理由なのでしょう。

8位:IT系

IT系企業で働く人が専門用語をバリバリと使いこなしているのを見ると、カッコ良く見えますよね。最近では若干下火となってしまいましたが、IT革命と言われた時期には、公務員を超えるほどの人気があったそうです。 今ではIT企業も多くなっており、人を惹きつける「未知性」の部分ではアドバンテージがなくなってきました。しかし、「知的」「ネットのスペシャリスト」といったイメージの良さから、未だ根強い人気があります。

9位:商社マン

モテる職業9位は商社マンでした。商社マンがなぜモテるのかというと、そのトーク力が大きく関わってくるでしょう。商社で勤務していると、どの職業よりも営業力が身につきます。そのため、相手の雰囲気を読んだトークが可能になるでしょう。 商社マンの人と話していると、「いつの間にか心を許してしまい、いつもなら話さないことまで話してしまう」ということもあるそうです。そんな聞き上手なスキルが、商社マンのモテる秘訣といえそうです。

10位:広告代理店勤務

最後に紹介するモテる職業は広告代理店勤務です。なぜ広告代理店勤務の人がモテるのかといえば、外資系と同じく華やかなイメージと、高収入の代名詞でもある職業であるからだと考えられます。 また、広告代理店のトップ企業だと平均年収は1,000万円を軽く超えるので、結婚したら一流と呼ばれる生活ができます。それに加えて、広告代理店は高学歴採用の企業が多いので、知的な男子が好きな人にはたまらない職業となるでしょう。

モテる職業に就くなら転職を!

男性の皆さん、モテる職業に就きたいと考え始めているのではないでしょうか?そんな望みを叶えてくれるのが、転職エージェントです。転職エージェントは、求職者からヒアリングした情報をもとに最適な企業を紹介し、履歴書作成から面接対策まで、トータルで転職活動をサポートしてくれるのです。

特にオススメなのが、「リクルートエージェント」です。転職業界No.1の求人数と実績がありますので、モテる職業ランキングに入っている求人を多数紹介してくれますよ!

モテる職業ランキング【女子版】

さて次に、女性版ランキングをご紹介していきます。女性版のランキングを見てみると、男性はそこまで女性の安定性や収入面は気にしていないようです。それよりも、女性の良さが活かされる職業に人気が集まっている印象ですね。

1位:保育士

男性にモテる職業で第1位に輝いたのは保育士です。保育士のように子どもと関わる職業は、男性に優しい印象を抱かせやすくなります。 また、結婚して将来子どもができた時も「子育てを任せられそう」 という安心感も大きな理由のひとつになっていそうです。 そして、保育士の男女比は(男性)1:50(女性)となっています。職場にあまり男性がおらず、浮気の心配が少ないところも大きなポイントでしょう。

2位:看護師

看護師は男性にモテる職業としてあまりにも有名かもしれません。男性ならば一度は白いナース服に憧れを抱くものです。男性が看護師に持つイメージは、「人に対する優しさ」や「なんでもテキパキとこなせる」といったものが多いようです。 保育士と同じく、結婚することになったときに家庭を任せられるという安心感が、モテる結果に繋がるのでしょう。

3位:栄養士

「男心をつかむには胃袋をつかめ」と昔から言われていますが、実は的を射た表現です。 男性は遅くまで仕事をしていることが多く、なかなか生活も不摂生になりがちです。そういった生活を送っている男性は、家で料理を作って待っていてくれる女性を心のどこかで求めています。 またスポーツ選手の妻で栄養士の資格をとりながら、夫を献身的にサポートしている人も居ます。そのような人を見て栄養士に良いイメージを持つ人が多いのでしょう。

4位:キャビンアテンダント

看護士と並ぶ人気職「キャビンアテンダント」は第4位にランクイン。キャビンアテンダントは、ハイクオリティな接客をすることから、「気が利く女性」というイメージが持たれやすいそうです。 またキャビンアテンダントには、才色兼備の女性が採用されやすい傾向にあるので、男性から憧れの的となることも多いのでしょう。

5位:企業受付

企業受付企業受付は第5位にランクイン。 企業受付は自社ビルを持つ企業のロビーで、訪問者に対して案内をする業務を行っています。そのイメージから「いつも笑顔」「礼儀正しい」という印象を抱く男性が多く、「一緒に居て癒やされそう」という意見があるようですね。 またキャビンアテンダントと同じく、「綺麗な人」というイメージがあるので、憧れを持つ人が多いです。

6位:読者モデル

男子からモテる職業第6位は、読者モデルです。モデルではなく、読者モデルというところが“ミソ”といえるでしょう。というのも、モデルと付き合うのはマスコミに注目される危険性があり敷居が高く感じますよね。しかし、読者モデルであれば男女交際に寛容なため、心配する必要はありません。流行のファッションに身を包み、人から羨望を集める女子に憧れる男子は多いでしょう。

7位:レースクイーン

レースクイーンは恵まれた容姿とスタイルが必要となり、厳しい審査を通り抜けた人だけがなれる職業です。モータースポーツに華を添えるその職業は、多くの観客を虜にしています。そんなレースクイーンと出会えたならば、何がなんでもアタックしたくなるのが、男の心情。 少し下心が見えすぎかも知れませんが、「レースクイーンをしています」と言ったあとの男子は目の色を輝かせること間違いなしでしょう。

8位:商社勤務

男子の方でもランクインしていた商社勤務ですが、女子の方でも上位に食い込んでいます。バリバリと仕事をこなして、男性に負けない活躍をする女性の人気も高まってきているようです。女性的な要素が強い職業よりも、しっかりと働く女性のほうが好みという男性も。 また商社などビジネスの最前線で働く女性は、男性の仕事の辛さに対する理解があるため「自分の仕事を相談できるパートナー」として好かれる傾向にあります。

9位:理系企業

リケジョという言葉を聞いたことはありませんか?これは理系女子を略した言葉となり、理系の学校や職場に通う女性を表した言葉になります。男性が多い理系社会のなかで、活躍する女子に憧れる男子はとても多いそうです。 また、リケジョの傾向として男性脳に近いこともモテる理由となります。普段の考え方が論理的であるため男子として付き合いやすく、話も合いやすいことから理系企業に勤める女子は「一緒にいて楽」という意見が多いですね。

10位:女子アナ

10位は男子全員にとっての憧れ、女子アナです。女子アナは容姿だけでなく、教養も求められるのでまさに完璧女子といえるでしょう。キー局の女子アナになるには、有名大学に入学するのはもちろん、そこのミスコンで優秀な成績を残さなくてはなりません。 非常に険しい道となりますが、なってしまえば世の中の男性を虜にすることも可能です。

▼女性のモテる職業ランキングの最新版はコチラ

モテる職業に就きたいけど転職に不安がある...

今の仕事からモテる職業に転職したいけど、転職に対して不安がある人は多いでしょう。落ちたらどうしよう、円満退職できるのかななど、考えだしたらキリがありません。そんな時は、診断してみてはいかがでしょうか?
そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

自力で人気職に就くのは難しい?

異性にモテる職業ランキングを紹介しました。しかし、モテるために上記の職業に就きたいと思っても、ほとんどが人気職なので倍率が高く難しいのが現状です。 また、異業種からモテる職業へと自力で転職をしようとしても、履歴書にどんなことを書けば良いのか悩むことから始めなくてはいけません。 しかし、そんな状況を打開するのが転職エージェントになります。

転職エージェントなら非公開求人多数

転職エージェントであれば、他の転職サイトには載っていない優良求人を持っていることが多く、そのほとんどが非公開求人です。つまり、ライバルが少ない状況で自分の理想に叶った転職ができるのです。 それに加えて、履歴書の添削や面接の指導もしてくれるので、希望先の人事担当者に効果的なアピールができます。

ピンポイントな転職方法

転職エージェントにはさまざまな種類がありますが、それぞれに明確な強みを持っています。 例えば「リクルートエージェント」であれば、 業界最多の求人数を抱えているので、自分の希望する転職先を見つけられる可能性が高いです。

また、女性が転職する場合は、女性専用の転職エージェント「リブズキャリア」を使うと良いでしょう。優秀なコンサルタントが利用者の幅広いニーズに答えた転職先を紹介してくれます。

モテる職業につけば仕事も生活も充実

いかがでしたか?モテる職業の紹介でした。社会人になると、容姿よりも職業の印象のほうが異性の高評価に繋がる場合があります。 もし今の生活を変えて、モテる人生を送りたいと願うなら、転職を考えてみてもいいかもしれません。 転職を一人で成功させる自信がないときは、転職エージェントを利用してみましょう。必ず親身になって、転職先を探してくれます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム