2017年01月16日(月) 更新

データベーススペシャリストの年収例と資格試験の難易度

データベーススペシャリストは情報分野の知識や技術が豊富

情報技術の分野は、日々進歩を遂げていることが現状です。そのため、現代では多くの企業が情報技術を取り入れ、事業に活かしています。従って、情報の分野における知識や技術を身につけているデータベーススペシャリストは、企業にとって必要というわけです。ここでは、情報分野の資格の1つであるデータベーススペシャリストについて説明していきます。

データベーススペシャリストは国家資格

データベーススペシャリストは、国家資格の1つとなっています。この資格を取得すれば、データベースの開発や運用面をはじめとして、その他情報分野における幅広い知識を持っている人材として認定されることになります。そのため、数ある情報関連の資格の中でも、高いレベルに位置づけられていることが特徴となっているのです。

試験には十分な対策が必要

データベーススペシャリストの試験は、非常に難しいとされていて、合格率も20%を下回っていることが現状です。受験資格については特に定めがないため、基本的に誰でも受験することができますが、多少の知識だけでは通用しない試験となっています。そのため、勉強にたくさんの時間をかけ、対策をしていかなければなりません。

試験範囲は情報分野だけにとどまらない

データベーススペシャリストの試験に関しては、インターフェースやデータベース、ネットワーク等、情報における幅広い分野が試験範囲となります。また、マーケティングやビジネスシステム、経営管理システムなど、経営における分野も範囲に含まれることから、情報分野だけを対象にして勉強をするだけでは足りないというわけです。次に、年収について説明します。

資格手当として給与に上乗せされるケースが多い

データベーススペシャリストの試験に合格し資格を取得することができた場合、就職先の年収はどの程度になるのでしょうか。基本的に、年収の程度については組織によって様々ですが、この類の資格を取得できた場合、資格手当として給与に上乗せされるケースが多いです。そのため、資格を持たない人よりも年収が高くなる傾向にあります。

年収は平均と比べると高水準

データベーススペシャリストの場合、年収は550万円から900万円程度となっています。一般の平均年収が400万円台であることから、それと比べると比較的高水準であることが分かります。勿論、この資格を持っていても、情報分野とは全く関係のない部門で働くような場合には、年収の額は変わってくるため、注意が必要になります。

データベーススペシャリストは国家資格であるため年収も高い傾向にある

データベーススペシャリストの推定年収については、データがきちんと出ています。そのため、資格の取得を目標にするのであれば、取得後にどの程度の年収が見込めるのかという点について知っておいた方がいいです。ただし、この資格の取得は簡単ではないため、合格のためにどのような勉強法が必要になるのかを考え、実践していくことが重要となります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム