2017年08月02日(水) 更新

転職理由をポジティブに変える方法【例文5つ】

みんなの本音!!本当の転職理由5つ

転職面接では必ず転職理由が聞かれます。もちろん人それぞれ転職する理由は異なるでしょう。その際、本当の転職理由を伝えていますか?実際は、転職先で好印象を残そうと思い、なるべくウケが良い転職理由を話すのではないでしょうか。まずは転職を決意した人の本音を見ていきましょう。

本音①:労働環境に不満

労働環境に不満が募り、転職を考える人は少なくありません。もちろん入社当初は「会社に慣れていないだけ?」なんて思いがちですが、会社の労働環境が劣悪だったなんてケースも…。そのため劣悪な環境で体調を崩すくらいなら、転職を考えてしまう人も少なくないようです。

転職者の本音

入社してからずっと毎日22時まで残業していました。もちろん朝は9時出社です。しまいには寝不足が原因で、体調を崩して仕事に行けなくなりました。最初は慣れてないだけだと思っていましたが、さすがに体が悲鳴を上げたので転職を決意しました…。

本音②:給与に不満

会社は明確な経営ビジョンを持っています。しかしビジョンがあったとしても、社内に浸透してなかったら意味がありません。また経営内容が不透明だと、社員は何を目標にすればいいか分からなくなります。すると経営者と社員の間に溝が生まれ、中には転職を決意する人もいるようです。

転職者の本音

前の会社は家族経営で、経営陣も社長の親戚で固められていました。しかも社内で昇進してくのは社長に気に入られた人ばかり。こんな会社ではずっと働けないと思い、転職を決意しました。

本音③:経営内容(社風)に不満

会社は明確な経営ビジョンを持っています。しかしビジョンがあったとしても、社内に浸透してなかったら意味がありません。また経営内容が不透明だと、社員は何を目標にすればいいか分からなくなります。すると経営者と社員の間に溝が生まれ、中には転職を決意する人もいるようです。

転職者の本音

前の会社は家族経営で、経営陣も社長の親戚で固められていました。しかも社内で昇進してくのは社長に気に入られた人ばかり。こんな会社ではずっと働けないと思い、転職を決意しました。

本音④:人間関係の悪化

会社では色んな人が働いています。もちろん性格も十人十色なので、仕事をしていると考え方が合わないことも起こり得るのです。そして合わない人と一緒に仕事をしていると、ストレスを感じ転職に至るケースもあるようです。

転職者の本音

前職の部署では人間関係が最悪でした。噂好きな人たちが多かったせいか、同期と飲みに行くだけで詳細を聞かれたりして面倒な毎日。しまいには上司とのあら噂を流されました。あんな職場では二度と働きたくありません。

本音⑤:キャリアアップができない

成果が見えない仕事を続けていると「何のために仕事をしているのか分からなくなる」と、思う人も少なくありません。特にスキルを身に付けたい人にとっては、時間の無駄に感じることもあるようです。

転職者の本音

前々職の経理の仕事が活かせる会社に入社したのですが、なぜか人手不足とかで営業に回されました。しかもその後に経理職を採用していたので、なんのために採用されたか分かりませんでした。自分のスキルを磨くどころか、時間を無駄にしたかもしれません。

ネガティブな転職理由は採用されない

ポジティブな理由に変えていく

グチにならない転職理由にするためには、ポジティブな内容に変えるのが一番。例えば「○○なところに不満があって…」「やりがいがなくて…」だと、魅力的な志望動機とは言えませんよね。 またポジティブな転職理由は、今後のやる気のアピールにも繋がります。好印象を残すためにも、前向きでやる気があることをアピールしていきましょう。

自己都合すぎる転職理由は×

しかし、いくらポジティブな転職理由が好印象を与えると言っても、自己都合すぎる内容はNG。例えば「私のスキルを活かすには御社くらいの規模の会社でないと~」のように、上から目線の転職理由は好まれません。 もちろん転職活動において、自信があるのはとても良いことです。しかし採用担当者に他責的な印象を与えかねません。加えて「自社でも繰り返さないかな?」なんて疑問を抱かせてしまう可能性もあるので、あくまでも自己都合すぎる転職理由は言わないようにしましょう。

好印象を与える転職理由の作り方

採用担当者にとって転職理由とは、あなたがどのような目標をもって、どのような働き方をするのかを見極めるために重要なものです。魅力的なアピールをするためにも、ポジティブな転職理由になるよう心掛けてください。では転職を成功させるためにも、好印象を与える転職理由の作り方を見ていきましょう。

ステップ①:現状の不満を列挙

まずは現状(転職前)の不満を列挙してみましょう。例えば「残業が多い」「キャリアアップできる環境ではない」「上司との関係が上手くいっていない」など、思いつく限り挙げてみてください。もちろんネガティブなことばかりでも構いません。

ステップ②:不満が解消されたら?

次に、上記で挙げた不満が解決したらどうなるでしょうか?解決したときの自分を考えてみてください。例えば「残業が多い→精神的に疲れなくなる」「キャリアアップできる環境ではない→求めるスキルが身につく」「上司との関係が上手くいっていない→円滑に仕事がしやすくなる」などなど。

ステップ③:目指す働き方とは?

そして解決した後の状況が想像できたなら、あとは自分が目指す働き方を考えていくだけです。では上記にあった「残業が多い→精神的に疲れなくなる」を元に考えていきましょう。

例文

前職では頻繁に休日出勤があり、充実した日々を過ごしていました。しかし満足いくスキルを身に付ける時間を得られず、目標を達成することができませんでした。そのため御社では前職でできなかった事を目標に精進していきたいと考えております。

ステップ④:本音?タテマエ?

いかがでしょう。ネガティブに感じた転職理由がポジティブな内容に変わったことがお分かり頂けましたか。もちろん転職理由とはウソを伝えるものではありません。自分の本音を建て前として、ポジティブな内容に変えていくべきなのです。

ポジティブな印象の転職理由【例文】

例①:労働環境に不満があるとき

前の職場で労働環境に不満があったとしても、結果として前向きに頑張る意思を伝えるようにしましょう。多くの会社では残業ありきの採用になります。なので「残業が多すぎて…」で終わらせてしまうと、仕事への意識が低い人と思われかねないので注意しましょう。採用担当者に「一緒に働きたい」と思ってもらう事がミソです。

転職理由例

前職の残業時間は月○時間までの契約だったのですが、実際は○○時間でスキルアップに時間を費やすことができませんでした。もちろん、今ではとても良い経験になったと思っています。しかし長い労働時間で仕事するよりも、高パフォーマンスで効率的に仕事を進めていきたいと考えております。

例②:給与に不満があるとき

給与とは一つの評価基準です。なので、自分の実力を正当に評価してくれる会社へ転職したい旨をきちんと伝えるようにしましょう。 また給与が低すぎるため転職するという理由は、ストレートすぎます。場合によっては印象が悪くなるので、説得力を持たせるために実績も一緒に述べるようにしましょう。

転職理由例

前の職場では、システムエンジニアとしてサイトの構築やバグの修正を行っていました。○○○の成果を上げましたが、思うような評価をしていただけませんでした。そのため自分の業績を、きちんと評価していただける環境で成果を残したいと考え、御社への転職を志望しました。

例③:経営内容(社風)に不満があるとき

経営内容に不満があるときは、”自分がどのように思ったか”を具体的に伝えるようにしましょう。そして、どのような経営内容・社風だと意欲的に働けるのかを具体的に説明するといいですね。

転職理由例

以前働いていた会社ではチームプレイではなく、個人主義での成果が求められ、社内でもギクシャクした空気が流れていました。また顧客優先ではなく数字を優先する経営体制だったので、お客様に満足いただけない現状もありました。 しかし私は、お客様へ十分なサポートを行うためにも、お互いがフォローし合える仕事の仕方が重要だと考えています。そのためチームの仲間と協力し合える環境へと転職を志望しました。

例④:人間関係に不満があるとき

人間関係が原因の転職理由は一番誤解を生みやすいとも言われています。そのため採用担当者に「応募者本人に原因があるのでは?」と思わせないよう注意しましょう。

転職理由例

私にとって仕事とは、一人で行うものではなくチームで行うことが重要だと考えています。そのため社内で協力して、同じ達成目標に向かって仕事ができる職場で働きたいと考え、御社への転職を決意しました。

例⑤:キャリアアップしたいとき

前職でやりたい仕事ができなかったとしても、「今後どのようにスキルを身に付けていくか?」そして「どう会社に貢献できるのか?」を含んだ内容にしましょう。

転職理由例

営業職の経験を活かして、商品企画に関わりたいと思うようになりましたが異動の前例がなく、今回転職を決意しました。今後はもっと高い企画力を身につけて、会社にとって有利な条件を引き出せるために活躍したいと考え、御社への転職を志望しました。

面接では転職理由とからめた志望動機を

志望先の会社でしか実現できないことを回答しよう

転職をしたということは、前の会社でなんらかの不満があったということ。その不満は、受けた先の企業でどう解消されるのかを、示していかないと本気度を示せません。 例えば給料が安いことを理由として転職活動をした時に、給料が高くない会社を受けても面接官としては「うちも給料は高く無いけど大丈夫かな」と思ってしまいます。それを防ぐためには、「前の会社で実現出来なかった◯◯を、御社に入り△△の形で実現したい」と言えるような志望動機にしましょう。

企業のニーズもきちんと確認しておく

転職で自分が何を求めているのかを把握するのも大切ですが、志望する企業がどんな人材を求めているのか把握しておくことも必要になります。 志望する企業が人材に「経験」を求めているなら、志望動機では「自分のスキルでこんな事を実現したい」と回答し、「やる気」を求めているなら具体的なエピソードで自分の情熱をアピールしていく必要があるでしょう。

転職エージェントを利用すれば志望動機の添削をしてくれる

もし、志望動機や転職理由を自分で考えてみて、「これで合っているのかな」と不安なのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。 転職エージェントを利用すれば、専属のキャリアコンサルタントが志望動機や転職理由を細かく添削してくれるので、企業に対して効果的なアピールをすることにつながります。自分ひとりでの転職活動に限界を感じたら、積極的に利用してみましょう。

転職理由はポジティブに言い換えて好印象を残そう!

もし前職に対する不平不満を持っていたとしても、本音を伝えることが正しいとは限りません。あくまでも転職理由は前向きな内容であるべきなのです。 また、ウソの転職理由はオススメしません。そのため転職する際は本音とタテマエを上手く使い分けて、採用担当者に好印象を残しましょう。

あわせて読みたい!

関連コラム