2017年07月12日(水) 更新

「なんとなく」の仕事を辞めて自信を持って働けるようになった秘訣

PR企画

あなたは自分に社会人としてどれだけの価値があると思いますか?転職を考えたときに、他の会社でも評価され、やっていけると思いますか?
胸を張って大丈夫と答えられない人、自分が入社してから成長しているという実感がわかない人。
行動を起こすときかもしれませんよ。

今の状況に不安はあっても転職する勇気を持てなかった

在学中に内定を獲得して、新卒で就職。新人としては高い成績を残し、同期よりも早く出世。

…するはずだったのに、同期が出世していくのを見ながら上司に怒られる毎日。毎月の目標を見ては、月末にはまた上司に怒られると暗い気持ちになる。こんな状況がずっと続くんじゃないか、いつまでこの仕事を続けるんだろうなんて事ばかり考えていました。

別の会社に就職した友達も3年働いたけど、自分が成長しているのかわからない。これから先どうなるのか、不安で仕方ないと言っていました。

こんなモヤモヤした気持ちを抱えながら働いていた僕たちに共通するのは「いつまでもこのままでいいとは思わないけど、何をすればいいのかわからない。」という事でした。
そんな事を考えながら働くくらいなら、転職すればいいと思う人もいるかもしれません。
でも実際に働いてみると仕事は思っていた以上に大変で、今の会社を辞めたら2度と就職できないんじゃないかという不安が強く、会社を辞めるという選択はできませんでした。

4週間で内定が出るなら自分にもできるかもと思った

そんな不安を感じていた時に知ったのが、未経験から4週間で営業になれるという「UZUZカレッジ営業コース」。
営業になりたいかどうかはまだわかりませんでしたが、研修を受けてから営業を目指すか決められるという事と、営業ができればどんな仕事でもできると色々なところで聞いていたので、ここで頑張ってみようかなと考えるようになりました。

なにより研修と並行して、書類選考なしで何社も面接を受けられるという点が非常に心強かったです。研修を受けても結局書類選考で落ちて、いつまでも就職が決まらなかったらどうしようという不安があったので、必ず面接が受けられるというのは、決断の大きな後押しになりましたね。

勉強というより職場体験のような内容で営業の仕事が身についた

実際に受講してみると、イメージしていた塾や予備校のようなものとはまったく違いました。もちろんそういった座学のプログラムもあるのですが、同期と一緒にグループワークをする機会が何度もありました。
ただ知識を学ぶだけではなく、周りと協力して働くという社会人として必要なスキルを実践で身に付けられたという印象があります。

1番印象に残っているのは、なんといってもテレアポ体験ですね。前の仕事で多少経験があったので、ある程度はできると思っていましたが、自分のスタイルはその会社でしか通用しないんだと実感しました。

時々全然結果が出せず、自信をなくして辞めたくなることもありましたが、同期に支えられたり、逆に自信をなくしている同期を励ましたりすることで、一体感が生じていったんです。ここまで来ながら自分だけ逃げるわけにはいかない、みんなと一緒に卒業したいという思いの方が強くなって、最後には気づいたら同期全員、内定を獲得して卒業していました。
内定は獲得できたし、学生の時のような気兼ねなく付き合える友達ができて、本当に勇気を出して受講して良かったです。

・・・という話を同じような悩みを抱えている友人に話したら、その友人もUZUZ営業カレッジの受講を申し込んでましたね。
受ける前は本当に効果があるのか半信半疑でしたが、今は大変満足しています。今度会ったときは先輩風を吹かせて、営業カレッジの先輩としてアドバイスしてやろうと思っています。

営業のスキルを磨いて再チャレンジしたい方はコチラ

関連コラム