2018年09月26日(水) 更新

役者と俳優の違いとそれぞれの特徴

役者と俳優には明確な違いは無いとされている

役者と俳優の違いを調べてみても、明確な違いは無いとされているようです。しかし役者さんに聞くと強いこだわりを持っている人も多く、俳優ではなく役者だという人も少なくありません。確かにベテランになるほどいい役者さんだと思える人は多く、俳優というイメージではないのかもしれません。役者というと役を演じる者なので、より演技に対して強いこだわりを持っているのかもしれません。

役者と俳優は役と自分の関係性で区別をする

役者と俳優の違いを聞いた時にある役者さんが答えました。役者は自分を役に合わせてキャラクターを作るが、俳優は役を自分に合わせてキャラクターを作るそうです。個性派俳優というとどんな役を演じても、その人にしかできない演技をしますよね。逆にどんな役にも自分が合わせるのが役者さんで、高いスキルや演技力が必要とされます。この小さなこだわりを貫き通すことで、人を魅了する演技ができるのです。

役者と俳優では役者の方が職人気質の感じがする

役者と俳優を比べた時に、役に自分を合わせられるのが役者のようです。劇団出身の人には特に役者が多く、役に合わせて自分が演技をしないと役がもらえないのが要因かもしれません。演技をするというのは自分とは違い、別の誰かになって役を演じるので、役になりきるということが求められます。強いこだわりの人は役が日常でも抜けないという人も多く、それだけ強い意識を持って役に入り込んでいるのです。

役者はその役を演じることで作品を盛り上げる

役者と俳優が一緒に共演をしても、役者の演技に対するこだわりや入り込み様に驚くこともあるようです。カットが掛かっても役のままでいたり、一部の役者さんは共演者との仲も役のままの距離感で演じる人もいるようです。ひとつの作品を作り上げるのに、その役に完全になりきるのが役者です。その迫真の演技が次の仕事にも繋がっていくのです。

役者よりも俳優の方が華があるように感じられる

役者と俳優の違いで大きいのは、俳優には華があると言われます。画面を通しても俳優さんが映っているだけで、その場の雰囲気も変わったりするものですし、よく画になるとも言われます。俳優さん1人がいるだけで、全くいない現場と違い、その場の画が成立してしまうのが俳優です。それだけ存在感があるのが俳優なのです。

役者と俳優では受け手の感じ方に違いがある

役者と俳優ではその画面を通して、画になるかならないかです。観ている視聴者がどう感じるかが全てで、この俳優さんがいるから観ているという人もいるでしょう。ルックスがカッコイイだけではなく、居るだけで画になるというのはなかなかいませんよね。俳優さんにはタレント出身の人が多く、人気があるので中心的な役を演じる場合が多いです。脇を役者さんが固めて、作品を上手く成立させているのです。

役者と俳優に明確な違いはなくその人の雰囲気や演じている本人のとらえ方によって異なる

役者と俳優の違いを明確に答えられる人が少ないのは、それだけ気にしている人が少ないということでしょう。しかし小さなこだわりでも、演じている人にとってはその小さな違いがとても大切なのです。こだわりが無くなれば、ブレた演技になってしまったり、後世への演技指導もできないでしょう。ただ役を演じるのか、こだわりを持って演じるのかでも全く違います。視聴者側も役者と俳優の違いを理解しながら観ることで、さらに作品が面白く観られるかもしれませんね。

こちらもあわせて読みたい!

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム