2017年07月24日(月) 更新

航海士の人が覚えておきたい資格を活かせる転職先

航海士の等級によって転職先に差が出る

航海士として働くためには、大前提として海技士の国家資格が必要となり、国家試験を受けなければなりません。この国家試験を受験するには、等級によって期間は異なりますが、一定の乗船経験が必要となります。また、等受験資格も等級ごとに違っているため、、自分のスキルによって取得できる資格が異なります。その資格の等級によって、転職先の選択肢も変わりやすいということを知っておけるようにしましょう。

学んだ内容によって受験できる等級が異なる

航海士になるためには、高校卒業後、専門学校や大学に進学するのが一般的なルートとなっています。それぞれが学んだ量に合わせて、海技士の失火試験で受けられる等級が異なってきます。商船大学を出て実習を終えると3級海技士、海上技術短期大学を出ると4級海技士の資格を受けられるようになっており、この資格等級が転職の際にも深く関係してくる場合が多いので気を付けましょう。

航海士の主な転職先は船舶会社や商船会社

航海士の転職先として、よくあげられるのは船舶会社や商船会社、あるいは貿易会社などです。機関士と協力して、航海を安全に実践するために決して欠かせない仕事ですから、航海士の需要は非常に高くなっています。給与は安定して高くなりやすく、福利厚生も充実しているところが多いため、資格を取得しておけば、長く働きやすく、高待遇のところを見つけて転職もしやすいと言えるでしょう。

ライフプランを考えて転職先を選ぶ

航海士の転職先として他にも、商社や貿易会社、商船会社や船舶会社、各種海洋関連会社などがあります。所属している企業によって、具体的な航海の内容が異なり、長期乗船になったり、短期乗船になったりと条件が変わってくることがあります。そのため、ライフプランと合わせて考え、より働きやすい企業を求めて転職する人も多くなっています。

キャリアアップとして転職するのもおすすめ

航海士として、よりステップアップして高いキャリアを築いていきたいという人もいますよね。そのためには、まずより高い海技士の資格を取得するのがおすすめです。一級海技士の試験は、国内の国家試験でも特に合格が難しいと言われている指折りの資格のひとつです。口頭試問などの対策を徹底し、合格すれば、より高い条件の企業に転職したり、社内で階級が上がったりするかもしれません。

転職以外に独立をする人もいる

航海士としてキャリアアップを目指していく上で、他社への転職をするだけではなく、独立して自分の会社を持つ人もいます。また、航海士としての第一線を退いて、企業内における教育や人事などのポジションに就く人もいるでしょう。これまでのスキルや経験を活かして、海技試験官や検査官などの特殊なポジションに就ける可能性もあります。

航海士の資格を活かす職場には船舶会社などがありキャリアアップを狙って転職しよう

ここで紹介したもの以外にも、航海士の転職の選択肢や可能性は非常に幅広くなっています。船の上のスペシャリストですから、航海士としてでなくても、海洋関係の仕事では引く手あまたであると言っても良いでしょう。航海士としてキャリアアップするのであれば、より高い等級の海技士試験を受けるのもおすすめです。自分のキャリアプランを考えてみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム