2017年06月29日(木) 更新

マーケティング用語SWOT分析で出てくる内部環境の意味と実例

内部環境とは自社内の環境のこと

内部環境とは自社内の環境を指します。SWOT分析で実例から内部環境を考えることは、自社の強みや弱みを考える事に繋がるのです。SWOT分析で実例に照らし合わせながら内部環境を考える事は、マーケティング活動に繋がり、自社の問題が改善点を洗い出すことにもなります。

逆に外部環境とは企業を取り巻く外部の環境を指します。

チェックリストで分析・評価

内部環境とは、自社のマーケティング環境、財務環境、製造環境、組織環境の4種類です。また、自社の強みと弱みは、マーケティング、財務、製造、組織の環境と成果重要度」を照らし合わせたチェックリストで分析、評価します。

SWOT分析とは何か

SWOT分析は分析対象と取り巻く環境を内部環境(強み・弱み)と外部環境(機会・脅威)に分けて評価、分析する手法のです。自社をマーケティングしようとする時、使用される手法です。社会人として働いている以上、会社内で頻繁に飛び交う用語であり避けては通れません。

強み・弱み・機会・脅威のカテゴリーで分析

SWOT分析とは、目標を達成するために意思決定を必要としている個人のビジネスなどにおいて使用されます。外部環境や内部環境を強み・弱み・機会・脅威の4つのカテゴリーで要因分析します。事業の環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る、経営戦略策定方法の1つです。

内部環境のSWOT分析で対象とする部分はさまざま

マーケティングで実例からSWOT分析をする際には、自社内のあらゆることを分析の対象とします。

分析の対象一覧

  • 経営視点
  • 財務視点
  • マーケティングの視点
  • 人材視点
  • 情報視点
  • 生産視点
  • 営業力
  • チャネル
  • 人材
  • ブランド力
  • サービス品質と生産力
  • プロモーション
  • 信頼度

などを実例として、分析するのです。

自社内の環境だからこそ冷静な目線が大事

内部環境は自社内部のことだからこそ、SWOT分析により冷静な目を持って分析していく事が難しいです。しかし、企業の発展と活躍のためにも、冷静な目を持って自社内を分析することが重要だといえます。

SWOT分析での実例を紹介

SWOT分析での実例:三菱商事

それでは三菱商事でのswot分析での実例を挙げます。就活生は企業研究の際に、気を付けるようにしてください。

S(強み)

  • トップクラスの総合商社である
  • 潤沢な自己資本がある
  • 収益力が業界内でもトップクラス

W(弱み)

  • 市況による業績への影響が激しい
  • 三菱自動車工業への支援がリスク管理に悪影響

O(機会)

  • 新興国において強みがある分野の需要が拡大している

T(脅威)

  • 市場も社内も業績が良いが安定しているとは言い切れない

SWOT分析での内部環境分析では実例を冷静な目線で見ることが重要!

マーケティング用語のSWOT分析で出てくる内部環境の意味と、実例を紹介してきました。SWOT分析での内部環境分析は実例を元に、冷静な目線で見る事が大事です。自社内部のことだからこそ、swot分析で冷静な目を持って分析して行きましょう。ぜひ皆さま、swot分析にトライしてみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム