2016年12月09日(金) 更新

職場に居づらいと感じた時に試すべき対処法

職場に居づらい時の対処法①:ありのままの自分を受け入れる

自分は職場に居づらいと感じていても、周囲は何も気にしていない場合も多いものです。人それぞれ性格や価値観は異なりますから、社内の人たちの雰囲気に合わせる必要はないのです。「ふざけた話ばかりしている事務員の中に、真面目に応対してくれる彼女がいるから助かっている」という上司からの評価を受けているケースも多々あります。与えられた仕事さえきちんとこなしていれば、職場に居づらいなど肩身の狭い思いをする必要はありません。嫌だなと思いながら飲み会に付き合うよりも、職場以外での付き合いは遠慮して、オンオフの切り替えをした方が良いのです。

無理をして他人に合わせる必要はない

また、職場に居づらいと感じるのは、自分だけではないはずです。職場という狭い組織社会にいると、視野も狭くなりがちです。周囲と比べて居づらいと感じるのではなく、自分が現状の仕事やプライベートにおいて満足しているかどうかが大切といえます。また、多数派に同調せず、自分をしっかりと持っている人に好感を抱く人は、男女問わず多いものです。周囲に合わせようと無理をせず、自分らしく仕事に打ち込む姿は、職場の人から見ても魅力的に映ります。

職場に居づらい時の対処法③:自分を責めない

仕事内容にも待遇面にもこれといった不満はなく、ただ人間関係において職場に居づらいと感じて悩んでいる人もいるでしょう。日本社会は横のつながりを重視する傾向があるため、生きづらい社会であると批判される場合も多々あります。訪日外国人の急増により、この数年でグローバル化の波が、急ピッチに日本にも押し寄せています。人口減少に伴い、外国人労働者を増やすことも政府によって試みられているため、今後は日本の会社組織においても多様性が尊重されるようになるといわれています。職場の多数派の人たちに合わせられないために自分を責める必要は全くなく、申し訳ないなどと思うことはないのです。

居づらいと感じたら上手く立ち回る術を身に付けると便利

上司や同僚からの誘いは、少し無理をしても受けることで時に職場に居づらいと感じている時にプラスの気付きや発見となるケースがあります。職場の人との関係が良好であれば、居づらいと感じなくなり、仕事においてもメリットをもたらします。付き合いが苦手で、話も上手くできなかったとしても、笑顔で挨拶を率先することで相手は悪い気分にはなりません。帰省した際には地元の名産をお土産で社内の人に配るなど、古典的ですがそうした配慮はうれしいものです。長く同じ職場で働くためには、無理をする必要はありませんが、ある程度の配慮や気遣いがあると上手くいきやすいのです。

職場に居づらい時の対処法②:外資系企業への転職

欧米諸国においては、仕事後は定時きっかりに上がって自宅に帰るのは当然とされています。ビジネスを割り切って考えているため、仕事の評価は厳しい分、周囲に遠慮して人間関係に悩む人は、日本のように多くありません。日本の会社文化になじめず、職場に居づらい気持ちが払拭できないようであれば、実力主義の外資系企業に転職するという方法もあります。ただ、日本のように無期雇用の正社員職は少なく、半年ごとなどの更新による働き方をする人が多いです。安定性という面では、多くのケースで日本企業の正社員職には及ばないでしょう。

あえて契約社員や派遣で仕事をする人もいる

人付き合いが苦手で、職場に居づらいと感じる人の中には、あえて契約社員や派遣など有期雇用の働き方を選択する人もいます。派遣には、職場に都合よく使われていつでも切られてしまうかもしれない、というネガティブなイメージを持つ人も多いですが、契約社員同様に一定期間の雇用はしっかりと保証され、突然首を切られる心配は不要です。派遣は、今は制度的にも転換期にあり複雑な側面もありますが、自由な働き方ができるため、あえて選択する人も多いのです。

職場に居づらい時は自分を責めずありのままでいる必要があり改善されない場合は外資系企業への転職を視野に入れる

職場に居づらいと感じた時に試すべき対処法について見てきました。家族や長年の友人以外の職場の人と話をしたり、食事をしたりするのが苦手という人は、案外多いものです。やけにフレンドリーで、転職するやいなや職場の人に溶け込んでしまう人もいますが、それは稀なケースです。仕事のペースが遅くて、ミスが多くて迷惑をかけるから職場に居づらいということであれば、改善する努力は必要です。ただ、不慣れな仕事には誰しも最初はそのような面がありますから、落ち込んで自分を責める必要はありません。ビジネスにおいては人間関係以上に、仕事に誠実に向き合う姿勢が何より大切です。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム