2019年04月17日(水) 更新

地元に帰りたい!Uターン転職を成功させる裏ワザ3つ

地元に帰りたいと思うワケ

①:孤独で寂しい

地方から都会へ上京したばかりの頃は知り合いも少なく、孤独な毎日を過ごしがち。地元にいた頃は仲の良い友達ばかりと遊んでいたけど、都会では独りぼっちな日々。そんな孤独で寂しい時間を過ごしていると、「地元だったらすぐ友達に会いに行けるのに…」なんて、地元に帰りたい気持ちが芽生えることもあるようです。

②:両親に会いたい

都会で働いていると、忙しい毎日を過ごすあまり、なかなか実家に帰省することができません。お盆休みや年末年始くらいしか帰れない人がほとんどではないでしょうか。 そうなると両親に会えるのは年に1~2回。すぐに会いに行ける距離ならまだしも、飛行機での往復になるとなかなか難しい現実があります。すると地元に帰って、両親に会いに行ける距離に住んだ方が良いと思うケースもあります。

③:住み慣れた土地で暮らしたい

実際に、地元に帰りたいと考える人に話を聞いてみました。

Q:なぜ地元に帰りたいと考えるのでしょうか? A:高校卒業するまでの18年間住んでたし、住み慣れた土地で暮らせるっていう気持ちが強いですね。

慣れない土地での仕事はストレスを感じやすく「いっそのこと地元に帰りたい」と思うのかもしれません。都会で働いていたとしても、やっぱり落ち着くのは地元のようです。

地元へ帰るメリット

①:親孝行できる

親と離れて都会で暮らしているとなかなか親孝行できず、会える日数も限られてしまいます。しかしその反面、地元に住んでいると近くで親孝行でき、もし親に何かあったとしてもすぐに駆けつけることができます。

②:スローライフ

田舎の人は都会に住んでいる人と比べると、比較的ゆったりと生活しており、時間に追われることなくスローライフを営んでいます。そして地元に帰るとなると住み慣れた土地なので、ペースが合うのではないでしょうか。 忙しなく生活するのではなく、ゆったりと過ごしたい人にとっては住み慣れた地元が合っていると感じるのかもしれません。

③:満員電車に乗らなくていい

都会と地方の大きな交通手段の違いにとして電車が挙げられます。地元に帰ると、ほとんどは車移動なので毎朝乗車率120%の満員電車に乗る必要がなくなります。そのため、地元に帰ると通勤ラッシュで感じるストレスから解放されるのではないでしょうか。

でも、地元に帰りたいは甘え?

地元に帰りたいと思っても「せっかく都会に出てきたのに」「大学も出たのに」なんて考えてしまいますよね。地元に帰りたいという気持ちは、もしかして甘えなのかも…? 次に、Uターン転職で直面する現実を見ていきましょう。

転職は難航する可能性大

地方でのUターン転職は難航する可能性があります。都会のように企業がたくさんあるわけではなく、求人数が限られるからです。地域によっては極端に求人が少ないところもあります。そのため地元に帰りたいと思っても「仕事がみつからない」なんてことケースも少なくありません。

良い条件の求人が見つかりにくい

上述したように地方では求人数が限られます。求人数が少ないと、その分良い条件の求人に当たりにくくなるからです。 しかし、最近では政府が地方創生に力を入れているので、少しずつ求人数も増えてきました。今後求人数も増えていくと考えられますが、都会のように良い条件で働けるかは定かではありません。

収入は確実に減る

2015年dodaの都道府県別の平均年収ランキングによると、地方は都会と比べると年収が低い傾向にあります。地元に帰りたいと思い、転職活動を行っても年収が大幅にダウンする可能性があるのです。 いくら都会で高収入を得ていたとしても、地方の転職先では「このくらいしか出せない」と言われることもしばしば。収入減は覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

転職を成功させ裏ワザ3つ

都会に比べて、地方での転職は少しシビアになる可能性があります。「でもいくら転職が厳しくなると言われても、地元に帰りたい気持ちは変わらない!」そんな方は、地元に帰る前に次で紹介する裏ワザを参考にしてみてください。

①:スキルを身に付けておく

地元で就職するとなると、想像以上に難航するケースも少なくありません。スムーズに転職を成功させるためにも、あらかじめスキルを身に付けておきましょう。 希望する職種のスキルを身に付けていると「都会帰りの優秀な人材」と評価され、希望する会社が、あなたの能力を高く買ってくれるかもしれません。都会にいるうちに必要な資格や経験を積んでおくといいでしょう。

②:働きながら探す

「仕事を辞めて地元に帰ってから転職先を探そう」なんて安易な考えでは、転職は成功しません。前述したように地方では求人が少なく、希望する仕事が絶対に見つかるとは限らないからです。念のため、現在の仕事をつづけながら転職先を探してみてはいかがでしょうか?そのほうが石橋を叩いて渡れるのでリスク回避に繋がります。

## ③:地元の説明会に参加

「何度も地元に戻って転職活動をするのは、時間的にも経済的にも負担が大きい…」せっかく地元での転職を希望するのなら、一度に多くの企業と接触できる同会社説明会に参加してみてはいかがでしょう。 いくらリスク回避と言っても、働きながら仕事を探すのはとても大変です。その問題点も、一度に多くの企業と触れ合える合同会社説明会なら解決できます。わざわざ地元に帰って活動する必要がないので、効率よく転職活動を進められます。

特に重要なのは転職理由

地元へ帰りたいだけでは弱い

「地元に帰りたいから転職を希望する!」と言うのは、正直な転職理由かもしれません。しかし、地元に帰りたいからといった理由だけでは弱すぎるのです。地元に帰りたい熱意はとても大事ですが、転職理由として使ってしまうと「地元ならうちの会社じゃなくていいよね?」となりかねません。

地方活性化への貢献

地元ではその土地で育った人たちが、地方に残ったまま働いています。Uターン転職を成功させるとなると、その人たちとの差別化を図る必要がります。 そんな時は、都会で経験したことを地元の活性化へ繋げたいという気持ちをアピールしていきましょう。そして今まで経験したことや蓄えた知識を活用して、明確に貢献できる内容を転職理由や志望動機にしてみてください。

親の介護はNGワード

地元に帰りたい人がUターン転職する理由として使いがちなのが「親の介護のため」というワードです。一見、親孝行している素晴らしい子どものように思いがちですが、実はNGだと知っていましたか?。 不可抗力とも思われますが、相手の会社にとっては「親の介護というのは本当?」「仕事より介護を優先するのでは?」「また親の介護で退職しないか」という疑問を持ちます。 もし、親の介護を転職理由にするのであれば「介護が就職した後の仕事に支障をきたさない」「仕事に対するやる気がある」など、相手を不安にさせないような後付けを心掛けてください。

専門家に添削してもらうと◎

地元に帰りたいけど、どんな転職理由が適切なのか分からない人も多くいます。そんなときは、転職のプロに職務経歴書や履歴書を添削してもらいましょう。転職エージェントに相談すると、客観的な意見を取り入れることができるので、先方に好印象を与える転職理由に仕上がります。

地元に帰りたいならスキルを身に付けることが先決

『転職会議のレポート』よると、地方出身者の内の約70%が地元での転職を希望しているそうです。数字に表れたように、地元に帰りたいと考える人は少なくないのかもしれませんね。もしも地元でのUターン転職を行うのであれば、準備を念入りに行い、頼れる手段を駆使して転職を成功へと繋げましょう。

合わせて読みたい!

関連コラム