きつい仕事はどれ?タイプで分かる避けるべき職業

更新 / 12298 view

きつい仕事はできるだけ避けたい」こういった希望を持つ人が、就活や転職活動の時にたくさんいる ようですが、人によってきつい仕事というのは違ってきますよね。
多少大変でもお金をたくさん稼ぎたい。お金が少なくてもいいから自分の時間を大切にしたい。このように仕事に対する気持ちはさまざまだと思います。自分が当てはまるタイプは、どの職業がきつい仕事になってしまうのかを知り、今後に役立ててみてください。

人のタイプによってきつい仕事は違う

自分が「この仕事きついなぁ」と思っていても、周りの同僚は特に大変そうにしていないことってありませんか?そういう同僚に、仕事について相談しても的外れなアドバイスばっかりで疲れてしまうんですよね。

すれ違いの原因は、仕事に対する価値観の違いからきています。きつい仕事を避けたいときは、自分の価値観を把握してからがおすすめです。
今回は仕事に対する価値観を大きく3つに分けてみました。それぞれ見ていきましょう。

成長重視タイプ

最初に紹介するのは、仕事に対して、「自分をどれだけ成長させてくれるのか」ということを求めるタイプです。このタイプの人は、起業や社会貢献など大きな夢を持っている人が多く、視線は常に先を見ています。

こういった人におすすめの仕事は、IT関係かベンチャー系の企業でしょう。個人の力が大きく認められて、キャリアアップの自由度がある仕事がマッチしています。

安定重視タイプ

仕事に安定を求めるタイプの人は、自分の生活もしっかりと考えている人が多いでしょう。会社の将来性やワークライフバランスを重視した働き方は、しっかりと家族のことや将来のことを考えている証拠といえます。

安定重視タイプの人におすすめな職業は、公務員やインフラ系でしょう。公務員の安定性は抜群で、よほどのことがない限り解雇はされません。インフラ系ならば歴史ある企業が多く、雇用も安定傾向にあります。

お金重視タイプ

最後に紹介するのは「仕事はお金を稼ぐためのもの」と割り切っているタイプです。このタイプの人は、仕事に対して過度な期待を抱いていないため、職場で起きる辛い事も受け流すスキルをつけている人が多いです。そして、そのストレスがお金に合わないと感じたらあっさりと転職を選びます。現代にとっては、理想的な生き方と言えるかもしれません。

こういったタイプの人は、金融系か外資系に勤めると成功する可能性が高いです。どちらも収入が高い傾向にあり、結果をそのまま収入に反映させる評価制度を採用しているところが多いです。

【成長重視タイプ】にとってきつい仕事

さて、成長重視タイプの人は成長の自由度がある企業がおすすめと先述しましたが、逆にどんな職業が、きつい仕事となってしまうのかを見ていきましょう。

工場

工場の仕事は与えられた仕事をこなすだけなので、アイデアを出す苦労が少ない代わりに、成長重視タイプの人にはきつい仕事となってしまうでしょう。

工場での一日は厳密なタイムスケジュールで管理されており、一日にどれだけ生産するか決まっています。また仕事内容は同じ作業の繰り返しで、自分が成長しているという実感を得にくいものとなるでしょう。

介護福祉

介護福祉の仕事は需要が高く、一度資格をとってしまえば全国どこでも転職が可能と言われています。しかし仕事内容の割に給料が安いことも多く、キャリアアップの機会も少ないのが現状です。仕事のなかで成長していきたいという人にとっては、きつい仕事になってしまう可能性が高いかもしれませんね。

交通誘導警備

交通誘導警備とは民間の警備会社が行うもので、道路工事の現場などで交通渋滞や事故を防ぐ仕事です。よく旗を持って車を止めたり通過させたりしている人がいますよね?あのお仕事です。

交通誘導警備は危険を伴う仕事柄、給料が平均よりも高いことがありますが、自分の成長に必要な経験は積みにくい仕事となります。また外での立ち仕事となるため、肉体的にもきつい仕事となります。体力に自信がないときびしいでしょう。

【安定重視タイプ】にとってきつい仕事

安定重視タイプの人が激務の職業に就いてしまうと、私生活を削らなくては行けない場面に遭遇して、かなりきついと感じてしまうかもしれません。また、現代では転職でキャリアアップを重ねていくという価値観が主流のため、終身雇用を掲げる会社が少なくなっている傾向です。そのため、安定重視の方は慎重に選ばないと自分と価値観が全く違う会社に入ってしまう危険性もあります。

きつい仕事につかないように、しっかりと業界の特徴をチェックしておきましょう。

クリエイター

ゲーム・アニメ・服・雑貨など、クリエイターの種類はさまざまです。自分の手でモノを作るため、仕事のやりがいという面で見れば全ての職業のなかでトップクラスでしょう。

しかし、収入面で言えば安定しないことも多く、何より業界で自分の地位を獲得しない限り雇用の安定もありません。とくにゲームやアニメのクリエイターは、ハードなスケジュールで仕事をこなしていて、家に帰れない日も珍しくないとか。仕事に安定を望む人にとって、マッチする確率はかなり低いでしょう。

コールセンター

コールセンターの仕事は、電話で自社商品に関するアフターサポートを行ったり、テレアポで個人や法人に向けて売り込みを行ったりするものとなります。

コールセンターの多くは、歩合制の給料制度をとっており、基本給は安く設定する代わりに、取ってきた案件の数によってインセンティブ収入が増えるというシステムになっています。そのため、職場は実力社会という面が強く、仕事に対してあまり力を割きたくないと考える安定重視タイプの人には向かないと言えるかもしれません。

個人宅への飛び込み営業

営業職のなかには、事前にアポイントをとって法人相手に商品紹介をする場合もあれば、個人宅に訪問して契約をとるというものもあります。安定重視タイプの人にとってきつい仕事となってしまうのは、個人宅に向けた飛び込みの営業職です。

飛び込み営業は契約が取れる確率よりも、断られる確率のほうが圧倒的に高く、訪問先では辛辣な言葉をかけられる可能性もあります。精神的にすり減る機会も多いので、安定した職場環境とは言えないことが多いようです。

【お金重視タイプ】にとってきつい仕事

お金重視タイプの人が一番気にするのは、仕事量と賃金のバランスが取れているのかということだと思います。きつい仕事ならそれだけ良い賃金で、楽な仕事ならそれなりの賃金で、というような働き方が理想でしょう。

しかし、そのような良い環境で仕事ができるとは限りませんよね。以下では、社会貢献性はあるものの、仕事量と賃金のバランスが取れていないものを紹介します。

農家

農家は日本の食を支える重要な職業ですが、仕事量と賃金が釣り合っているとはいえません。収穫できる作物には限界がありますし、事業規模を大きくするのは至難の技です。お金を重視して仕事を選ぶ際には、避けたほうが無難かもしれません。

また、農家の仕事は肉体労働が主なため、体力に自信がないときびしい仕事といえるでしょう。

産廃処理

産廃処理の仕事は、取引先の企業から出た廃棄物や不要品を回収してきて、資源物等の分別・処理をする仕事になります。ゴミは人が生活している以上出てしまうものなので、仕事が無くなる可能性は低く、雇用としては安定していますが、ハードな仕事量に見合った賃金がもらえるとは限らないようです。

また、ゴミを扱う仕事なので、人によっては生理的に厳しい仕事となってしまうでしょう。

清掃員

清掃員の仕事はビル等の施設から個人宅まで、掃除と呼ばれるものは何でもこなすプロフェッショナル集団です。職員の多くは清掃会社に所属しているので、雇用はかなり安定しています。

しかし基本給は安く、頑張った分だけ収入が増えるインセンティブ制度なども導入されていないので、お金をもっとも重視した働き方としては、向いていないといえるでしょう。

仕事がきついと感じた時の対策法

自分に合わないな、と思いながら仕事をしていても良い成果は出ませんし、心にストレスを溜めこんでしまうだけです。考え方の違いから、仕事がきついと感じてしまった場合は、我慢をせずに対策を練るようにしましょう。

考え方や生活を変えてみる

きつい仕事に就いている時に試すべき最もシンプルな対策は、考え方や生活を変えてみることです。先述したとおり、仕事がきついと思ってしまう原因は、自分の考え方にあります。つまり、考え方を仕事の方に合わせれば、きついと思うことは少なくなるでしょう。

具体的には、安定重視だけど、成果主義の会社に入ってしまった場合は、「自分の将来のためにもっとお金を貯めよう」と考えを改めたり、成長重視な人が社会貢献性の高い仕事に就いてしまった場合は「誰もやりたがらないから自分がやろう」と思ったりするのがおすすめです。

将来のことを考えて耐える

今の仕事が合わないからといって、部署異動を上司に願い出たりするのはおすすめできません。異動願いが聞き入れられる可能性は限りなく低いでしょうし、そればかりか印象を下げるだけになってしまう危険性もあります。

仕事で必要なのは我慢。給料というのは、我慢料。ここまで割り切って考えられれば、きつい仕事であってもなんとか耐えられるはずです。

思い切って環境を変える

我慢している内容と、給料がかけはなれていたら……。その時は思い切って環境を変えてしまうのがおすすめです。転職をすれば、もっと自分の志向にあった職場を探すことができます。

もし転職で「今度こそ失敗したくない」という思いが強いなら、転職エージェントがおすすめです。転職エージェントであれば、実際に企業へ調査に行って作成した資料を元に、求職者の天職を一緒に探してくれます。

将来に何を求めているのかを確認してきつい仕事を避けよう

きつい仕事と一言でいってしまっても、人によってそれぞれ違ってくると紹介してきました。

できるなら、就職時や転職時には仕事に対する考え方を重視しながら探したいものですが、なかなかそうはいかないですよね。そんなときは考え方を変えたり自分の大切なものを再確認したりすることで対策をしていくのがおすすめです。また、どうしても今の環境に耐えられなくなったら、転職をして自分の環境を一新してみましょう。

【いますぐできる】自己PRジェネレーター

%e8%87%aa%e5%b7%b1pr %e8%a8%b4%e6%b1%82%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9e%a0 header

あなたの自己PRは自己満足になってませんか?

一生懸命考えたのに、自己PRが面接官に響いてない。それは内容よりも、伝え方の問題かも。
穴埋め形式で文章力や論理力を完全カバー!

効率的に自己PRを済ませたいなら!

詳細はコチラ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。