2017年01月16日(月) 更新

学生ローンやキャッシングでお金を借りる為に重要なこと

学生生活は何かとお金がかかる

学生生活って、意外とお金がかかるものですよね。友達と遊びたい、彼氏や彼女とデートしたい、服やアクセサリーも欲しい、就活の費用もかかる、家賃や生活費で金欠・・・。 そんな日常生活を送っていると「ヤバイ、お金がない」という状況になっても、何ら不思議ではありません。友達から借りるという方法もありますが、頼れる人も限られるでしょうし、何よりお金の貸し借りは交友関係を悪化させる原因にもなります。 そんな時に便利で簡単なのがキャッシングです。カードローンの契約をしていると、いつでも自由に現金が引き出せて、一時的なピンチを脱出するには最適です。決してハードルが高いワケでもなく、多くの学生が利用しています。もしもお金に困っているならば、参考にしてみてください。 >>>【無利息期間あり】学生が簡単にお金を借りられるカードローン

学生がお金を借りるのは難しくない!

学生がカードローンを利用するのは難関だと考えている人も多いかもしれません。しかし、キャッシングはあなたが想像しているよりもずっと簡単です。借りたお金を返さないのは悪いことですが、お金を借りること事態はまったく悪くありません。 事実として、世の中にお金を借りている人の数は、およそ1,100万人(クレジットカード会社・消費者金融等の利用者数)に達します。これは成人している人口のおよそ9分の1に相当し、当然ながら多くの学生も含まれます。 【参考】日本信用情報機構(JICC)公式ページ

安定した収入があればお金は借りられる

「そもそも学生でもお金は借りられるの?」という意見も多く聞かれますが、その点はまったく問題ありません。多くの金融機関は、お金を貸しても問題ない人の条件を定めています。
一般的なキャッシングの条件
◇安定した収入があること
◇年齢の条件を満たしていること
(一般的には20歳~69歳が多い)

場合によってはそれ以外の条件が加わる場合もありますが、基本的にはこれだけです。つまり、20歳以上で何らかの仕事をしていれば、誰でもお金を借りることは可能なのです!もしも今の時点でアルバイトをしていなかったとしても、お金を借りる段階でどこかしらの職場に在籍していれば問題ありません。

学生がお金を借りる際の「5つの不安」

お金を借りること事態は難しくありませんが、実際に借りる時には不安になるものですよね。初めてであれば、不安に思うことがあって当然だと思います。どのような部分に不安をおぼえるのかを確認しながら、1つ1つ解決していきましょう。

親や友達にバレたりしない?

周囲に知られる可能性は限りなく低いと考えていいでしょう。金融機関も内緒で利用したい事情は充分に解っていますので、その点は配慮をきちんとしてくれます。コッソリ利用したい気持ちは、みんな一緒です。

職場や学校に連絡が行くの?

学校には基本的に連絡はいきませんが、職場には1度だけ連絡がいきます。これはどんな金融機関でお金を借りる場合も一緒で、申込者が本当にその職場に在籍しているかの確認が必要なのです。これを一般的には、審査の中の「在籍確認」と呼びます。 しかし、電話連絡は「個人名」でかかってきて、時間も1分足らずで終了します。本人が職場にいる必要もありません。職場の人に知られる可能性も低いと考えていいでしょう。

利息はどれぐらいかかるの?

金融機関によって利息は異なります。消費者金融大手のプロミスは「年4.5%~17.8%」、アイフルは「年4.5%~18.0%」です。最初に契約をする時は、基本的に高い利率からスタートします。仮にアイフルの金利18.0%で計算すると、10,000円を30日間借りた時に発生する利息は「147円」です。

もし返せなかったらどうなるの?

借りたお金を期日までに返済できなかった場合は、金融機関から電話連絡が来ます。そして、いつまでに返済可能かを聞かれます。その時には、現在のお金の状況をきちんと話しましょう。テレビやマンガの世界で見るような威圧的な取り立ては、現実の世界ではおこなわれません。もちろん、自宅や職場にいきなり連絡はいかず、最初の連絡は携帯にきます。 返済に遅れてしまうと遅延損害金が発生してしまいますので、借りたお金はきちんと期日までに返しましょう。

で、結局どこで借りればいいの?

両親や友達にしかお金を借りたことがない人は、結局どこでお金を借りたらいいのか解らなくて当然です。銀行、クレジットカード会社、消費者金融、学生ローンなど、お金を貸してくれる先はたくさんあります。しかし、お金を必要としている学生のあなたが選ぶべきは「消費者金融」です。

みんな「大手の金融機関」で借りている

就活やコンパなどで金欠になってしまった場合、すぐに貸してくれる消費者金融を選びましょう。それも、街中にある誰も知らない消費者金融ではなく、テレビCMでなどで知名度のある「大手の消費者金融」でなければダメです。例えば「プロミス」「アイフル」という名前は、頻繁に聞いていることでしょう。たくさん宣伝をしているという事は、たくさんの利用者がいて儲かっているという事です。

20歳以上なら学生ローンより大手の金融機関の方が断然お得

学生がお金を借りる場合は「学生ローン」というイメージが強いかもしれませんが、20歳を超えているのであれば圧倒的に大手の消費者金融の方がおすすめです。 大手の消費者金融は、借り入れも返済も全国の銀行やコンビニのATMで24時間365日対応可能です。また、WEB上や電話でのアフターフォローも万全です。最近ではスマホ用のアプリもリリースする金融機関も増えて、ますます便利になっています。 後半で触れますが、大手の消費者金融には「無利息期間」と呼ばれるものがあります。これを利用すると、30日間は利息なしでキャッシングを利用することができます。そうしたキャンペーンを打ち出しているのも、大手の強みです。

お金を借りることで得られるメリット

「お金はできれば借りない方がいい」という意見もありますが、実際にお金を借りることで得られるメリットもたくさんあります。冒頭でも触れましたが、借りたお金を返さないのはNGですが、お金を借りるのは悪いことでも何でもありません。では、カードローンを使うメリットを見てみましょう。

お金の知識は近い将来「絶対に必要になる」

これから就活をして社会に出るにあたり、お金の知識は絶対に必要になります。多くの人はクレジットカードを持つでしょうし、車や住宅のローンを組むことでしょう。定期預金、保険、投資など、お金の話は誰も教えてくれません。 逆に、社会人になってからお金の知識がないと、思わぬところで恥をかいてしまうかもしれません。カードローンから学べることは、意外と多いのです。

深夜週末を問わず、緊急的にお金が必要な時に心強い

学生の時だけでなく社会人になってからも、緊急的にお金が必要になる場面はたくさんあります。急なお誘いだけでなく、冠婚葬祭の費用や、突発的な事故や病気などの可能性もあります。そうなった時に手持ちのお金がないと、ピンチを凌ぐことができないかもしれません。

消費者金融のカードを持っているだけで、そうした時でも不安を感じなくて済みます。土日でも深夜でも、困った時に強い味方になってくれるのです。

充実した学生生活を送れる

社会人生活はこれから何十年と続きますが、学生時代はそうはいきません。社会人の多くは「学生時代に戻りたい」と口を揃えて言います。人生の中で限られた時間を充実させるには、お金はどうしても必要です。二度と戻らない今を楽しむために、カードローンを有効活用するという手段も視野に入れてみましょう。

無利息でお金を貸してくれる金融機関はココ

学生におすすめしたいのは、無利息でお金を貸してくれる金融機関です。普通はお金を借りたら、利息を含めて返済するのが常識ですが、以下で紹介するプロミスとアイフルは、条件を満たせば30日間は無利息で借りられます。

業界ナンバーワンの呼び声も高い「プロミス」

プロミスの特徴
◆金利4.5%~17.8%(実質年率)
◆即日融資の可能性あり
◆無利息期間サービスあり(初めての利用かつ、メールアドレスを登録し、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択した場合)
◆WEB完結申し込みできる可能性あり
※対象金融機関は200行以上あります。

プロミスと聞いてその名前を知らない人は少ないでしょう。それだけ有名で、それだけ多くの利用者数がいるという事です。 ◆申し込んだその日にお金を貸してくれる(時間による) ◆利息なしでお金を貸してくれる(条件あり) ◆親や周囲にバレないようにお金を貸してくれる プロミスなら、きっとあなたの願いを叶えてくれます。まずはプロミス公式ページ「3秒診断」で、借り入れが可能かどうかを見てみましょう。

サービス充実の「アイフル」

アイフルの特徴
◆金利:4.5~18.0%(実質年利)
◆最大30日間の無利息期間あり
◆即日融資の可能性あり

学生におすすめしたい金融機関の2つ目はアイフルです。プロミスに比べると金利は0.2%だけ高くなっていますが、サービスの質や利用者の数は引けをとりません。 ◆女性に安心のサービス「Sulali」が好評 ◆使いやすさに定評あり ◆バランス重視派の学生におすすめ アイフルに申し込みをする際にも、まずはアイフル公式ページにある「1秒診断」で、融資可能かどうかを見てみましょう。早くて、シンプルで、誰にも知られない。アイフルが重視している部分に共感できたら、あなたはアイフルと相性が良いかもしれません。

ネットで簡単申込み

上記で紹介したプロミスもアイフルも、まずはネットで簡単申し込みをすることがスタートになります。店頭窓口や無人契約機に直接行って契約もできますが、多くの利用者はネットから申し込みをしています。その後に、無人契約機や郵送でカードを受け取り、ATMでお金を借りるという方法が主流です。カードさえ手に入れれば、全国にある銀行ATMやコンビニのATMでいつでも借り入れ・返済が可能です。

【体験談】簡単に借りられてビックリしました!

プロミス利用者の声
大学3年の時に初めてカードローンを利用したのですが、簡単にお金を借りることができてビックリでした。週に4回の居酒屋アルバイトでしたが、限度額30万円までOKでした。実際に借りたのは20万円ほどでしたが、使いやすさにも満足です。銀行と違ってATMの手数料もかからないし、土日でも深夜でも使えるので便利ですね。


【体験談】親にも彼氏にもバレずに安心でした

アイフル利用者の声
私は実家暮らしなので、カードローンの利用が親にバレないか心配でした。しかし、アイフルの人は親身に相談に乗ってくれて、電話とかでも気遣いが凄くて、おかげさまで誰にも知られずに利用できました。彼氏と一緒にいる時に手持ちのお金がなくても、コンビニのATMで使えるのでまったく解りません。お金の勉強にもなったので、今では良かったと思ってます!


カードローンの評価・体験談をもっと見る

その他、実際にカードローンを使った人の体験談や、金融機関別に見た評価などの特集ページは以下になります。学生でカードローンを利用するなら、参考になる意見も多いかと思います。お金の不安はストレスにも繋がりますので、正しく利用して充実の学生生活を過ごしましょう。 >>>プロミス利用者の評価・体験談 >>>アイフル利用者の評価・体験談

限られた学生生活を謳歌するために

今回は学生がローンやキャッシングでお金を借りるにあたっての重要ポイントを解説しました。大事な点をもう一度だけ確認しておきましょう。 ◆キャッシングは多くの人が利用していて非常に便利 ◆周囲にバレずに無利息でお金を借りられる ◆安心感・サービスで選ぶなら「プロミス」「アイフル」 長い人生の中で、学生生活は本当に短い期間です。その短い期間をどのように過ごすかは、あなた次第です。学生のうちしか経験できないことは、たくさんあるはずです。 スマホ&PCで今すぐチェック! >>>プロミス公式ページ >>>アイフル公式ページ

関連コラム