2017年07月12日(水) 更新

いつも自然体♪人当たりがいい人の特徴9つとトクをする点

人当たりがいいとは、普段から物腰が柔らかく誰からも好かれる人のことです。そう、あなたの職場にも必ず1人はいます。人当たりがいい人はみんなに囲まれて、仕事面でも得をします。今回は、そんな人当たりがいい人の特徴と、そうなるために必要な考え方も紹介します。

人当たりがいい人は好かれやすい

職場で誰からも好かれているあの人は、人当たりがいい人ではないでしょうか?「人当たりがいい」とは相手に与える柔らかい感じであり、常に好印象な人を指します。普段から感じが良くて穏やかな雰囲気を持ちつつも、どこか頼りがいのある人のことです。

「人当たりがいい」の類義語

・ 口当たりのいい ・ 口当たりがいい ・ 感じのよい ・ 感じが良い

集団の中心になれる

人当たりがいい人は話しかけやすいため、誰からでも好かれやすいです。仕事やプライベートの相談にも親身に載ってくれるため、信頼感もあります。抜群の安定感を持っているので、集団の中心的人物になれるのです。

生まれ持った才能かも

面倒なことでも常に笑顔を絶やさずに接してくれる。そんな人のよさは生まれ持った才能かもしれません。どんな相手にも優しく接するのは、並大抵のことではできません。表裏を感じさせない笑顔の中にこそ、人当たりのよさがあるのです。

人当たりがいい人の特徴【外見編】

人当たりがいいと、多くの人から好かれます。それは仕事やプライベートを超えて、人生観にも関わってくるほどです。自分もそんな人当たりのいい人になりたい…と思ったら、まずは特徴を理解することから始めましょう。近く人当たりのいい人がいたら、まずはそのしぐさや行動を観察してみるのがよいのです。

明るい笑顔でリラックスしている

人当たりがいい人は常に笑顔です。恐ろしいくらいの笑顔。それでいて、作り笑い感がまったくない自然体です。その理由は、常にリラックスしているからでしょう。落ち着いた精神状態のもとで、常に余裕を持った行動をしています。それが、常時笑顔モードという形で表れているのです。

年齢の割に若く見える

人当たりのいい人の見た目は、実年齢よりも少し若く見える場合が多いです。中には5歳以上年下に見られる人もいます。普段から穏やかな暮らしをしており、ストレスとは無縁のために若々しさを保っていられるのです。初見で年下に見られながらもなめられたりしないのは、それだけ人としての器がしっかりしている証でしょう。

威圧感が皆無

人を遠ざけてしまう人は常に威圧感を放っています。近寄るなオーラとも呼べるものは孤立を生んでしまうでしょう。それに対して人当たりのいい人からは全く威圧感を感じません。人だけでなく野生動物たちも自然と近づいてくるほどに、警戒を解く穏やかさを持っているのです。

人当たりがいい人の特徴【仕事編】

次は、人当たりのいい人が職場でどのようにしているかを観察しましょう。仕事においても人当たりのよさは大きな武器になります。

質問しても嫌な顔をしない

仕事中にどうしても分からない点があったとき、上司や先輩に聞きに行ってもいいか迷うことは多いでしょう。「今忙しいから話しかけるな!」と、怒られるかもしれないからです。そんなとき、人当たりのいい人が隣にいてくれたらどうでしょう?忙しい時でも質問に嫌な顔一つせずに答えてくれます。「自分が大変なときでも他者への配慮を怠らない」ことこそ、仕事をするうえで大切なことだと心得ているからです。

とにかく面倒見がいい

質問にも気さくに答えてくれるばかりでなく、悩んでいると向こうから声をかけてくれます。とにかく面倒見がいいのです。自分だけでなく周囲で起きた問題にも関心を持ち、すぐに対処してくれる柔軟さは、見習いたい部分といえるでしょう。

常に周囲に気を配っている

上記のように親切に対応してくれる理由は、常に周囲に気を配っているからに他なりません。自分よりも周囲の状況を優先して観察し、何かあったときは率先して対処してくれる。まさにリーダータイプのような考え方で行動しているのです。そのため、職場内でも部署を超えて信頼される人物になっています。

人当たりがいい人の特徴【人間関係編】

最後に、人当たりがいい人が人間関係をどのように作り上げているかもみていきましょう。基本的には自分本位ではなく、常に他者や集団の意志をくみ取って大切にしています。

自分よりも他人を優先する

人は自分中心な生き物です。それは自らの人生を生きているのだから仕方ない面もあります。しかし、ときには自分よりも他人を優先する人がいます。もちろん、人当たりのいい人のことです。 苦しんでいる人を見つけたらすかさずフォローするでしょう。困っている人を救いたいという考え方こそ人当たりのよさ、つまり優しさにつながっているのです。

少しふわふわしている

人当たりのいい人は集団の中にいても常に笑顔で穏やかな性格のため、少しふわふわして見えます。話し方もどこかふわふわしていて、人によっては風にかき消されてしまうほどに小さな声です。ぬいぐるみのような柔らかさと温かさが人を虜にしています。

それでいて頼れる兄貴や姉貴分

ふわふわしていても、芯が強いのがこのタイプ。緊急事態には即座に対応してくれます。それはまるで、頼りになる兄貴分!集団の中でも「アニキ!」や「お姉さま!」と呼ばれている人は少なくありません。イザというときに本気を発揮できる人こそ、人当たりよさに隠されたカッコよさでもあったのです。

自然と人に好かれるのでトクをする

人当たりのいい人の特徴は、主に上記の9つに集約されています。どれも人間的に面白くて尊敬できるものでした。そのため、人当たりのいい人はみんなから好かれます。そして、いろんな場面で得をするのです。

本当の仲間に囲まれている

人当たりのいい人は周囲に対して優しく接しているため、みんなからも好かれています。人は困っているときに助らえた恩を忘れにくい生き物。自然と周囲に人が集まってくるため、多くの仲間に囲まれています。

ピンチのときは周囲が助けてくれる

人当たりのいい人にもピンチは訪れます。仕事の納期が間に合わず焦ったり、失恋の痛みに悶えたりするなど、普通の人と変わらない苦しみを感じているのです。そんなときには、自然と周囲の仲間たちが手を差し伸べてくれます。今までに受けた優しさを感じてくれた人たちが、今度は優しさを返してくれたのです。人に愛されていると感じたときこそ、報われたと感じられる瞬間でしょう。人当たりのいい人の優しさは、巡り巡って自分に戻ってくるのです。

上下関係なく好かれるので出世しやすい

仕事でもお得な面が沢山あります。上下関係や部署を超越して好かれているので、出世しやすいというメリットがあるのです。常に頼りになり、それでいて仕事もできる人物なら出世コース間違いなしでしょう。しかし、中にはそれを望まない人もいます。自分のペースで生きていきたいと考える人が多いのも、人のよさに繋がっているのかもしれません。

人当たりをよくするには?

人当たりのいい人は様々な場面で得をする存在でした。では、自分もそうなりたいと思ったとき、どのようにすればよいのでしょうか?最後の項目として、人当たりがいい人になるための考え方を紹介します。

まずは自分中心の考えを捨てよう

人は誰もが自己中です。「自分さえよければ、得をできれば他人はどうだっていい」と考えるのも、仕方がありません。ですが、一度その考え方を捨ててみてください。自分が大変なときに人に構っていられるかという気持ちはわかります。それでも、自分以外の人を優先させてみてください。まずは家族や友人、恋人など身近な人で構いません。むしろ、大切な人でなければ実行に移すことは難しいでしょう。

心と財布にゆとりを持つ

人に優しくするというのは言葉では簡単ですが、実行するとなると相当な難しさです。なぜなら、自分の心に他人の分まで余裕を持たなくてはならないからです。それには強い精神力が必要とされます。ときには痛みを感じ、引き裂かれるような苦しみを超えていかなくてはなりません。 そして、心の余裕は経済的な豊かさとも直結しています。頑張って仕事で稼いで、財布にもゆとりを持たせましょう。人にご飯をおごるのにも、お金は必要となるからです。

常に笑顔を絶やさない

人当たりがいい人の笑顔は格別です。違和感がなく見ていてこっちまで嬉しくなってしまうほどに。それは、うすっぺらな作り笑いでマネできるレベルではありません。常に笑顔を絶やさない、これほど難しいことがあったでしょうか? 心と財布に余裕を持ち、自然と笑みがこぼせるようになってください。素敵な笑顔に必要な表情筋の鍛え方は、下記の動画を参考にしましょう。

人の心の痛みを理解しようとする

4つ目の要素は、人の痛みを理解するというもの。自分のつらさや寂しさなどの痛みは自覚できます。しかし、人の心の痛みとなるとそうはいきません。どれだけ綺麗ごとを並べても、他人の痛みを完全に理解することは不可能です。 だからこそ、「理解しようとする姿勢」を大切にしましょう。完全には再現できなくても、ある程度の痛みならわかります。より多くの痛みを疑似的に理解するためには、自分も沢山の痛みを経験する必要があるのかもしれません。非情な現実の前にも屈せずに這い上がってきた人だからこそ、仲間の痛みに共感できるようになるのです。

忙しくても手を止めて相談に乗れたら本物

納期直前で仕事が忙しく、自分だけで手一杯の状態。そんなときに後輩が質問をしてきたとします。そこで怒らずに手を止めて笑顔で相談に乗れるようになったら、本物の人当たりがいい人になれた証拠です。 仕事の進行具合と全体を見渡す視野の広さと、困っている仲間を助けたいという強い気持ちがあるからです。双方を天秤にかけて仲間を優先できるなら、もう何も問題はありません。ただし、もちろん、自分の仕事も完璧にまに合わせてからこそ、ではあるでしょう。

人当たりがいい人は何かと得!それはお互いに好かれ合う関係だから

人当たりがいい人はかなり得をしていることがわかりました。羨ましいですが、それなりの苦労を積んできたからこそです。自分だけでなく人に優しくできる、きには他人を優先できる考え方を身につけるのは容易ではありません。人当たりのいい人になりたいのなら、まずは人から好かれたいと思うよりも、人を好きになることから意識してみてください。そうすれば、自然と人から好かれるようになります。

合わせて読みたい!

関連コラム