2016年11月29日(火) 更新

社内恋愛のリスクとルール

社内恋愛における注意点とは

日本では今まさに晩婚化が進み、出会いの形というものは時代と共にどんどんと変わってきています。しかし、昔も今も出会いの場所として多いのは「職場恋愛」である事実だけは変わらないのです。しかし、職場恋愛をするには多くのリスクを伴い、きちんとルールを把握して上で交際しなければ、後で自分が後悔する事になります。

社内恋愛は会社によってはNGとされている

そもそも職場恋愛がルール上OKかどうかは、会社によって変わってきます。会社には就業規則と呼ばれるものがありますが、そこで職場恋愛がOKかどうか定められている場合があります。もしもルール上NGであった場合は、もちろん社内恋愛は禁止です。それでも職場恋愛をするならば、相応のリスクが伴う事を覚えておきましょう。
上司や同僚にバレる事のリスク、仕事に支障が出る事のリスク、別れた際のリスクなど、職場恋愛は楽しい事ばかりではありません。それをまずは覚えておきましょう。

社内恋愛はカップルでルールを決めるべき

多くの場合、職場恋愛をする際には男女でルールを設ける場合がほとんどでしょう。職場内ではできるだけ接触しないというルール、デートをする際のルール、口外するしないのルールなど、きちんと二人で決めておく事が重要です。でないと社内恋愛は長続きしません。職場恋愛をしている人も、これから職場恋愛をしたいと考えている人も、ルールを決める事とリスクが伴う事は頭に入れておくべき点なのです。

職場はあくまでも仕事をする場

社内恋愛を経験している人は、現実としてかなり多く居るものです。これまでに職場恋愛を経験している人は、全体の半数近くいるようです。そういう人達は、きちんとリスクを把握して、自分達なりのルールを設けている場合がほとんどです。職場はあくまでも仕事をする場です。社内ルールを守り、自分達が職場恋愛をする上でのルールも決めて、仕事と恋愛の両立を目指しましょう。

職場恋愛をする際に伴うリスクとは

職場恋愛によって仕事の気が散る現実は容易に想像できます。仕事上の責任ではなくあなたの恋人を見つめることが中心になる可能性があり、これは何かしらの雰囲気で周りの人たちに伝わるものです。あなたも職場で、この人たちは出来ているのではないか、と感じた経験はあるでしょう。職場恋愛をする上では、多くのリスクを伴うという事をまず覚えておきましょう。

また、職場恋愛は上司と部下の関係を複雑にする可能性があり、それが仕事に大幅に影響を与えます。特に上司が部下を叱りにくくなったり、あるいは部下が叱られることを受け入れなくなるということが考えられます。これは恋愛関係が上司・部下の間である場合だけでなく、同僚間において、付き合っていることを周りの人が知っている場合にも当てはまります。これも大きなリスクの一つです。

プライベートの喧嘩が仕事に影響することも

また、周りの人があなたが職場恋愛をしている事実を知らない場合、あなたの恋愛相手の噂話を耳にすることは良く起こります。よい噂を聞くことは気分の良いことだと思いますが、噂はあまりよくない内容のものが多いです。恋愛相手をかばうような態度をとるのも難しく、恋愛相手にその内容を伝えるべきか否かという葛藤も経験するでしょう。

さらに、プライベートでの喧嘩、意見の相違の関係がそのまま仕事の関係に影響するケースもあるでしょう。喧嘩をした翌日にいつも通り職場で対応することは思っている以上にストレスになるものです。ストレスは大きなリスクです。くれぐれも気をつけましょう。

職場恋愛は別れた後にも後遺症が出る

逆に、あなたの仕事上の関係を損なう事を恐れるあまり、あなたがひょっとすると終わらせたい職場恋愛であっても、それを終わらせることができない、という状況に陥るケースも十分考えられます。仮に、関係を終わらせる場合、両方が可能な限り最善の方法で物事を処理しても、元カレ、元カノを毎日見ることになるのは非常に厳しいです。そうしたリスクがあることも覚えておいてください。

社内恋愛をする上でのルールとは

社内恋愛をする上でのルールに関してご紹介します。。まず、恋愛感情を自分で否定することはできません。もし社内恋愛となった場合には、気をつけるべき一定のルールがあるでしょう。同僚、部下や上司との間で恋愛関係となった場合、以下のルールを守り、あなたのキャリアへの影響を最小限に抑えましょう。

社内恋愛は基本的には秘密厳守がルール

まず第一に、関係を秘密にすることが重要です。そしてお互いに正直である必要があります。正直であるのはどんな人間関係でも当然のことながら重要ですが、正直にしていない形で不幸な結果となってしまった場合、別れた後も毎日顔を合わす相手と同じ職場にいることはこの上ない苦痛となってしまいます。

仕事に支障を出さないのは最低限のルール

また、感情が仕事の邪魔にならないようにコントロールしてください。職場恋愛の相手が一緒に行動する必要がある場合は、あなたは常に専門的に振る舞い、同じ会議に出席する場合は、あなたは自身の意見を持つ必要があります。これはあなたが職場恋愛となる前の状況を思い出すと良いでしょう。これはかなりの労力となるかもしれませんが、感情が仕事に影響を与えている場合は、自分で新しい仕事(もしくはパートナー)を探す努力が必要かもしれません。

就業規則もきちんと確認した上で社内恋愛をする

さらに、法律で許される範囲にある事を意識しましょう。セクシュアルハラスメントは言うまでも無く関係者全員にとって不快です。どういったことがセクハラになるのかを認識する必要があります。念のため就業規則も確認しておく必要があります。

仕事に影響するリスクを理解して社内恋愛をする上でのルールを2人で決めよう

職場はあくまでも仕事をする為の場所です。社内の人と恋愛関係になる事は少なくありません。しかし、仕事は仕事、恋愛は恋愛といった部分は徹底しなければなりません。それを見失ってしまうと、仕事の面でもマイナスにはたらいてしまいます。そして仕事で成果を出せないままにしていると、社会人としての魅力も下がっていってしまいます。

そうならない為にも、社内恋愛をする上でのリスクをしっかりと把握しておきましょう。ルールに関しては、社内のルールはもちろんの事、社内恋愛をする上での二人のルールをしっかり決めておく必要があります。社内で職場恋愛が認められているならば、職場恋愛は悪い事でも何でもありません。仕事と恋を両立できるように頑張りましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム