2017年03月31日(金) 更新

就活用のネクタイをプレゼントする際に気をつけたいポイント

就活生の彼氏や家族へのプレゼントとしてネクタイがおすすめ

63486d96c4edcaea
家族やお付き合いしている彼氏が就活中だと、激励の意味も込めて就活に使える品物をプレゼントする人も少なくありません。例えば、ハンカチやカバン、ボールペンなどが挙げられますが、特におすすめしたいのがネクタイです。ネクタイは色や柄によってその人の個性をより際立たせられます。また、就活が終わった後も長く使用できることから、プレゼントとしては最適のアイテムでしょう。

ネクタイのプレゼントは相手のイメージに合わせると良い

就活用のネクタイをプレゼントするのであれば、先程も少しお伝えしましたが、プレゼントする相手のアピールポイントを探す必要があります。直接本人から聞いても良いですし、または相手のイメージに合わせて選択してみても良いでしょう。プレゼントする相手にとっては、就活は人生の大きな分岐点です。よくリサーチして、慎重にプレゼントを選びましょう。

就活用のネクタイは色によって与える印象が異なる

Fashion
就活用のネクタイをプレゼントする際は、色によって面接官に与える印象が異なるという点に注意しなければなりません。就活では、自己分析を入念におこない、自分の強みはどこかを考える必要があります。自分の強みを意識しながらネクタイ選びをしていることも考えられるため、プレゼントする場合は、まずはその色を意識しておきましょう。それでは、ネクタイに使われやすい4つの系統の色から見る、それぞれの印象について紹介します。

「赤系」:押し出しが強く自信の強さを表す

まずは赤色です。赤色は暖色系の中でも最も主張の強い色とされ、「強い自信」や「積極的」「先頭を引っ張る」イメージを持たれやすいです。2016年に当選したアメリカのトランプ大統領も、その意味合いを意識して、赤色のネクタイを着用しながら選挙戦に臨んでいたのをご存知の方も多いのではないでしょうか。リーダーシップを発揮している方や、常に熱意を持って取り組む姿勢を持つ方にプレゼントするなら最適でしょう。ただし、原色のままはイメージが良くないため、えんじ色ワインレッドなど、スーツの色と調和するようなものがおすすめです。

「青系」:クールで知的な印象を受ける

続いては青色です。青色は赤色と正反対の色合いであり、「クール」「真面目」「知的」なイメージを持たれやすいとされています。銀行公務員など、お堅いイメージの強い職種を希望している方や、常に聡明な考えを持って行動する方にプレゼントするのに最適でしょう。また、薄めの青色だと「若さ」をアピールする要素になるとされているため、爽やかな雰囲気の人にプレゼントするのも有効です。

「黄系」:明るさや親しみやすさを表す

黄色は「明るい」「社交性がある」「ユニーク」なイメージを持たれやすい色とされています。そのため、接客業サービス業などの職種を希望している方、イメージにある通り、常に周りを明るくさせるような方へのプレゼントにおすすめです。ただし、こちらも赤色と同様に色調が濃い物の使用は避けましょう。

「グレー」:大人らしさや落ち着きを演出

グレーが持つ印象について見てみましょう。グレーは「 大人らしさ」や「落ち着き」「安心感」を与えるとされています。そのため、精神的な余裕を感じられる方や、調和を大切にする方におすすめです。ただし、これまで紹介した3色と比べると最も目立ちにくい色となりますし、他の就活生と比べて埋没することも考えられるため、グレーを選択する場合は柄を意識して選ぶと良いでしょう

就活用ネクタイの柄も大事なポイント

C64115e9161ade83
就活用のネクタイをプレゼントするなら、就活のマナーについても理解する必要があります。例えば、就活では派手な色・柄はNGとされています。確かに面接官の立場で考えると、派手な色は奇抜さや協調性がないような印象を受けるので、就活には向かないでしょう。プレゼントするなら、そういった点にも注意して選択してください。

①「無地」:シンプルでも色によって印象に残りやすい

まず初めに取り上げる柄が無地です。その名の通り、特に柄はありませんが、色合いによって大きくイメージが変化するのが特徴でしょう。シンプルだからこそどんな場面でも似合うのですが、プレゼントする方の服装やイメージをリサーチしたうえで選ばないと、悪目立ちするかもしれません。また、素材によっても見栄えが異なるので、同じ色のものでもいくつか比較しながら選ぶと良いでしょう。

②「ストライプ」:知的でスマートなイメージを魅せる

続いて紹介するのはストライプです。ストライプ柄はその向きによって名称が異なり、右上方向に線が入る「レジメンタル」が日本での主流です。若い世代に人気の柄であることから就活生にはぴったりといえるでしょう。青やグレーなどの落ち着いた色に、白系のストライプを入れると知的かつスマートなイメージを魅せることができます。

③「ドット」「小紋」:コーディネートしやすく季節感の演出にぴったり

3つ目に紹介するドットは、大きさによってイメージが大きく異なります。大きいものだと遊び心が強いため就活に不向きですが、小さなものであれば季節感の演出にぴったりです。一方、ドットと似た柄である小紋は、面接などのかしこまった場はもちろん、懇親会などの比較的フランクな場でもコーディネートしやすいでしょう。これらをプレゼント用にする際は落ち着いた色と併せたものを選ぶのがおすすめです。

④「チェック」:フレッシュさや親しみやすさを感じる

最後に紹介するのがチェック柄です。これまで紹介してきた3つの柄と比べると、どちらかといえばカジュアルなイメージを持たれがちといえます。しかし、逆にそのイメージを利用してフレッシュさのアピールにつなげることが可能です。また、水色や黄色などのさわやかな色合いと組み合わせることで\親しみやすさを強調できるので、人と接する仕事の就職を希望している方のプレゼントに最適でしょう。

就活用ネクタイをプレゼントする前に押さえたいポイント3つ

ここまで色の持つ特徴や柄について見てきました。しかし、プレゼント用として購入する前にさらにいくつか確認しておきたいポイントが3つあります。購入場所やサイズなどいくつかのポイントを紹介しますので、これらを踏まえたうえでプレゼントする方に喜ばれるようなネクタイを選びましょう。

ポイント①:相手が持つネクタイの種類を把握しよう

就活用にも使えるネクタイをプレゼントする際には、既に相手が所有しているネクタイの種類を把握しておきましょう。ネクタイはその人の好みが反映されやすいので、複数所有していてもデザインや色は似たものになりがちです。そのため、プレゼントする際は、相手の好みに合わせて同じ系統のネクタイを贈っても良いですし、相手が就活に悩んでいるのであれば、あえて他の柄や色を選択して、アピールポイントのアドバイスと共にプレゼントしても良いでしょう。

ポイント②:大剣の幅が細いとカジュアルすぎて軽い印象になる

ネクタイ選びのポイント2つ目は、大剣の幅の広さです。大剣とはネクタイ生地の幅が大きく広がっている部分を指し、ビジネス用の適切な幅のサイズは7.5~9㎝程度とされています。逆をいえば、それよりも細いと私服と併せるおしゃれ用になるので就活には不向きでしょう。 「デザインが良いから選んだものが実は就活・ビジネス用ではなかった」と、本末転倒なことにならないよう気をつけなければなりません。

ポイント③:スーツ量販店か専門店での購入がおすすめ

ネクタイを選ぶポイントとして最後に挙げられるのが、購入はスーツ量販店もしくは専門店がおすすめという点です。スーツ量販店や専門店で販売されているネクタイは、比較的高額ではあるものの、絹などの上質な素材で製造されており、安くで販売されているものよりもかなり長持ちします。就活だけでなく、仕事を始めた後も長く使ってほしいと考えている方は、ぜひそれらの店舗で販売されているものを手に取ってみてはいかがでしょうか。 ▼こちらもチェック▽ ネクタイの選び方と就活に適した幅について

就活生にプレゼントするネクタイは色や柄は派手すぎずスーツ量販店などでの購入がベスト

就活用のネクタイをプレゼントする場合は、贈る相手が就活でどのような自分をアピールしたいかを考える必要があります。また、派手な色や柄は、就活時には適さないので、この点も十分注意して、ネクタイをプレゼントする必要があるでしょう。

また、購入時に気をつけておきたいポイントとして、大剣の幅は7.5~9㎝と幅広なものを、品物はスーツ量販店や専門店で長持ちしやすい絹素材のものを選びましょう。

人気のコラム