2017年01月12日(木) 更新

疲れてしまった人へ“無関心”になって働き方を変える方法

「無関心」とは関心がない、興味を持たないという意味です。あまりプラスなイメージではありませんが、ときには無関心である方が良い場合もあります。今回は、仕事に気を使い過ぎて疲れてしまった人へ、一度無関心になってみる良さをお伝えします。

責任に押しつぶされてしまった人へ

社会で働いている人は常に慌ただしい毎日を送っています。社会人としての責任を背負いながらも、日々の業務をこなしているのではないでしょうか。しかし、重すぎる責任は人の心に歪みを生む原因になります。仕事や仲間への責任に疲れてしまってはいないでしょうか?

仕事への責任

受け持った仕事を行うことで人は生活を可能にしています。給料という対価のために頑張って働いているのです。しかし、責任ある立場を任されたりすると、プレッシャーと責任感に押しつぶされそうになる人も多いのではないでしょうか?会社の売上の多くを任されたりした場合など、それが顕著になります。

仲間への責任

同じ会社で働いている上司や同僚とは、必然的に接点が多くなります。勤続年数が増えるにしたがって、先輩や上司として仕事仲間への責任も重くなりがちです。自分の働き次第で仲間に与える影響が大きくなると、それだけ負担に感じてしまうようになるのです。

すべてを裏切られる

そして、頑張って働いたにも関わらず結果を出せずに、大きな失敗をしてしまうこともあるでしょう。組織をよくするために動いてみたのに、それがうまく行かなかったときは無力感と深い挫折を味わってしまうかもしれません。人によっては裏切られたと感じてしまうこともあります。

疲れたら一度無関心になってみよう

働くことに疲れてしまったときに、そのまま進み続けるのはおすすめできません。疲れた身体と心では正常な判断が期待できないからです。失敗に失敗を重ね、より深みにはまってしまう恐れもあります。 だからこそ、疲れたときは一旦歩みを止めてみてください。仕事や同僚から一度目を逸らしてみましょう。そう、無関心になってみるのです。

考え過ぎていた自分を変えよう

真面目な人ほど、世の中について真剣に考えてしまいがちです。自分の置かれた立場を意識すぎるあまり、つらい思いばかりしてしまいます。だからこそ、考えること止めてみる必要があるのです。考えすぎていた自分を見つめ直すきっかけとして、無関心になってみてください。

自分のために頑張る意識だけでいい

無関心になるためにも、周囲から自分の意識を隔絶させてみてください。世の中のためとか、会社のためとかいう考えは一度封印してしまいましょう。自分が生活するためにだけに生きている。その考えだけで十分です。

無関心になるには?5つの心構え

大人になって負わなくてはならない責任は、仕事や同僚、自分の家族など、年齢とともに範囲が広がっていきます。そのすべてに対して真っ向から責任を持とうとしていたのでは、身も心も持ちません。 ここからは、無関心になるための5つの心構えを紹介します。一度全てを忘れて無関心になってみてください。

視界から全てを外してみる

まずは、今までに背負い続けていた責任の全てを、目線の先から外してみてください。自分が生きていけるだけの最小限の視界さえ確保できれば大丈夫です。見えなくなった部分に関しては、しばらくは無関心でいましょう。

結果にこだわりすぎない

結果にコミットすることが求められる時代。仕事で思うように成果を出せなかったために疲れ切ってしまったなら、あえて無関心になってみましょう。結果にこだわりすぎない考え方も適度にリラックスするために必要だからです。ノルマが未達の状態でも可能な限りは関心を無くしてみてください。

仲間に干渉し過ぎない

職場のメンバーとはほぼ毎日顔を合わせるため、大切な存在です。しかし、必要以上に強い仲間意識を持ちすぎてしまうと苦悩することになります。社内の人員整理で仲間を失ってしまった際など、何もできなかった自分の無力感に打ちのめされるでしょう。 でも、そこで責任を感じる必要はありませんよ。人は自分ために生きています。まずは、自分の心を立ち直らせることから始めましょう。敢えて仲間とは距離を置いて無関心になってみてください。

社外に熱中できるものを作る

会社へ向かっているネガティブな関心を別の方向へ向けるには、外部に熱中できるものを見つけることが近道です。それは趣味やイベントでも構いません。恋人を作ればそちらに時間を割くようになるため、自然と仕事に対して無関心になれますよ。

副業に精を出す

所属している会社だけが仕事場ではありません。副業など外部からの仕事を請け負う働き方もあります。もちろん、就業規則にて副業が認められている前提ですが、帰宅後や休日に取り組む副業に集中できるようになれば、自然と本業への執着も薄れていきますよ。最初は小遣い稼ぎくらいの気軽な気持ちではじめてみましょう。

オススメの副業一覧

  • • WEBライター
  • • データ入力
  • •アクセサリー作りの内職


▼関連記事 会社員のオススメ副業7選 オススメの副業に関しては、こちらの記事をで紹介しています。

無関心だからこそ見えるものがある

5つの心構えを読んでみていかがでしたか?無関心になるのも案外大変だとわかったはずです。よく、好きの反対は嫌いではなく無関心だといわれています。つまり、好きだった仕事や職場の仲間を嫌いになるのではなく、あえて無関心になることで冷静な視点を取り戻すことに意味があったのです。

今までの悩みを捨ててみる

無関心になる最大のメリットは、今までの苦労を一時的にでも忘れられる点にあります。一旦白紙にした状態で目の前の物事へ取り組んでみてください。これまでとは違って物の見方ができるようになりますよ。

理不尽も受け流す

仕事で理不尽に感じていた点も、無関心になることであっさりと受け流すことができます。あれだけ感じていた怒りや悲しみも、少しずつ薄れていくはずです。無関心になってしばらく経てば、「なぜあんなことで苦しんでいたのだろう?」と思える日がきっと来ますよ。 →理不尽な仕事に対して道理を貫く対処法 理不尽な出来事を乗り越える方法はこの記事で詳しく解説しています。

自分のためだけに生きてもいい

人は社会性を持った生き物です。動物が作る群れとは違い、個々の役割が明確にされています。社会の一部としてがむしゃらに働くことが疲れてしまったなら、あえて自分中心の考え方を持ってもいいでしょう。自分の人生なのだから、自分のためだけに生きてもいい。そういうシンプルな考え方を持つことも、無関心だからこそできるのです。

自分のペースで働くといいことだらけ

会社や周囲に対して無関心になることで、本来の自分が持つペースで働けるようになります。自分のペースで働くメリットとして、ストレスを感じにくくなる点が非常に優秀です。周囲のペースに合わせていた頃は思い通りにいかなかった作業も、自分1人ならストレスなくこなせるでしょう。そうすれば、今までとは違った結果を出せるかもしれませんよ。 →仕事のストレスを感じる理由非日常体験でストレス発散する方法 ストレスに関しては、こちらの記事をセットで読むとわかりやすいです。

スッキリした気持ちで仕事ができる

何よりも、気持ちの問題が重要です。無関心になることで雑念を捨て去り、スッキリした気持ちで生きていけるようになります。働き方でも新たな発見があるかもしれません。自分が進む先だけを見据えながら働く生き方は、とても気持ちの良いものですよ。

周囲との関係はまた修復できる

人や会社へ無関心になると、多かれ少なかれ人は離れていきます。これまでに築き上げてきた人間関係が崩れてしまう場合も覚悟せねばなりません。でも、悲しむことはありません。本当に離れていった人以外は、再度関係を修復することも十分に可能だからです。無関心になったことによって、人の本質が見えるかもしれません。自分へ向けられた優しさによって助けられることもありますよ。

気まずいならなら転職も

無関心によって職場での立場が修復不可能になってしまった場合でも、深く悩む必要はありません。環境そのものを変えてみてもよいでしょう。転職によって新しい環境へ進めば、心機一転頑張れます。転職エージェントを利用して、あえて自分が無関心な業種を紹介してもらうのもいいかもしれません。

働くことに疲れたら一度無関心になって本当に必要なものだけを見つけよう

無関心になることはすべてマイナスではありません。仕事で行き詰って疲れてしまったときは、あえて無関心になることで雑念を捨てることができます。 無関心になって心をスッキリさせてみてください。自分のペースで働くことで、今まで気づけなかったことも出てくるでしょう。新しい発見とともに、働き方を見直すきっかけになればと思います。

合わせて読みたい!

転職エージェント10社を徹底比較既卒・第二新卒転職向け5つの転職AG女性が使うべき転職サービス4選 "年収・適性診断ツール"のまとめ

関連コラム