2017年07月12日(水) 更新

無理はダメ?ストレス耐性が低い人向けの仕事5選【対策あり】

1、ストレス耐性には個人差がある

ストレスを受けたときにどれだけ対応できるか、あるいはどれだけ耐えきれるかが「ストレス耐性」です。生活の中にはストレスを感じる場面が多くありますよね。 ストレスに強い人は「ストレスが高い(ある)」、弱い人は「ストレス耐性が低い(ない)」ということになります。場合によっては、メンタルが強いとか弱いといった表現も使われるでしょう。ストレス耐性には、実は大きな個人差があるのです。

無理して強がると逆につらい

ストレス耐性が高い人は、嫌なことがあってもイライラを溜めこまず、何食わぬ顔で過ごしています。その姿を見ると、ほとんどの人は「やっぱりストレス耐性は高い方がいい」と思うのではないでしょうか? たしかにメンタルが強いのは魅力的な長所ですが、無理して真似る必要はありません。むしろ、ストレス耐性の低いが無理して強がると、かえって自分を苦しめる結果に。やせ我慢は厳禁です。

自分のストレス耐性はどうだろう?

心臓に毛が生えているような「ストレス耐性が高い人」は、多かれ少なかれ自覚をしていると思います。でもそんな人は、全体のほんの一部。「自分自身のストレス耐性ってどうなんだろう?」と疑問に思う人の方が圧倒的に多いでしょう。 ストレス耐性を確かめるのは意外と難しいですよね。ストレス耐性が低い人には、以下のような特徴があります。

2、ストレス耐性が低い人の特徴

心臓に毛が生えているような「ストレス耐性が高い人」は、多かれ少なかれ自覚をしていると思います。でもそんな人は、全体のほんの一部。「自分自身のストレス耐性ってどうなんだろう?」と疑問に思う人の方が圧倒的に多いでしょう。 ストレス耐性を確かめるのは意外と難しいですよね。ストレス耐性が低い人には、以下のような特徴があります。

①怒られるのを避ける

怒られることに慣れていないのは、ストレス耐性が低いサイン。いわゆる”優等生タイプ”の人の中には、一度も怒られた経験がないまま社会人になった人もいるのではないでしょうか? ストレス耐性が低い人は、怒られることを恐れ、失敗を報告できずません。そしてバレてしまった時にこっぴどく怒られて、「やっぱり怒られるのは嫌だな」と感じ、ますますストレス耐性が落ちてしまいます。

②あまり人と関わりたくない

怒られることに慣れていないのは、ストレス耐性が低いサイン。いわゆる”優等生タイプ”の人の中には、一度も怒られた経験がないまま社会人になった人もいるのではないでしょうか? ストレス耐性が低い人は、怒られることを恐れ、失敗を報告できずません。そしてバレてしまった時にこっぴどく怒られて、「やっぱり怒られるのは嫌だな」と感じ、ますますストレス耐性が落ちてしまいます。

③締切りに追われるのが嫌い

営業やプログラマーなど、あらゆる職種で「納期に追われて胃がキリキリする」という社会人がいると思います。ストレス耐性が低い人は、他人に急かされるのが大の苦手。 締め切りは社会人の宿命だと考える人もいるかもしれませんが、スケジュールに余裕を持たせる職場があるのも事実です。急かされなければもっと早く出来るのにと悩む人もいるのではないでしょうか。

④体力に自信がない

「メンタルの強さ」と表現することもあるストレス耐性ですが、実は体(フィジカル)とも密接な関係があるんです。スポーツ経験が豊富で体力に自信がある人は、比較的ストレス耐性が高い傾向にあります。逆に、体力に自信がない人はストレス耐性も低くなりがち。 身体的疲労が溜まると、考え方もネガティブになりやすいです。なので、ストレス耐性や体力に自信がない人には、適度に休める環境が理想的です。

⑤マルチタスクが苦手

課された仕事や課題のことをタスクと呼びます。一つのタスクに専念することをシングルタスク、複数のタスクを同時にこなすことをマルチタスクと呼んだりもします。 ビジネスの現場では「マルチタスク=仕事がデキる人」というイメージが持たれやすいですが、タイプによってはマルチタスクが不向きの場合もあります。特にストレス耐性が低い場合は、マルチタスクに苦手意識を持つ人が多いです。

3、ストレス耐性が低い人向けの仕事

ストレス耐性に自信がない人にはどんな仕事が向いているのでしょうか?

【チェックポイント】

  • ノルマがきつくない
  • 深く考えずに済む
  • 自分のペースで働きやすい
  • 人との関わりが少ない
  • やらされ感がない

こういった点を重視して選ぶのがポイントです。

おすすめ①事務職

事務職は、営業のようにノルマに追われることもなければ、長時間残業を強いられるケースも少ない職種。ストレス耐性が低い人でも、自分のペースで着実にスキルを身に付けられるのが魅力的です。 とはいっても、事務職は経験者・未経験者双方から非常に人気の高い仕事。本気で転職ないし、キャリアアップを目指すなら、エージェントサービスなどを上手に活用するのが無難でしょう。

おすすめ②工場勤務

工場での業務は、管理部署以外では「ああでもない、こうでもない」と頭を悩ませることも少なく、無心に取り組める仕事です。人間関係の悩みも少なく、一つの仕事に専念したい人にはまさにうってつけ。モノづくりの現場を知れるというのも、キャリアの中で大きな強みになるでしょう。 ただし、一日中同じ姿勢でいなければならないので、体力に自信がない人は注意してください。

おすすめ③新聞配達

新聞配達は、人との関わりを限りなく減らせる仕事。はじめは先輩とペアで回らなければいけませんが、慣れてくれば一人で担当できます。 そして、ストレス耐性が低い人にも向いているだけでなく、早寝早起きの習慣が身につくのもメリット。早起きができる人には、ぴったりの仕事といえるでしょう。牛乳配達やポスティングなども、新聞配達と同様、人とあまり関わらずにこなせる仕事です。

おすすめ④ゲームテスター

ゲームテスターという仕事を聞いたことがありますか?ゲームテスターとは、発売前のゲームを試験的にプレイし、プログラムにミスがないかをチェックする仕事。 ストレス耐性が低い人も、自分の好きなことになら没頭できるでしょう。ゲームが好きな人にとっては、夢のような仕事です。時給900~1,500円が相場といわれていますが、月30万円以上稼ぐ強者もいるそうです。

おすすめ⑤ネット副業

ストレス耐性が低い人は、自分のペースで出来るネット副業もおすすめ。もちろんやらされ感もなく、戦略も自由に練れます。しかも、上手くいけば独立のチャンスも巡ってくるかもしれません。 とはいえ副業の種類は様々。オークションで転売する人もいれば、アフィリエイトでがっつり稼ぐ人もいるようです。自分に合ったやり方にしないと、思ったように収入を得られない恐れも。詳しくは以下の記事で研究してみてください。

4、ストレス耐性を高める方法

打たれ弱い人も、訓練次第でストレス耐性を高めることが可能です。無理は厳禁ですが、日々の悩みを減らすためにも、是非以下の方法でストレス耐性を高めてみてください。

①筋トレをする

筋トレは「きついこと」に耐え続ける訓練。男女問わずややきつめの筋トレをすると、ちょっとずつストレス耐性が高まります。 しかも筋トレは、自分にかかるストレスを好きなようにコントロール可能。強制されている感覚ではなく、自主的にやっている感覚もまた心地よさに変わるでしょう。体力に自信がつくのは言うまでもありません。ストレスを高めるために、真っ先に試したい方法です。

②映画を観る

映画のストーリーには、苦難や障壁といった、大小さまざまな”山”が出てきますよね。そして、その山を乗り越える主人公がいるのが定石です。映画の主人公に感情移入すると、自分にも困難な課題を乗り越える力があるような気になってきます。 単なる娯楽としてではなく、映画には人間を強くする秘められたパワー、ストレス耐性を高める効果があります。

④完璧主義をやめる

何でもかんでもパーフェクトを求める完璧主義は、自分を苦しめることになりかねません。完璧な結果が得られないたびに、自責の念にかられ、ストレスが溜まってしまうからです。逆に、マイペースで要領の良い人は、ストレスを溜めにくく、なんだか伸び伸びしているように見えますよね。 ストレス耐性を高めるためには、完璧主義をやめるのが一番。自分の中のハードルをちょっと下げるだけで、「まあいっか」と思えるようになります。

5、職場ストレスが大きいときの対策

社会人になるとストレス耐性の如何に関係なく、職場で大きなストレスを感じる機会がしばしばあると思います。仮にストレスの少ない仕事といわれる職種でも、いつどんな悩みが生まれるかは分かりません。仕事上のストレスに耐えきれそうにない、と思った際にとっておきの対策をご紹介します。

対策①解決できない問題は無視する

自分の力ではどうすることもできない問題があった際は、落ち込んだりせずに、無視してしまいましょう。ありのままを受容する、ともいえますね。 たとえ上司の指示であっても、全てに「イエス」と答えていては身が持ちません。ふてぶてしさがあると、相手も「こいつ、敵に回すと手強いかも?」と敬遠してくれる可能性が高くなります。

対策②こまめに気分転換を図る

ストレスが溜まりに溜まってから気分転換を図っても、気持ちはいまいち晴れないものです。屋上や非常階段、給湯室、歩いていける喫茶店など、勤務時間でも避難できる場所を探しましょう。 外に出た方が効果は大きいので、チャンスを見計らって散歩に出るのがオススメ。こまめに気分転換を図れば、集中力もぐっと増します。

対策③主張するきっかけを作る

ストレス耐性が低い人には、誰かに自分の意見を伝えるのが苦手な人が多いと思います。とはいえ、言いたいことを言わないまま我慢するのもストレス源になりかねません。 そんな時は、自分の気持ちを素直に表現すれば、共感してくれる味方が増え、職場が過ごしやすくなるかも。仲の良い同僚を誘ってランチへ行く、上司に週一回面談を設定してもらうなど、アウトプットする場を設けましょう。

対策④穏やかに暮らせる職場を探す

ストレス耐性が高い人も低い人も、職場環境には細心の注意を払いましょう。気持ちが落ち着かない職場では、仕事にもやりがいを感じられません。キャリアアップも遅れ、どんどん心はナイーブに。となると、ストレス耐性も落ちてしまうかも。 自分のことを「メンタルが弱い」と嘆くのではなく、職場の雰囲気を疑ってみた方が気が楽です。おだやかに暮らせる職場を探してみてはいかがでしょうか。

ストレス耐性をありのままに受容して自分のペースで働こう

最後まで読んでいただきありがとうございます。ストレス耐性には個人差があり、強い人・弱い人の双方がいるのも事実です。ストレス耐性に自信がないのであれば、なるべく人と関わらない仕事や、自分のペースで進められる仕事が向いているでしょう。 とはいえ、どんな仕事にもストレスはついて回ります。耐性を高める努力をしながらもありのままを受け入れる、無理をしないといった心構えを持ってくのがベスト。もしも穏やかに暮らせる職場でないなら、いっそ働く場を変えてしまった方がいいかもしれません。

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68