留学は大学4年からでも可能な理由

更新 / 1022 view

大学4年から留学するのも決して遅くはない

大学4年に進級し、そろそろ就職活動に集中する時期がやってきます。少しでも就職活動で優位に立つため、留学を検討する人がいます。しかし、4年からとなると留学は今さらと思われますが、そういう考えは間違っています。4年からでも留学は遅くなく、就職活動も集中したいなら短期留学が良いでしょう。短期であれば、帰ってきた後でも余裕を持って就職活動に励めます。

語学留学など留学の目的を考える

ほとんどが語学留学、もしくはスキルを物にするためでしょう。語学留学が目的なら外資系企業などの就職に有利です。留学と言ってもそれぞれのコースがあって、留学先も異なっています。目的は人によって異なり、その目的を達成するのに大学4年から留学する人がいます。ただ単に留学するのではなく、なにを目的に4年から留学するのか、考える必要があります。

大学4年からの留学でも就活には有利

大学4年からの留学で就活に不利と思われがちですが、不利どころか有利です。留学期間は異なりますが、4年から長期留学しても悪くありません。現地で単位を取って卒業するという方法もあります。ある意味、こっちのほうが就職活動に有利かもしれません。つまり、4年からでも、短期であれ長期であれ、留学しても遅くはないということです。しかし、留年だけは避けなければなりません。

留年してしまった場合は留学理由を説明する

留学が原因で留年したら多少ながら就職に不利だと思われますが、実質的には変わりありません。なぜ留年したのかと問われたら、留学を理由に話せば、ほとんどが納得してくれます。現実に留年する羽目になってもポジティブに行きましょう。留年すれば4年からスタートになりますが、この機会に資格やスキルなどを身に付けて、留年した分、就職活動で優位に立ちましょう。

大学4年から留学を検討する際は準備が大切

4年から留学を考える人はいますが、決めた以上、前もって準備することが大切です。現地の留学先によっては、必要な物を用意しましょう。共通するのはパスポートと学生ビザ、さらに全世界でも日本の家電に使用できる変圧器です。海外の電圧が日本とは異なっているので、スマートフォンの充電器には変圧器が欠かせません。ただし、現地で調達できる物資はなるべく置いとくようにしましょう。

留学先の治安や物価といった情報収集も必要

留学を決めたら準備します。そしてもう1つ、現地に関する情報を収集することが大切です。情報を知らないまま留学するのは、かえって危険です。1番欲しい情報は、治安と物価に関する情報です。物価は多少高くても余裕があればデメリットは感じなくなりますが、問題は治安です。4年から留学する以上、現地の治安を把握しなければなりません。現実に治安が悪化して我が身に危険が及んだら、すぐに帰国して安全を図るようにしましょう。

大学4年から留学しても短期間なら就活にあまり影響しないので目的を持って渡航しよう

大学4年からだと就職活動に視野を入れなければならないので、1ヶ月や2ヶ月など短期留学のコースを選んだほうが良いでしょう。費用を安く抑えるには、それが一番です。長期留学でも悪くはないし、むしろ推奨するでしょう。しかし、大学3年後期の間に計画性を持って準備しなければならないという点があります。それでも、留学を決めた以上、目的を持って遂行するようにしましょう。