感情的になりやすい人必見!感情をコントロールする5つの方法

更新 / 3413 view

思わず感情的になってしまう瞬間は誰にでも訪れます。大半の人はその場で自分を押さえられますが、そうでない人は感情を爆発させてしまうことも……。大切な仲間である職場の同僚や友人の前で感情的にならないためにも、うまく気持ちをコントロールする方法を紹介します。

人は感情的な生き物

人は喜怒哀楽などの感情を持っています。何かを食べたときに「おいしい」と感じ、理不尽な目に遭ったときに「くやしい」と感じる心のことです。そんな心をうまく制御出来ない場合、感情的な人と言われてしまいます。感情的とは、理性を失って興奮してしまう状況を指すものです。

体調や気分も感情を左右する

普段の感情はその日の体調や気分によっても大きく左右されます。疲れている時は少し怒りっぽくなり、ちょっとしたことでも感情を爆発させる原因になってしまうのです。また、女性の場合はホルモンバランスの関係によっても感情的になる場合があります。

感情的になりやすい3タイプ

体調や状況だけでなく、本人の資質によっても感情的になりやすい場合があります。ここでは、感情的になりやすい人を3つのタイプに分けて紹介しましょう。他の人よりも少し自己主張が強いなど、クセのある性格が特徴です。

感受性が強すぎる

感受性の強い人は感情的になりやすい傾向にあります。外界からの影響を受けない感性の部分が豊かな人は、ちょっとした刺激でも感情的になってしまうからです。目の前で人が苦しんでいるとき、自分が虐げられたと感じたときに感情を爆発させてしまうのです。

自己主張が強い

何が何でも自分の意見や欲求を突き通そうとする、自己主張の強い人も感情的になりやすいタイプです。集団に合わせようとする日本人の美徳とは正反対の性格であり、ときに摩擦を生む原因にもなります。そんな自己主張の強さが、うまく行かなかったときに感情の爆発として表れてしまうのです。

思い通りにしたい

すべてを自分の思うままにしたい、そう考えている人も感情的になりやすいタイプの人です。世の中はそう簡単に自分の思い通りにはいきません。それに対して怒りの感情を出してしまうのはいかがなものでしょうか。大人なのだから、少しは我慢する方法を身につけてもらいたいところ。

感情的な瞬間を抑える5つの方法

感情的になりやすいタイプの人は、仕事中でも関係なく自分を抑えきれなくなる状況が訪れます。大勢の前で感情を爆発させてしまったのでは、周囲からの評価を下げる原因になるでしょう。面倒な人と思われないためにも、瞬間的に感情を抑える方法を紹介します。

①手を強く握って爪を突き刺す

何か理不尽な状況に置かれたとき、怒りがこみあげて来たとしましょう。そのときは相手に感情をぶつけてはいけません。まずは、自分で飲み込むようにしましょう。簡単なのは、その場で手を強く握ることです。自分の爪が手のひらに突き刺さることで感じる痛みがストッパーの役目を果たします。正気を取り戻してくださいね。

②粘土をこねて衝動を発散

感情的になりすぎて衝動的に何かを破壊するようなことがあっては、信用問題に繋がります。特に職場の備品を壊してしまうと評価を下げる原因にもなりかねません。そこで、手荒に扱っても壊れないものを持ち歩きましょう。

オススメはホームセンターなどで購入できる粘土です。子どもの頃の図工の時間に遊んだ思い出の粘土も、今では感情を発散するために必要な道具です。いくら揉み砕いても壊れないため、感情的になりそうなときは粘土に当たりましょう。アレルギーの出ない寒天粘土がおすすめです。

③ラベンダーの香りがする入浴剤を持ち歩く

衝動的な感情を瞬間的に落ち着けるには、リラックス効果のある匂いを嗅ぐ方法がオススメです。特にリラックス効果の高いラベンダーの香りがする入浴剤を嗅いできましょう。普段の生活で最もリラックスできる瞬間であるお風呂タイムと同じ香りを嗅ぐことで、瞬間的に荒ぶる感情を抑えられるでしょう。

④大切な人の数をカウントする

もし目の前にいる人が自分にとって大切な人の場合は、よけいに感情を抑えなければなりません。自分の行為によって信頼を失い、大切な同僚や友人を失うかもしれないからです。まずは冷静になりつつ、自分にとって大切な人の顔をイメージし、数えていきましょう。大切なものを失わないためにも、自分でストッパーをかけるのです。

⑤自分が暴れた姿を想像して落ち着く

そして5つ目の方法はイメージすることです。自分が感情的になって暴れてしまった後の状況を想像してみましょう。きっと自分の評価は地の底まで落ちてしまっているはずです。職場の上司が相手なら干されかねません。感情に身を任せても、誰も得をしない結果に終わるだけなのです。

感情的にならないように意識しよう

ふとしたきっかけで感情的にならないようにするには、普段から強く意識しておく必要があります。瞬間的に抑える方法だけをマスターしても、根本的な解決にはならないからです。

周囲からの信頼を失ってしまう

常に感情的に行動していたのでは、周囲からの信頼を失う原因にもなります。集団に合わせることが美徳である日本社会では、特に気をつけなければなりません。例え、自分の主張が全面的に正しかったとしても、認められないからといって感情を前面に押し出すのは避けましょう

DVなどで相手を傷つける恐れも

職場だけでなく、家庭でも感情を抑えることは必須です。仕事のストレスを家に持ち込んでしまうと、DVなどの暴力に繋がってしまう恐れもあります。感情のままに人を傷つけるなどあってはならないことです。大切な人に手を上げてしまわないように、普段から感情をコントロールしていく必要があります。

普段から感情を押さえる対策を

感情的にならないためには、何もない普段から対策を講じておく必要があります。人は理性を持つ生き物。喜怒哀楽の感情だけに振り回されないように意識してみてください。まずは、自分を見つめ直すことから始めましょう。

自分の気持ちを文章化して整理

感情をうまくコントロールできない人は、一旦整理してみましょう。感情を言語化するのです。紙に自分がなぜ感情的になっているのかを書き出してみてください。思わぬ理由にたどり着けるかもしれません。何度も同じ理由で感情的になるのなら、そこが自分の弱点だと理解してみてください。

感情を爆発させたら自分に罰を与えよう

感情を抑える方法の1つとして、自分に罰を与える方法があります。感情を爆発させるごとに夕飯を食べられないとか、今夜はゲームをしないなど、ペナルティを与えるのです。自分が感情的になるたびに、周囲に影響のない実害を受けることで、少しずつ制御できるようになる可能性があります。くれぐれも自分の身体を傷つけるようなものは避けてくださいね。

感情を抑えられない職場なら転職も

感情をコントロールする方法を試してみても、うまくいかないこともあるでしょう。特に職場における人間関係で感情を抑えられない場合は深刻です。自分に非がない場合は、思い切って環境ごと変えてしまう方法もあります。
転職には大変な労力を使いますが、エージェントのサービスをうまく利用してみましょう。自分がなぜ感情的になってしまうのか、職場の抱える原因を客観的に分析してもらえますよ。次はうまく溶け込める職場に入れるようにしたいですね。

感情的になる瞬間は自力で回避!日ごろから意識して感情を抑えよう

感情的だと自覚できる人は、日頃から気持ちを抑える習慣を身につけましょう。自分の理解者はどこにでもいるものではありません。自分を抑えられるのは自分しかいないのです。

日頃から感情をコントロールできるようにしておき、いざというときも瞬間的に対策ができるようにしておいてくださいね。一時の感情ですべてを台無しにしてしまうのはもったいないですよ。

合わせて読みたい!

転職エージェント10社を徹底比較
既卒・第二新卒転職向け5つの転職AG
女性が使うべき転職サービス4選
"年収・適性診断ツール"のまとめ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。