2017年01月16日(月) 更新

ボーナスが支給される意味と仕組みについて【賞与・特別手当】

ボーナスの意味①:【あらかじめ表記されている場合】安心して働くことができる

ボーナスについて就業規則や労働契約に表記されていた場合は、ボーナスの意味として「ボーナスが支給される事で安心して働ける」という点があげられます。つまり、働く人はあらかじめボーナスが受け取れることを知ることができ、そのために安心して働くことができる仕組みとなっているのです。

あらかじめ表記されていたボーナスには請求権利がある

あらかじめ労働契約等にボーナスが支給されることが表記されているのにも関わらず、支給されなかった場合には違法となり、差額分を請求する権利が労働者側に発生します。このような仕組みのため、給料以外にどのくらいの額がボーナスとして保障されるのか、大まかに把握することが可能です。金銭面における計画や人生設計を立てやすいというメリットが働く人にはある仕組みなのです。

就業規則や労働契約をしっかり確認

通常大体の企業でボーナスはありますが、そのボーナスについての規定がしっかりと明記されている事は、より一層その企業に対しての信頼感を増すポイントとなります。自分が働いている会社におけるボーナスついての意味と仕組みを深く理解するためには、就業規則や労働契約に目を通す必要があるといえるでしょう。

ボーナスの意味②:【契約に表記されてない場合】働くモチベーションを上げる

ボーナスについて労働契約や就業規則に表記されていない場合は、基準は企業が状況に応じて決定する仕組みとなります。このような仕組みの企業は多く、ボーナスが持つ意味が非常に大きくなります。企業成績や職務に対する成果によってボーナスの金額が変わってくる仕組みとなっていますから、当然頑張れば頑張っただけ多く支給されます。より一層頑張ろうというモチベーションを上げる意味を果たしているといえるでしょう。

特別手当等も励みとなる

また、ボーナス以外にも特別手当や各種賞与がさらに受け取れる仕組みの企業がありますが、それらの意味もやはりボーナスと同じく、モチベーションを上げるための仕組みだと考えられます。ボーナスをはじめとするさまざまな賞与は、仕事を頑張る上での励みとして用意されているのです。

不当な減額や支給の停止は違法性がある

企業側が基準を決める仕組みとなっていても、ボーナスの不当な減額や停止はNGとなります。従業員の職務の成績に沿って評価される仕組みとなっているのがボーナスですが、意味もなく大幅な減額を行うのは不当となるのです。企業側が基準を決める場合であっても、その基準に沿って、公平かつ合理的に評価しなければならず、極端なボーナスの減額やボーナスを支払わないというような事は、違法性がある場合もあるのです。

ボーナスの意味と仕組みを理解して不当な不利益を被らないようにしよう

ボーナスの最も大きな意味とは、企業で働く従業員のモチベーションを上げてますます企業の発展を促すという事であります。そしてそのために色々なボーナスの仕組みが存在するのです。ボーナスを得る事を励みとして、仕事にまい進してくれる従業員が増えれば、企業としてもボーナスを出す意味は大いにあります。ボーナスの意味と仕組みを押さえておく事は、働く上でもとても大切な事といえるでしょう。

関連コラム