2016年11月29日(火) 更新

プランナーという言葉の意味と仕事内容

プランナーとは企画や計画を立てる人という意味

プランナーとは、日本語で企画や計画を立てる人、つまり立案者を意味しています。一言でプランナーと言っても、その職種は多岐に渡ります。例えば、ウェディングプランナーやファイナンシャルプランナー、ゲームプランナーなどが、よく知られている職種になります。このようにプランナーの意味を知っているだけでは、各職種の役割や仕事内容まではわかりませんよね。転職を希望するなら、どの職種に就きたいかを決めてから、その職種の意味を調べていきましょう。

プランナーはお客様の悩みや課題に対する解決策の提案を行う

プランナーという職種は多岐に渡ることがわかりましたが、仕事の内容や方向性は似通った部分がたくさんあります。基本的にプランナーは、お客様の悩みや課題を上手く聞き出して、それを解決する提案をしていく意味があります。提案をする前には悩みや課題の調査・分析が仕事の範囲に含まれますので、その業界の知識をしっかり身に付けることに意味があります。

ウェディングプランナー:結婚式全体をプロデュースする

ここからは、各プランナー別の仕事内容をご紹介していきます。まずは、ウェディングプランナーです。こちらは、結婚式全体をプロデュースする職種になります。結婚式のスケジュール調整や演出、費用の調整などを結婚するカップルと一緒になって考えていきます。レストランや、衣装を担当するスタッフとの協力も必要な仕事です。

ファイナンシャルプランナー:相談者のお金に関する悩みを解決する

ファイナンシャルプランナーは、家計や金融、相続に関する豊富な知識で、相談者のお金に関する悩みを解決していきます。家計の見直しや将来の教育資金の捻出、相続手続きの説明などが仕事内容になります。取扱い分野が広いので、ファイナンシャルプランナーは自分の専門分野を売りにして独立して事務所を構えるのが一般的です。

プランナーは様々なものを分析する機会が多い

プランナーの本来の意味は立案者という意味ですが、実際にプランナーを職業として働いてみると、様々なものを分析する機会が多くなることがわかります。例えば、ファイナンシャルプランナーが保険の見直しについて立案する時は、現在相談者が加入している保険の内容を洗い出して、無駄を見つけます。その後、新たに提案する保険商品の内容も分析しなくてはなりません。

具体性を持ったプランの提案が大切

プランナーが相談者に提案を行う時は、具体性を持ったプランを提案しなくてはなりません。例えば、観光プランナーならどういった日程で、どのようなツアーが組まれているのか、宿泊施設の種類などを示します。これに加えて数値も引き合いに出すとベストなので、他社との価格の違いやオプション料金などを提案に盛り込んでいきます。

立案者という意味があるプランナーは課題に対して解決策を提案する仕事内容を行う

いかがでしたか。プランナーの意味についてみてきました。プランナーは、企画や計画を立てる人という意味があります。相談者の悩みや課題を上手く聞き出して、それに対する解決策を提案していくのがプランナーの仕事です。プランナーには本来、立案者という意味がありますが、単に立案するだけでなく、調査や分析も仕事の範囲に含まれてきます。相談者の悩みが課題が少しでも早く解決して、良い方向に進むようにサポートしていくことに、プランナーとして働く意味があるでしょう。

関連コラム