アイツが嫌い!職場で嫌いな人に対する効果的な対処法5つ

更新 / 8260 view

職場ではなぜか嫌いな人が出てくる

a

職場には苦手と感じる人の1人や2人はいますよね。「嫌いな人かもなぁ」と感じる人に対しては、態度がよそよそしくなってしまいますし、ちょっとした言動に対しても不快感を持ってしまいます。

職場にいる嫌いな人とは?

職場に嫌いな人がいる確率は高い

職場に嫌いな人がいるかどうか独自にアンケートをとった結果、8割ほどの人たちが「いる」と回答しました。それほど職場に性格が合わない人がいるというのは、驚きですね。

職場での人付き合いは利害が絡んでくることもあるので、学校のように友達になれるとは限りません。「友達とは違うなぁ」というのも合わさって、自分と合わない人が“嫌いな人”になってしまうのでしょう。

過去の体験で苦手に?

a

人を嫌いになってしまうのは、過去の体験から苦手意識を持つのが大きな原因だと言われています。職場で嫌いな人がいたら、過去に嫌な体験をした時の人と似ているか観察してみるもの面白そうです。

とはいえ、過去のトラウマ体験から人を嫌いになってしまうのは、少しもったいない気もしますよね。本当に自分の嫌いな人なのか、もう一度しっかりとコミュニケーションをとってみるのもおすすめです。

苦手な人が大きなストレス源になる

何度かコミュニケーションを図ったうえでも「嫌いだな」と思ったのであれば、もう確定といってもいいでしょう。自分が苦手な人とは、コミュニケーションを取るごとにストレスが溜まるもの。それが爆発すると職場に行くのが嫌になってしまいます。

実際のところ、人間関係を理由に転職へと踏み切る人も少なくはないため、嫌いな人との付き合い方には十分注意をしていきましょう。

職場で嫌われる人の特徴は?

a

職場にいる嫌いな人と付き合っていくと、ストレスが溜まる一方だと説明しました。では実際に嫌われる人の特徴とはどんなものなのでしょうか。嫌われやすい人の特徴をまとめてみたので、自分が嫌いな人はどれに当てはまっているのかを確認していきましょう。

人によって態度を変える

例えば、上司に対してはペコペコとしているくせに、いざ部下の目の前になると威張り散らす人っていますよね。そういう人は職場で嫌われやすいです。もちろん、仕事では上下関係のメリハリは必要となりますが、あまりにも行き過ぎている場合は不快感が募るばかりですよね。

また、こういう人は責任を部下に押し付けたり、そもそも上司としての能力がなかったりするのがほとんどなので、仕事のスキル不足も原因となって嫌われてしまうのでしょう。

不潔

a

不潔で清潔感がない人も、もちろん人から嫌われます。社会人として、身だしなみは初歩の初歩です。そういったところを疎かにしていると、人に好かれるはずもありません。

もちろん服装だけでなく、頭をかきむしったり鼻をほじったりなど、ちょっとした動作でも周りに不潔感を感じさせてしまうことがあります。もし自分の動作が不潔かもと感じたならば、意識して直すようにしていきたいですね。

暴力的

職場での暴力というのは、相手に手を出すことだけを指した言葉ではありません。ノートPCを強めに閉じたり、すぐにイライラしてすべての動作が荒っぽくなったりしてしまう人も暴力的だといえます。

こういった暴力的な人は特に女性から嫌われやすく、知らない間に職場の女性全員を敵に回してしまっていることも。

ネガティブ

a

なにか意見を聞かれたとき、ネガティブな発言ばかりしてしまう人は、職場で嫌われやすくなります。たまにネガティブなことを言うくらいなら、物事を多角的に見るのに役立つのですが、いつもネガティブな意見を言っていると他の人の士気を大きく下げてしまうでしょう。

自分の趣味を押し付ける

自分が好きだからって、頼まれてもいないのにベラベラと語ってくる人は周りにいませんか?会社からの帰り道とかなら聞き流していれば良いのですが、仕事中に話されると苦痛ですよね。

それどころか、自分の趣味を無理やり押し付けて、感想まで求めてくる人はなかなかの強敵となるでしょう。もちろん、話しかけられる人にとっては邪魔でしかないので嫌われます。

職場にいる嫌いな人への効果的な対処法5つ

aa

嫌いな人に対して上手く接しないとストレスが溜まる一方だと説明しました。ではどのように対処していけば良いのか、お互いに険悪にならない方法を紹介していきます。

①避けてしまってもよい

そもそも嫌いな人とは関わらない。そんな態度をとってしまっても良いのです。無理して付き合っていてもお互いのためになりません。もちろん職場ですので、仕事に関わるコミュニケーションはしっかりと取るようにしましょう。しかし、それ以上のプライベートな関わりなどは持たないように立ち回っていくのが、もっとも穏便に済む方法かもしれませんね。

②怪我するように毎日お祈り

a

もはや、顔を見るほども嫌だ。そこまで嫌ってしまったのなら、一ついい方法があります。それは、祈りを捧げることです。神仏に対して全身全霊をもって祈りましょう「バナナで滑ってこけろ」と。

怪我をして、入院になんてことになれば数ヶ月間は職場でやすらぎを得られるようになります。もちろん、間違っても自分で怪我させようとしてはダメですよ。それは犯罪ですからね。

③同情できる身の上話を創作

どうしても嫌いだけど祈りなんてバカバカしい。そう感じた人には、嫌いな人に同情できる身の上話を創作するのがおすすめです。

例えば、生き別れの母をさがして旅をした経験があり、その時に大人たちに騙されてから、人を信じられなくなった。だから周りの人に対しても、嫌われやすい態度をとってしまう。そう考えてみると、なんだか優しくなれそうな気がしませんか?
優しくなれない」と考える方は自分のほうが、性格が悪いのかもしれませんよ。

④そういう役割のロボットだと思っちゃう

a

RPGゲームをやっていると、村人に対して何度も話しかけてしまいますよね。しかし、何度話しかけても同じ内容の話ばかり。

そんな風に職場の嫌いな人は、自分に対して嫌な行動をするロボットだと思ってしまうと、案外平和かもしれません。自分に対して嫌なことしか言わないプログラム。そう割りきってしまえば、自分に対する辛辣な言葉も、許せるようになるでしょう。

⑤逆に好きになろうとするのもアリ!?

苦手と思い続けてしまうと、思い込みの効果でどんどん嫌いになってしまうものです。一度固定概念は投げ捨てて、フラットな目線でその人を見て見てはいかがでしょうか?もしかしたら、自分の思い込みだけであって、実はそんなに嫌な人ではないかもしれませんよ。

また、その人を好きになろうとすることで好意が伝わり、相手の態度も軟化する場合もあります。苦手だと思ったけれど、話してみると意外と気が合うことは珍しくありません。

”嫌いな人”から嫌われることも

aa

嫌いな人に対して、冷たい態度をとっていると相手からも嫌われてしまうことがあるでしょう。そうなったらあとは泥沼で、お互いにギスギスした空気になってしまいます。ですが、それでは周りの人達が一番迷惑します。できればそんな状況にはならないと良いですよね。

何故か嫌われるという声多数

嫌っている人には、いくら態度で表さなくても嫌われてしまうことが多いようです。別に嫌いな人と険悪な関係になりたいわけではないので、困っているという方も。なぜこんなことが起きてしまうのかというと、心理学的な要素が関係しているからだそうです。

もしかしたら、その嫌っている人は自分と似た性格をしていませんか?相手を嫌う理由のひとつに同族嫌悪というものがあり、相手の影に見る自分の姿に耐えられないのだそうです。これは自己評価が低い人に起こりやすいようなので、もしかしたら嫌ってくる相手も自分に対する評価が低いのかもしれませんね。

こんなことが起きたら嫌われサイン

でも実際に相手から嫌いな人はいるけど、相手から嫌われたいわけではない。そんなワガママな人は、見逃さないほうが良いサインがあります。そのサインとは、“目線”。嫌っている相手とは、自然と目線が合わないことが多いです。

もし、最近目線が合わない人がいたり、顔を向けたタイミングで目をそらしたりした人がいるなら、「嫌われているのでは」と疑ったほうが良いでしょう。

嫌われている状況を改善する方法

a

では、実際に職場で“嫌いな人”から嫌われてしまったとき、どうすれば険悪な空気を回避できるのでしょうか。この対策は早ければ早いほど効果があるので、きちんと嫌われサインを見逃さないようにして、改善のための行動をしていきましょう。

挨拶はほどほど元気に

嫌われている相手だからといって、挨拶を忘れてはいけません。最初に会った時に無視してしまっては、関係はどんどん険悪になってしまいます。

しかし、注意するべきなのは元気過ぎる挨拶をしては、逆に相手の癇に障るかもしれないという点です。相手のテンションに合わせていかないと、空回りをしてしまう可能性があるので、ほどほど元気なくらいがちょうどいいでしょう。

友を作れば好転するかも

a

職場で嫌われてしまった場合は、会社内で信頼できる友人を作れば事態が好転する可能性があります。相手を嫌ってしまうのも、嫌われてしまうのも、もともと自分の性格が原因の場合がほとんどです。もしそのことを友人に相談すれば、客観的に原因を判断してくれ、解決策を一緒に考えてくれるでしょう。

また、友人が嫌いな人と橋渡しとなってくれることもあるので、お互いを本当に理解しあうきっかけも作ってくれるかもしれません。

目立たないようにする

嫌いな人との関係が非常に険悪ならば、もうそれ以上悪くしないためにも関わらないほうが良いかもしれません。お互いの接触を避けて、なるべく職場で目立たないようにするのがコツです。

しかし、どうしても仕事上で関わる必要がある場合は、できるだけ感じが良くなるように接しましょう。仕事上の関わりまで険悪になってしまうと、業務に大きく支障が出てしまう可能性があります。

全て無理なら職場を変える

全ての対処法を試してみたけど、嫌いな人との仲は険悪になるばかりで、仕事に大きく支障が出てきてしまった。そんな状況なら、いっそのこと転職を考えてみるのが良いかもしれません。

世の中にはどうしても気が合わない人というのが存在します。そのことでストレスを溜めるくらいなら、心機一転して自分のスキルアップのために職場を変えたほうが良い場合もあるでしょう。

職場にいる嫌いな人には意識を変えて接する

職場にいる嫌いな人への対処法でした。いかがでしたか?
もし自分の職場に嫌いな人がいる場合、その人に対して感じを悪くしてしまっては子どものケンカも同然になってしまいます。お互い社会人なのですから、仕事に支障を来さない対処法をとるのが良いでしょう。

仕事に支障を来さない解決方は、自分の意識改善によるものがほとんどです。そもそも人を嫌いになってしまうのは自分が原因の場合がほとんど。それをきちんと理解してから対処法を取っていきましょう。

転職エージェント10社を徹底比較
既卒・第二新卒転職向け5つの転職AG
女性が使うべき転職サービス4選
"年収・適性診断ツール"のまとめ

プライバシーマークを取得しております。個人情報の取扱いについては、適切なデータ管理を徹底するため、社内で定期的な研修を実施し、また、お客様から個人情報をご提供頂く際には、SSLによる個人情報の暗号化により、安全性を確保しております。