2017年01月16日(月) 更新

金欠で服を売る際に押さえておくべきポイント3つ

金欠で服を売る時のポイント①:知名度のあるブランド物を売る

金欠で服を売るのであれば、知名度のあるブランドの服を売るようにしましょう。たとえば、知名度はないけど質は良く、ごくごく一部では人気の服もあります。しかし、そういった定価が高くても知名度がない場合は、希望金額での買取にならないケースがほとんどです。金欠の際には、定価はそんなに高くなくても、知名度のある服をリサイクルショップなどに持っていくといいでしょう。

買取側は値段よりも知名度が大切

定価がどれだけ高かったかということが関係して来るのは、ある程度の知名度があるブランドになってからです。マイナーでごくごく一部でだけ人気があるというような服は、決して高い値段では売れないのです。定価の20分の1以下等というひどい結果になる場合もあるでしょう。それならば売らない方がましですから、金欠で服を売るなら、知名度のある人気のあるブランドの服を売るべきなのです。

金欠で服を売る時のポイント②:状態の良いものを売る

当然のではありますが、金欠で服を売るのであれば、その売る服はなるべく状態の良いものにするべきでしょう。状態の良いものは、状態の悪いものよりもはるかに良い値段がつきます。状態のあまり良くないものをたくさん売っても、手元から服がなくなり困るだけです。もちろん、もういらない、状態の悪い服を処分したいならそれはそれで別の話です。

なるべく最近買ったものを売るとなお良し

状態が良い服となれば、最近買ったものである可能性が高いと言えるでしょう。そうしてなるべく最近に買ったものを売ろうとすると、なお良い金額が付きやすい傾向にあります。また古いシーズンの服よりも、当然なるべく最近のシーズンのものの方が高い値段が付きやすいです。状態の良さとあわせてさらに高くうれる可能性があります。金欠解消に、シーズンものの服ももってこいなのです。

金欠で服を売る時のポイント③:オークションやフリマアプリを利用する

金欠で服を売るのであれば、オークションやフリマアプリで服を売るのが一番です。というのも、服の買い取りをしてくれるお店で服を売ろうとしても、どうしてもあまり高い値段では売れません。ですが、フリマアプリやオークションであれば、ほぼほぼ定価より数10パーセントオフ程度で売れる可能性もあるのです。金欠の場合、その差はすごく大きいでしょう。

金欠の場合は手間を惜しまない

当然、フリマアプリやネットオークションで服を売ろうとする方が、リサイクルショップに持ち込むよりも手間はかかります。ですが、そうして手間がかかるということは、それだけの対価に繋がります。金欠で服を売りたいけど、出来るだけ高く売りたい。その上で比較的に自由な時間があるという方は、まずフリマアプリやネットオークションで服を売るべきでしょう。

金欠解消のために服を売るのであれば知名度・シーズンを押さえてアプリを利用することがポイント

金欠のために、リサイクルショップで服を売る場合は、ブランドやシーズン、状態をきちんと押さえましょう。また、時間に余裕があるのであれば、アプリやオークションを利用した方が、服は高く売れる可能性があります。これらの3つのポイントをしっかりと押さえて服を売るようにすれば、多少金欠は解消されるでしょう。ぜひ金欠に陥った際は、実践してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム