2017年01月16日(月) 更新

金欠状態で「死ぬかも」と思ったときに試したい対処法

死ぬほど金欠のときは誰かに助けを求める

金欠で死ぬかもと思ったら、一番良いのはやはり誰かに助けを求めることです。しょっちゅう金欠で死ぬかもと思っていて、その都度誰かに助けをこうているのであれば、いずれ誰も助けてくれなくなりますが、基本的には1回くらいであれば誰かしら助けてくれるでしょう。ですから、迷わず友達や親に助けてほしいと伝えてみてください。

死ぬよりは助けを求めた方がまし

金欠でそのまま死ぬよりは、恥を捨てて誰かに助けをこうほうがよほどましです。それに、そこで助けを求めたという恥ずかしさが、これから金欠にならないよう予防するための気持ちにもなるでしょう。そのまま死ぬかもと思いながら自力で乗り越えられたら、死ぬかもと思っても意外と大丈夫だと気が付き、これからも金欠になる可能性が出て来ます。

金欠で死ぬかもと思ったら食事だけでも恵んでもらう

もしかしたら、親や友達、誰に頼ってもお金を貸してくれないかもしれません。お金を貸すのが何よりのタブーとなっている人もいるでしょう。ただその場合でも、食べ物だけは恵んでもらえないか聞いてみるべきです。お金は貸してくれなくても食べ物くらいであれば、だいたいの人が恵んでくれるはずです。食べ物さえ恵んでもらえれば、金欠で死ぬかもと思うことはなくなるでしょう。

金欠で死ぬかもと思うのは空腹のため

金欠で死ぬかもと思うのは、だいたいの人が空腹のためでしょう。空腹だからこそ死ぬかもしれないと命の危険を感じるのです。つまり、空腹さえまわりの人の助けで満たせたら、金欠が解消されずとも死ぬかもと思うことなくやっていけるでしょう。お金を借りるのに抵抗がある人は、最初から事情を話してご飯を恵んでもらうのが良いかもしれません。

金欠で死ぬ前に売れるものは全て売る

金欠で死ぬかもと思って、かつ頼れる人も誰もいないのであれば、売れるものは全て売るというのが効果的です。売れるものを全て売れば、ある程度のお金にはなるでしょう。そして金欠が解消されるので、まず間違いなく死ぬかもと思うことはなくなっていきます。必要最低限の服などを残して、あとは服やバッグ、時計、CD、漫画、本等、売れるものは全て売りましょう。

全て売ることがポイント

売れるものは全て売ってしまうというのがポイントです。全て売ることによって、「万が一また金欠で死ぬかもと思ったらこうすれば良いや」という考えが無くなっていきます。もう売れるものが何もない状態、つまり次はないということになります。次がないのですから、これからは死ぬ気で金欠予防をしていけるようになるでしょう。

金欠で死ぬかもと思ったら誰かに食事を恵んでもらい売れる物を売って対処しよう

以上、金欠で死ぬかもと思う時の対処方法のご紹介でした。金欠で死ぬかもと思う時の対処方法として大切なのは、もう二度とそういう状態にならないようにしようと決意出来るようにすることです。ここで紹介してきた対策は、どれもそういう方法なので、今後金欠で死ぬかもと思うことはなくなるでしょう。金欠で死にそうなときは、ぜひ試してみてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム