2017年01月16日(月) 更新

金欠にならないために!一人暮らしするなら知っておくべき対策法3つ

一人暮らしの金欠対策①:電気代を抑える

一人暮らしで意外と必要になるのが光熱費ですが、中でも一番かかりがちなのが、電気代でしょう。日本の夏は身体を壊してしまうくらいに暑いものです。そのため、夏にはエアコンをフル稼働させる人もいます。ですから、電気代がすごく高くつくときがあるでしょう。それは、一人暮らしの方が金欠になる原因になります。

コンセントを抜くなどして節約する

では、どうしたら電気代を予防できるでしょうか。まず大切なのは、使わないコンセントは抜いて、定期的にかかる無駄な電気代を減らすこと。もうひとつ大切なのは、冷房や暖房はなるべく使わず、耐えきれない時には別の環境の良いところに避難するという事です。耐えきれないくらい程に暑くなるのも、せいぜい1ヶ月程度ですから、その間の日中などは友達の家などに出かけるようにすると良いでしょう。すると一人暮らしの電気代による金欠を防げます。

一人暮らしの金欠対策②:食費を抑える

一人暮らしの金欠を生む原因として次に多いのが、食費です。自炊をしようと思って、ついつい使いもしない食材を買い過ぎてしまって、結局捨ててしまうというようなケースが多くなってしまうのが一人暮らしです。それはだれの目にも明らかに無駄になり、金欠の原因になってしまうでしょう。一人暮らしの食材は、あまり量を買わないようにするのが大切です。

冷蔵庫にたくさん入れると電気代も高くなる

そもそも冷蔵庫にパンパンになるくらいに食材を入れると、それだけで電気代が高くなります。ですので、食費の無駄という面から見ても、電気代という面から見ても、食材はパンパンになる程に買いこまない方が良いでしょう。だいたい冷蔵庫の70%くらいになるようにし、なくなった時に買いに行くというのが、一人暮らしの金欠予防策です。

一人暮らしの金欠対策③:親に相談する

では、そうして予防していたとしても、一人暮らしの生活の中でどうしても金欠になってしまったとしたら、どうしたらよいでしょうか。金欠になってどうしようもなくなってしまったら、まずは親に相談するのが最善です。金欠解決のために色々と一人で出来ることもありますが、一人暮らしの人は、まず親に相談するのが一番だと言えるでしょう。

寂しさを理由に手助けしてくれる可能性もある

一人暮らしをする方は、親元を離れています。ですので、親からしても少しさみしいところはあるでしょう。そんな中、金欠でどうしても困っていると言われれば、多少は助けたくなるのが親というものです。ですので、一度親を頼ってみるのも良いでしょう。お金の援助はなくとも、最低限食事くらいは手助けしてくれる可能性は高いです。

一人暮らしでの金欠対策には電気代・食費の節約や親の手助けに頼るなどがある

一人暮らしするなら知っておくべき金欠対策法を見ていきました。一人暮らしで金欠を防ぎたいのであれば、とにかく電気代と食費に注意しましょう。無駄な出費はまずここにあります。そうした注意の中、万が一金欠になってしまったら、親に相談しましょう。困ったときにはあなたを助けてくれます。一人暮らしの際は計画的に生活して、金欠にならないよう気をつけてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム