2016年11月29日(火) 更新

金欠に陥りやすい学生に共通する理由3つとその対策

学生が金欠になりやすい理由①:アルバイトの時間がとりにくい

学生の収入は、保護者からのお小遣いと、アルバイトで稼いだお金で占められているのがほとんどですよね。金欠状態に陥りやすい学生の特徴として、授業の予定が過密だったり、頻繁に実習や研修が入ったりして、なかなかアルバイトができず、結果的に収入が少なくなってしまうという理由があります。金欠になりやすいが学生は授業のスケジュールを見直して、収入が得られる時間を作りたいですね。

単発のバイトや在宅ワークがおすすめ

金欠だといっても、アルバイトがしにくい学生はいますよね。授業のスケジュールが過密だったり、不規則に実習や研究の日程が入ったり、課題がたくさん出されたりすると、アルバイトをして収入を得るのは難しいです。そのため、金欠になってしまいます。金欠に陥りやすい学生は、効率よく稼げる単発のアルバイトや、派遣の仕事などをしてみると良いでしょう。また、在宅ワークも負担を少なく働きやすいアルバイトの1つです。金欠になりやすい学生は、こういったアルバイトをしてみましょう。

学生が金欠になりやすい理由②:飲み会の出費

学生が金欠になりやすい理由には、飲み会がトップランキングに入ってくる場合が多いです。1回ずつの料金自体は、格安の居酒屋や飲み放題プランなどを利用しているため、出費は大きく見えないのですが、2次会や3次会と長く付き合えばそれだけ出費も増え、結果的に金欠に繋がってしまうケースとしては珍しくありません。また、コミュニティごとの飲み会も重なれば学生が金欠に陥りやすい理由になるでしょう。

回数を絞って場所を工夫するのが大切

学生が金欠になりやすい飲み会は、全体の回数を抑え、料金を計算して参加するようにするのがおすすめです。二次会までしか参加しない、夜通しで料金が高くなるお店は避ける、自宅で持ちより形式の飲み会を行うなどの対策をすれば、飲み会にかかる費用をかなり抑えられるでしょう。また、ゼミや研究室など、重要度が高いところほど優先するようにするのも時には大切です。

学生が金欠になりやすい理由③:食費

一人暮らしをしている学生は、特に「食費」が家計にとって痛手となっているケースは多いです。実家暮らしの学生であっても、自宅で食事をとる回数が少なかったり、弁当ではなく外食を利用する回数が多くなっていたりすると、やはり食費がかさんでいくでしょう。ファミレスやチェーンの格安店などを使用していても、やはり外食は高くつきやすいですし、コンビニをはじめとした買い食いも、降り積もっていけば当然金欠の理由になる可能性はあるのです。それだけ、「誰かが作った食事」には値段がかかります。

自炊や自宅食を増やして対策する

学生で金欠になりやすい人は、自炊を出来るだけ増やしましょう。1人暮らしの学生は、安い食材を探して、手間をかけるようにするだけで、食費をかなり節約できるでしょう。実家暮らしの学生は、自宅で食べる時間を増やすのがおすすめです。買ってきたお弁当を自宅で食べるより、食材からそろえた方がかなり安上がりにすることが出来ますよ。

学生が金欠に陥る理由はバイトができない・飲み会・食費であり単発の仕事や節約が対策として必要

学生は、どうしても金欠になりやすいです。スケジュールが安定しないことも多いですし、社会人のような収入を得ることは難しいといえます。遊びや飲み会などの出費は抑えなくてはいけませんが、やはり心から楽しみたいこともあるでしょう。収支のバランスをうまくとって、メリハリをつけた生活をするように心がけるだけで、金欠はかなり改善していくことが出来ますよ。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム