2018年10月19日(金) 更新

ボーナスの良い会社ランキング50と支給額が多い人の特徴

ボーナスはどうやって決まっているのか!?

では、まずボーナスが多い人の特徴を考えていく前に、そもそものボーナスの考え方に関して調べてみました。

ボーナスは法律で決まっていることではないということ

まず、抑えておいて欲しいところがこの賞与の考え方なのですが、賞与は給料とは違います。
給料は最低賃金があるなど、法律のもと決められていたりしますが、賞与などのボーナスは基本に支払う義務はないということを理解しておきましょう。

ボーナスは会社の業績に応じて支払われているのが大半

では、ボーナスはなぜ支払われているのかということですが、会社の業績に応じて支払われています。大手企業なんかにボーナスが多いのは会社の売上がいいからです。
基本的にボーナスは義務を負わないものになりますので、会社側の判断で支給されるものなのです。支払う理由としては、社員のモチベーションを高い水準で保ち、ボーナスを支給することで会社の売り上げが上がるという見込みのもと支払っているということをしっかり理解しておきましょう。

ボーナスが良い企業とは!?

ボーナスは業績のいい会社が支給するということはお分かり頂けたかと思います。では、実際にどんな企業がボーナス支給額が高いのでしょうか!?そこに関してランキングもありましたので見ていきましょう。

会社別2014年夏のボーナス支給額ランキング

あるサイトでの夏ボーナス支給額のランキング紹介では…

会社別2014年夏のボーナス支給額ランキング

1 積水ハウス
2 トヨタ自動車
3 大塚商会
4 セイコーエプソン
5 日本海洋掘削
6 TOTO
7 セリア
8 デンソー
9 藤井産業
10 SMK
11 ホンダ
12 ニコン
13 クボタ
14 スター精密
15 オムロン
16 日産自動車
17 科研製薬
18 スズケン
19 アサヒビール
20 オリンパス
21 武田薬品工業
22 マキタ
23 キリンビール
24 アンリツ
25 大垣共立銀行
26 ワキタ
27 シスメックス
28 三浦工業
29 CKサンエツ
30 小津産業
31 コンドーテック
32 東京応化工業
33 安川電機
34 ブラザー工業
35 いすゞ自動車
36 日本航空電子工業
37 トヨタ車体
38 アステラス製薬
39 カシオ計算機
40 ミネベア
41 豊田自動織機
42 東海旅客鉄道
43 キヤノン
44 YKK
45 日産化学工業
46 椿本チエイン
47 富士フイルム
48 住友金属鉱山
49 キッコーマン
50 川崎重工業

ランキングからボーナスは、企業の売り上げに起因しているがわかる

上記のランキングを見てみると、製造業などが多いことが分かると思います。特に自動車関連の企業が多いようです。また、ランキング一位になっている不動産業も支給額が高いです。
円安の影響で輸出産業である自動車メーカーが業績を伸ばしていたり、増税前や金融などに政治改革の動きで、不動産業も業績を伸ばしています。
ランキングを見てもわかるように、ボーナスは、企業の売り上げに起因していることがわかると思います。その逆で電気やガス会社などの公共事業や飲食業などは、
不景気の煽りを受けてボーナス支給なしという企業もあります。

ランクインしている企業で勤めるには

上記で紹介したボーナス支給ランキング上位の企業に勤める一つの方法に、転職があります。しかし、ランキング上位の企業はどこも大手で、転職が成功するかどうか不安ですよね。「せめて合格可能性が分かればな.....」と思いませんか?

そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

では、ボーナスの多い人の特徴とは…

あなたの周りには、世間の景況感に関わらず給料(給与)が上がっている同僚はいませんか?
自分なりに頑張って高い業績を上げても、給与が上がらない人と上がる人に分かれてしまうのは疑問ですよね。
では、実際にどんな人がボーナスが多いのでしょうか!?そこの気になるところを調べてみましたので、見ていきましょう。

給料が上がる人は仕事で評価されている

では、給与の増える人は、そうでない人とで比べた場合に、仕事で評価されているというところが決定的に違います。
営業職ならば獲得件数や売上額であったり分かりやすいと思います。その他、マネジメントやリーダー、ディレクションを任されたなど重要な責任ある役職を任されたりします。その評価は、意欲であったり仕事に対しての取り組み方や実績などがあります。そもそも、ボーナスは給与の何か月分というように、給与に既存します。給与は会社が社員に対して今後期待する評価でもあるので、未来があると判断した社員は給与が高いのです。

ボーナスは部長などの役職のある上司の評価で大きく変わる!!

では、会社への貢献を評価するのは誰なのかということですが、それはもちろん、仕事場の各リーダーや役職がある人だということになります。自分よりも上の立場の人が査定をします。
もちろん上司も自分の業務をしながら部下の仕事っぷりを見ている訳です。ですが、正直なところ本当にすべてを見渡せている上司は世の中にどれだけいるのでしょうか!?
そう考えると、上司も人ですから好き嫌いにより評価をするなんてことは珍しくありません。
つまり、ボーナスが多い人というのは、その会社の中で評価が高いというのが前提なのです。おのずと上司にも気に入られているということも重要な要素になります。

ボーナスの良い会社と支給額が多い人の特徴は仕事で評価をされている

ボーナスが多い人の特徴としてはやはり仕事に前向きで仕事がよくできる人と言えるでしょう。
上司も頑張ってくれた人には多く払ってあげたいと思っているはずです。また、ボーナスが多い人は会社の評価も高い人でもありますので、評価をする人との人間関係もとても重要です。
そもそもビジネスシーンにおいて、人間関係つまり人付き合いは大事なものです。
むしろ仕事は卒なくこなして当たり前なのです。評価をされるにはプラスの何かが必要なのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム