2017年01月16日(月) 更新

ご祝儀が払えない!結婚式で困った時の対処方法

ご祝儀が払えない時の対処法①:正直に伝えて後日渡す

結婚式のご祝儀が払えない時には、正直に伝えて後日渡すというのが適切と言えるでしょう。ご祝儀が払えないという状況を正直に伝えて、後日適切な金額なご祝儀を渡すという方法であれば、最低限の誠意は見せることができます。後でお金も渡せるので、結婚式のタイミングでご祝儀が払えなくても、問題は少ないと言えます。

その時払える分だけは持って行く

ただ、それでもまったくご祝儀を包まないで結婚式に行くというのは避けた方が良いでしょう。結婚式に行くのであれば、たとえご祝儀が払えないのだとしても、払えないなりの金額をご祝儀として包んで贈るべきなのです。そのうえで後日またご祝儀を渡します。結果的に金額が高くなることもありますが、このタイミングで払えない利子だと思えば良いでしょう。

ご祝儀が払えない時の対処法②:借りる

ご祝儀が払えない時には、友達や親に借りるという人も多いです。結婚式というめでたい場面ですから、友達や親に話しても貸してくれる可能性は高いですし、消費者金融などに借りるよりも安心でしょう。ご祝儀が払えないときには、周囲の信頼できる人は、大変うれしい存在です。

借りるお金の相場は3万円

では、友達や親にお金を借りて、払えないご祝儀を賄う際には、どのくらいの金額を借りる人が多いのでしょうか?借りる金額として多いのは、3万円です。ご祝儀の分をきっかりそのまま借りるという方が多いです。もし借りるのであれば、当然すみやかに3万円返すということも忘れないようにしておきたいですね。

ご祝儀は払えない時の対処法③:払える金額+プレゼントを渡す

ご祝儀がどうしても払えないという場合は、ご祝儀を払える分だけ払い、残りの差額の分はプレゼントで賄うという方法もあります。その際のプレゼントは、クレジットカードなどでも買えるので、今現在ご祝儀が払えないくらいの経済状況であったとしても、きちんとプレゼントを用意出来るでしょう。

プレゼントを渡す際には理由も伝えよう

プレゼントは手渡しで渡すことが多いでしょう。ですから、それを渡す際にはそのプレゼントを渡す理由、つまりご祝儀が少額である理由をきちんと伝えるようにして下さい。ご祝儀が払えないからそうなっているという、理由をきちんと伝えないで、プレゼント+ご祝儀少額という状況だったら、これはどういうことだ?と混乱してしまう場合が多いでしょう。

ご祝儀が払えない時は「伝えて後日渡す・借りる・所持金額+プレゼント」で対処しよう

結婚式のご祝儀が払えない時の対処方法のご紹介でした。結婚式のご祝儀が払えない時には、理由をきちんと伝えて後日渡すか、借金をして補うか、出来る限りのご祝儀+クレジットカードで買ったプレゼントでカバーするか、これらの3つの方法が適切です。自分にあった方法、あるいは自分でもできそうな方法でご祝儀が払えない状況を攻略して、是非結婚式には出席してあげてください。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム