2017年01月16日(月) 更新

住宅ローンを滞納しそうな時の対処法

滞納になる可能性はいつでもある

憧れのマイホームを購入に至った時、一生に一度の買い物だから妥協はしたくないと、将来の賃金アップを期待してローンを組んでしまうものです。予定通り昇給できるのが望ましいですが、そう上手くいかない場合もあります。予期せぬ事態により働けなくなり、十分な給与を得られないケースも考えられるでしょう。そうなると生活するだけで精一杯となり、住宅ローンの支払いまで手が回らず、滞納となっていきます。

住宅ローンを滞納し続けると催促された後に競売にかけられる

住宅ローンを支払えないからと言って、滞納し続けていると、最初のうちは通知という形で郵便物が届くようになり支払いを促されます。その後も支払いを行わない場合には、あなたのマイホームが競売にかけられます。競売はいわば買いたたかれている状況で、全くメリットがなく住宅を手放さざるを得ないことです。

滞納が今だけなのか続くのかを見極める

マイホームを手放せばもう一生マイホームは手に入れることができない、そんな思いから売却をためらう場合があります。住宅ローンを滞納してしまう事態に陥った家計の状況は今だけなのか、それとも今後も続くのかを見極める必要があります。売却も選択肢の1つですが、マイホームを守るのもできることなら叶えたいものです。では、次から対処法を見ていきましょう。

滞納前にすべき対処法①:借り換えの検討

折角手に入れたマイホームを、何とか維持するためにもまず考えてほしい対処法が、住宅ローンの借り換えです。住宅ローンを借りた時期によって住宅ローンの金利は様々です。住宅ローンの借り換えを行うことにより、月々の返済金額の見直しや金利の見直しをすることが可能です。滞納を繰り返してしまうと時すでに遅し、軌道修正できない場合もあり支払いが厳しいと感じたら検討しましょう。

滞納前にすべき対処法②:住宅売却の検討

先述した通り、住宅ローンを滞納してしまうと強制的に競売にかけられます。大変残念ですが、住宅ローンの支払いができないのであれば、競売にかけられる前にこれからの生活の立て直しも視野に入れて、住宅の売却を検討しましょう。競売にかけられるよりも、高額での売却が可能などのメリットがあります。ただし、ローンが残っている住宅の売却は、債権者の合意も必要になりますので覚えておきましょう。

滞納前にすべき対処法③:パートなどで収入を増やす

収入を増やして滞納を防ぐのも、対処法としては無難でしょう。簡単ではありませんが、収入が増えれば住宅ローンの支払いも可能になると考えれば、パートで収入を得る、副業をして収入アップを図るなども検討できます。住宅ローンの滞納が始まると、一攫千金を狙わない限り清算が難しいので、早めの対策が必要です。

住宅ローンを滞納すると競売にかけられる可能性もあるため売却や収入を増やすなどの対策をとる

住宅ローンを滞納しそうな時の対処法について見ていきましょう。住宅ローンを滞納した場合、どんな事態が待ち受けているのかをきちんと理解し、ただ何となく滞納を繰り返してしまい身動きが取れない状態になるのは避けましょう。住宅ローンに充てるお金が足りないかも、と感じたときに家計の見直しや早めの対策を取れば、マイホームを手放さずに済みますし、最悪手放すことになっても賢く手放せるはずです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム