2016年11月29日(火) 更新

クイックレスポンスの意味と今すぐ実践した方がいい理由

クイックレスポンスの本来の意味は製造業における経営方法

クイックレスポンスとは1990年代に広まったとされている言葉であり、かつては製造業などで使われていました。製造業や小売業などにおいては在庫切れを削減したり、値下げの回避、発注から納品までの時間的な対応を短くしたりするために小売業と製造業が戦略的に提携を結ぶことがあります。クイックレスポンスの意味は、それらによって製造から納品までを素早くさせるという経営方法です。

英語の意味は「素早く返信する・受け答えする」

また、英語的に考えるとクイックレスポンスはQuick Responseとなり、素早く返信する、受け応えするなどの意味を指します。そのため、英語学習ではしばしば英語の上達のためにクイックレスポンスが使用されるのです。質問に対する素早い英語のレスポンスで、対応力や会話力を身に付けるのが目的の練習方法です。こちらも、クイックレスポンスと呼ばれています。

クイックレスポンスはコミュニケーションの場で使われる

さらにビジネスの面で考えてみると、クイックレスポンスには他にも多くの意味があります。前述のように、製造業や小売業では製造から販売までを素早くさせる意味も指しますが、アパレル業でも使うものです。衣料品のローコスト化を実現させるために、市場投入時期と生産のスタート時期を近づけるなどの対策を、クイックレスポンスという場合もあります。またよく使われる意味として、ビジネスシーンでのコミュニケーションで人の要望や質問に対する素早い返答があります。

素早い反応は相手への思いやりになる

「素早く返答する」という意味のクイックレスポンスで必要とされているのは、相手への思いやりです。顧客や上司、また部下に対しても質問や相談、要望などに素早く反応することは、ビジネスにおいて非常に大切になります。それによって、相手を気にかけているというアピールになりますし、信頼にもつながるのです。相手を考えたクイックレスポンスは、とても大切な意味を持ちます。

クイックレスポンスは円滑なコミュニケーションの基礎

相手に素早く反応するという意味のクイックレスポンスは、日々浸透しつつあります。以前は、製造業などの一部で使われていたこの言葉も、一般的に浸透してきました。それは、クイックレスポンスが大切であるという認識が、広まってきているからでもあります。相手にとってみると、素早く反応してくれる人というのはとてもありがたいです。予定も立てやすいですし、信頼しやすくなります。ビジネスシーンではコミュニケーションが非常に重要になるので、円滑なコミュニケーションの基礎とも言えるクイックレスポンスが注目されているのです。

素早い反応が日々を快適にする

クイックレスポンスは、相手だけではなく自分にとっても良いことが多いです。例えば仕事において、頭がいっぱいになる時もありますよね。やらなければならない仕事、返信しなければならないメールなどは、できる限りその場でやってしまう必要があります。また、何かに誘われた時に、しばらく答えを保留してしまうと色々と悩んでしまいます。そういう時に、すぐに返信してしまえばスッキリできるのです。クイックレスポンスを心がけると、自分の仕事や悩みも減らせるため、日々を快適に過ごせるようになるのでしょう。

素早い反応を意味するクイックレスポンスは相手への思いやとなり信頼にも繋がる

いかがでしょうか。クイックレスポンスの意味は、本来製造業などで飲み使われる用語でした。今では、素早く相手に反応するという意味で一般的に使われています。クイックレスポンスを心がけることで、相手に信頼されるようになってコミュニケーションの手助けになりますし、自分の仕事や悩みを減らすきっかけにもなります。クイックレスポンスの意味を知って心がけてみるようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム