2017年07月12日(水) 更新

仕事が嫌になるほど憂鬱な理由と“気分を晴らす”行動5選

朝から憂鬱な気持ちで仕事に行きたくない。これは誰にでも訪れる瞬間です。問題は憂鬱な気持ちと向き合い、解消できるかにかかっています。今回は憂鬱になる理由と原因、対処法にできる行動まで紹介します。

そもそも憂鬱の意味って?

「最近、なんだか憂鬱なんだよね」よく聞く言葉ですが、この憂鬱にはどのような意味があるのでしょうか?憂鬱とは「気が晴れない、気がふさぐこと」という意味です。特に仕事に対して憂鬱になる人が多いとされています。人気を博したライトノベル、「涼宮ハルヒの憂鬱」などでお馴染みの言葉ですね。

世界は憂鬱で満ちている

憂鬱な気持ちはいつ何時襲ってくるかわかりません。仕事だけでなくプライベートでも感じる場合があるからです。ふとしたことで気持ちが沈んでしまうキッカケは、そこら中にあると言っても過言ではありません。 つまり、世界は憂鬱で満ち溢れているのです。

仕事始めが憂鬱になる

会社勤めをしている人のほとんどは、仕事始めに憂鬱さを感じるのではないでしょうか?連休後の月曜日やゴールデンウィーク、年末年始などの長期休暇の後です。また職場に行かなくてはならないのかと思うと、気が滅入ってしまいます。

やがては仕事そのものが憂鬱に

最初は休み明けだけだった憂鬱も、次第に仕事そのものへと姿を変えて行きます。仕事に行きたくないからと、毎朝憂鬱な気持ちになっていくのです。最初はちょっとしたミスや周囲とのイザコザも、溜まりに溜まると爆発してしまいます。

仕事で憂鬱になる7つの理由とは?

仕事そのものが憂鬱だと感じる様になると大変です。生活の基盤である仕事が嫌になってしまうと、生きていくのも一苦労です。ここでは、仕事で憂鬱になりやすい理由を7つ集めてみました。きっと共感できると思います。

労働時間が長い

仕事は苦でなくても、拘束時間が長いのは憂鬱なものです。出勤する時間は同じなのに、定時では帰れずに毎日残業を繰り返す。どれだけ頑張っても終わらない作業量の前では、真面目に働くのもバカバカしいと思えてきます。毎日終電で帰宅して夕食は一人寂しくコンビニ弁当。孤独によっても憂鬱さ全開です。

適性の無い部署で働かされている

入社した当時は自分のやりたい仕事ができていたけど、人事異動によって予想外の部署に飛ばされてしまうことがあります。そこが自分の適性と合わない部署ならとても悲惨です。仕事はできない、毎日残業、上司から怒られるなど、憂鬱の3拍子が揃っています。

人間関係が崩壊している

職場で大切なのは仕事内容だけではなく、人間関係も含みます。ギスギスした同僚たちと一緒に仕事をしていては、憂鬱になります。人間関係が悪化する理由は売り上げの低迷やリストラによる人員不足などです。個人単位での負担が増えるため、殺気立った人たちに囲まれながら、憂鬱な日々を過ごさなくてはなりません。

設定された目標値が高すぎる

仕事にはノルマがあります。業種によって異なりますが、売上や生産数などです。そんなノルマの目標値が異常に高かった場合、達成は無理だと憂鬱な気持ちになってしまうでしょう。達成のために無理をして働かなくてはならないという焦燥感にかられ、憂鬱になってしまうのです。

給料が低すぎる

頑張って働いているのに一向に給料が上がらない、これも憂鬱さを引き起こす原因です。生活のため、自己成長のために働いているのに、その結果としての給料が低すぎたのでは、モチベーションも上がりません。遊びに出かけたり、好きなものを買えない悔しさも、憂鬱さを加速させます。

通勤時間が無駄に感じる

日本人の平均通勤時間は片道60分ほどとされています。都市部に勤めている人ほど通勤時間が長くなる傾向にあり、満員電車のストレスによってかなりの苦痛になっています。1日の12分の1を移動に費やしていると思うと、時間の無駄に感じてしまいます。これが憂鬱になる原因です。

社内恋愛の失敗

職場に気になる異性がいる。でも、うまく行かなかった場合は最悪です。特に女性の間ではすぐに噂が広まってしまいます。そのため、多くの女性社員に粉をかけまくった人は、あっという間に危険人物扱い。セクハラおじさんとして、職場で後ろ指を指されるようになってしまいます。これでは出勤するのが憂鬱ですよね。

仕事で憂鬱に感じる瞬間5選【職種別】

では、仕事の職種別に憂鬱だと感じる瞬間を紹介していきます。一見すると楽しくてやりがいがありそうな仕事ばかりですが、現実はきびしいのです。
営業職の憂鬱
営業職は常に成績との闘い。取引先だけなく同僚との売上成績でも競い合わなくてはなりません。常に気を許せない状況が続き、少しでも売上が下がろうものなら厳しいお叱りの言葉が待っています。月の目標さえ達成してしまえば楽ですが、中々そうもいかないところが憂鬱になります。

営業職の憂鬱

事務職から転職して営業職を始めましたが、未経験だとつらいことばかりですね。
元々人と話すのは得意な方だったのですが、それでも最初は緊張します。新規開拓の場合は特に気を使ってしまいますね。
慣れない頃は毎日憂鬱な気持ちで出社していました。

カウンセラーの憂鬱

本当に疲れてしまった人の相談に乗るカウンセラー。人々の心を救う役割を持った大切な仕事です。ですが、ここにも憂鬱になる瞬間があります。訪れた人の苦しい、つらいという話を聞いている内に、自分まで落ち込んでしまう人もいます。人の心の痛みに敏感過ぎてしまうと、憂鬱さを感じずにはいられない仕事なのです。

カウンセラーの憂鬱

私は友人の相談に乗るのが好きで、この仕事が天職だと思って始めました。しかし、毎日患者さんの相談を親身になって聞いている内に、私の方までつらいと思うようになってしまったんです。自分の中できちんと割り切れるようになるまでは、毎朝が憂鬱でしたね。

エンジニアの憂鬱

ものづくり大国である日本製品を支えるエンジニア。裏方で活躍するこの仕事にも、憂鬱に感じる瞬間がかなりあります。機械系のエンジニアの場合は重労働で、体力勝負な側面があるからです。IT系のシステムエンジニアの場合は、決められた納期までに泊まり込みで作業を続けねばなりません。いくら好きなことを仕事にしているとはいえ、憂鬱に感じるのは仕方ないのかもしれませんね。

エンジニアの憂鬱

私は自動車の整備をしていますが、結構な重労働です。夏場は暑いですしね。それに、自動車の技術は日々進歩し続けているので、働きながら勉強しなくてはいけません。
いつか、ついていけなくなるのではないかと思うと、憂鬱になりますよ。

インタビュアーの憂鬱

インタビュアーとは、取材を行うテレビや新聞、雑誌の記者のことです。政治家や芸能人、一般人に至るまで多くの人に取材を行います。そんなインタビュアーが憂鬱に感じるのは、相手が思ったような答えをくれないときです。聴き出すスキルが必要とされ、相手によっても変えなければなりません。

インタビュアーの憂鬱

相手の本心を聴き出すスキルを磨いてきたつもりですが、時々それが通用しない方もいらっしゃいます。
それと、気難しい人。このタイプと当たったときも憂鬱ですね。相当気を使いながらの取材になってしまいますから。

マジシャンの憂鬱

イベントなどで活躍する手品師であるマジシャンも、憂鬱なときがあります。それは自分のネタが受けなかったときと、勝手に種明かしされてしまったときです。せっかく考え抜いて編み出したマジックをいとも簡単に見抜かれたのでは、悲しくなってしまいます。

マジシャンの憂鬱

私は結婚式やショッピングモールのイベントで仕事をしているのですが、まったくウケないときがあるとテンションが下がりますね。
それと種明かしされるのもきついです。最近はネットに書き込まれてしまうことが多いですね。

憂鬱でなければ仕事じゃない?

どんな仕事でも憂鬱と感じる瞬間は必ずあります。好きで始めた仕事なら、きつく感じてしまうのは仕方がありません。それでも、人は働く生き物。憂鬱さを感じなければ仕事ではないのかもしれませんよ。

ある程度の苦しみは覚悟

生活のため、自己実現のため。人が働く理由は十人十色。しかし、生きていくためにある程度の理不尽に耐え抜く必要がある点は変わりがありません。割り切って働くという気持ちを持つことが大事です。

みんな朝の憂鬱を我慢している

働いている人の多くが、毎朝憂鬱な思いをしているはずです。「仕事に行きたくない」「満員電車で痴漢扱いされたくない」といった、それぞれにとっての憂鬱な思いに駆られています。それでも働かなくてはいけないからと、憂鬱な朝を我慢して出勤していくのです。

しかし憂鬱な気分が続くと危険

働くうえでの憂鬱さは想定内。そう考えつつも、気分が晴れない期間が長引くと危険です。休日まで憂鬱な気持ちに支配されるようになったら、うつ病などの精神疾患の恐れも出てきます。
不調を感じるなら一旦立ち止まってみて、自分と向き合ってみましょう。

うつ病の恐れも

毎日気分がすぐれないようであれば、うつ病を患っている可能性があります。 仕事のストレスや過労による体力低下がうつ病をまねくのです。計算がうまくできない、食欲がないなどの自覚があれば、すぐに心療内科を受診してみてくださいね。

早めに診察を受けよう

憂鬱な気持ちを感じて仕事や生活に支障が出始めたら、すぐに医師の診察を受けましょう。治療が必要な場合は早い方がいいですよ。必要なら治療を進めましょう。
そして、憂鬱なのは自分が悪いと思い込んではいけません。仕事に問題があるのなら、そちらの問題を優先して解決していかなくてはなりません。

転職を考える必要も

あまりにも仕事が憂鬱に感じてしまうのなら、環境を変えるために転職する方法もあります。また一から仕事を覚えたり、人間関係を築き直す必要があるものの、憂鬱の原因を取り除かないことには、この先もずっと苦労します。 転職の際はエージェントを利用することで、自分に合った企業を紹介してもらい、慎重に選びましょう。

全社取材済みの会社だけを紹介するエージェントがある

せっかく転職してもまた同じような理由で憂鬱な気持ちが襲ってくるようでは、転職しても意味がありません。その点「就職Shop」なら、紹介される求人は全てスタッフが直接取材済み。何が原因で転職を考えたのか伝えれば、同じ悩みを感じることのない会社を紹介してくれます。

就職Shopについて詳しく調べる

憂鬱な気分を晴らすには行動あるのみ!

毎日を憂鬱な気分で過ごしていると健康体ではいられなくなります。そのため、できるだけ晴れやかな気分で生活する方がいいです。最後に、憂鬱な気分を晴らすために必要な行動を紹介します。憂鬱な気分を吹き飛ばして元気になりましょう!

憂鬱な気分を吹き飛ばすには運動

憂鬱さを吹き飛ばしたい!そう思うならまずは運動です。身体を動かすことで陽気な気分になりましょう!運動が苦手な人でも、軽くジョギングをしたり散歩をするだけでも違ってきます。

チェックポイント

1.ジョギング
2.サッカー
3.野球
4.脱出ゲーム
5.散歩

苦労した経験のある人に相談する

仕事の悩みというのはデリケートな問題です。ブラック企業に勤めている人の苦労は、ホワイト企業の人には理解できません。下手に相談すると喧嘩別れする恐れもあるため、相手を選ぶべきでしょう。 できれば、多くの苦労を経験してきた人に相談するのがベストです。幅広い見識と柔軟な意見によって、憂鬱さの原因を突き止めてくれるかもしれません。

週末に意地でも予定を作る

「平日が憂鬱なら、休日を楽しくすればいいじゃない」、この考えを実行してみてください。休みの日には無理やりにでも予定を組み込んでしまいましょう。友人に声をかけて集まれば会話も弾みます。一人でも買い物に出かけるなど、ストレスを発散できるようにしたいです。

ルーレットで決めた先へ一人旅

旅をすることも、憂鬱な気分を晴らす効果的な方法です。近場のスポットを回り切ってしまったなら、次は運任せで行き先を決めてみてはいかがでしょう?
ルーレットやダーツで行き先を決めるなど、予測不可能な目的地を目指すのもいいです。自分の知らない土地の自然や文化を知り、憂鬱という当たり前の風景に上書きできるといいです。

爆音で叫ぶ

大きな声を出すのも憂鬱を解消するのに向いています。しかしこのご時世、大音量を鳴らそうものなら即、通報されてしまうでしょう。そこで、おすすめはライブです。好きなアーティストの曲で盛り上がりながら、叫びまくってください。 また、場所や作品は限られるものの、爆音上映を行う映画館もあります。お気に入りの作品を他のファンたちと鑑賞しながら、盛り上がる場面で叫びまくってください。

注意点

  • 1. 突発性難聴になる
  • 2. 叫びすぎて声をからしてしまう
  • ただし、爆音による突発性難聴にだけはお気を付けください。

仕事が憂鬱なときは割り切りながらも気分を晴らしていこう

誰にだって仕事に行くのが憂鬱な日はあります。それは特殊なことではなく、当たり前です。そのため、割り切って週末の楽しみを見つけるなど、気が晴れる方法を見つけてください。どうしてもきつければ、環境を変えてしまうのも手段の1つとして覚えておいてください。

合わせて読みたい!

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム