2016年11月29日(火) 更新

零細企業に勤める人が気になる年収事情

零細企業は一般的な平均年収よりも水準が低い

大手企業であれば平均年収は500~600万円と言われていますが、中小企業や零細企業といったあたりではそれよりも低くなっているのは事実です。特に零細企業ともなれば、ボーナスが安定して支給できない場合も考えられるので、年収は低いというよりも、不安定という言葉の方がしっくりくるのではないでしょうか。

不安定な年収に加えて福利厚生が整備されていない場合も多い

零細企業では月給水準が低く、またボーナス支給も不安定なので、平均年収よりも明らかに低くなっているのが分かります。加えて、零細企業では福利厚生の面でも充実していないことが多く、有給休暇や社会保険完備といったような基本的な内容しか整えていない場合が多くなっているようです。さらに、有給休暇は与えられるものの、取得できない問題もあり、労働者は心身ともに疲弊してしまいます。

零細企業は評価を得やすい環境なので努力次第で高年収を得られる

零細企業に勤めているからと言って、必ずしも低い年収のままのわけではありません。零細企業では、会社からの評価を得やすい環境にあるので、著しい成長や業績を収めることによって、昇給やボーナスに反映されます。さらに、役職の付与なども相まって一気に平均年収に到達する場合もあるので、本人の努力次第で年収を上げるのは可能と言えます。

残業代の支給も加味すれば月給は十分なものになる

残業代の支給が行われている零細企業であれば、月ベースで行けば手取り30万円は十分に射程圏内と言えます。また休日出勤も珍しくないので、各種手当が充実している零細企業に勤務していると、長時間労働によって十分な年収を獲得できるでしょう。ただし、身体的に負担が大きいので、高年収を得る結果になろうとも、前向きなれないのがほとんどかもしれません。

零細企業の経営者の年収は平均以下がほとんど

零細企業に勤める従業員の年収は、世間一般の数字よりも低いのは明らかです。では、経営者の年収は一体どうなっているのでしょうか。社長や役員の平均年収は4,000万円前後と言われていますが、中小企業ではその半分ほどが相場となっているようです。そのため、零細企業の社長の年収も平均以下の数字となっています。

責任の大きい社長クラスの年収としては少なすぎる

会社規模は異なっても、経営の責任全てを背負っているのは社長です。年収が1,500~2,000万円という数字は、一見すれば大きいように見えますが、倒産した場合には巨額の負債を一挙に背負うことになります。負債額にもよりますが、リスクとは不相応と考えられ、零細企業の社長でも少ない年収なのではないかと言えます。抱えているもの従業員とは比べ物にならないほど多きものであるので、もっと年収を上げてもいいと考えられるでしょう。

零細企業の年収は一般的に少ないのが現状だが評価を得やすい環境なので努力次第でアップできる

従業員数が少ない零細企業ですが、平均年収は世間一般のものよりも少ない数字となっています。そのため年収面で不満を抱えがちですが、経営の責任を一挙に担う社長の年収も同様に少なくなっています。労働時間や手当の具合では不釣り合いと感じるケースもありますが、社長も同様の環境で経営の指揮を執っているので、条件は同じと言えます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム