2018年09月26日(水) 更新

仮病で休みたいときに使える欠勤理由3選~消化器系の体調不良~

仮病で休みたいときの心構え・心得とは?

仮病という行為は、とても緻密な計算の上で成り立っています。そう簡単にみんなにばれることなく仮病を使いこなすには、それなりの仮病への心構えや心得が必要です。胃炎、腸炎、急性胃腸炎などの消化器系の体調不良を説明する前に、仮病をする時の心構え・心得を見ていきましょう。

仮病を使ってまで休みたいのは自分に合っていないからかも

仮病を使ってまで会社を休みたいのは、その会社自体が自分に合っていないからかもしれません。仕事内容や人間関係など様々な要因が考えられます。心当たりがある人は、転職を視野に入れるのも一つの手です。

しかし、いきなり転職なんてリスクが高いですよね。そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください!

仮病として使える消化器系の体調不良

仮病の心構えと心得を説明しました。では実際に、仮病として使える本人しかわからない消化器系の胃炎、腸炎などの病気はどういったものなのでしょうか。仮病だとばれにくい消化器系の胃炎、腸炎を調べてみましたので、見ていきましょう。

仮病に使える消化器系の体調不良:急性胃腸炎

仮病だとばれにくい消化器系の病気は胃炎・腸炎です。急性胃腸炎ともいいます。
急性胃腸炎は我慢して仕事が出来るレベルじゃありません。
急性胃腸炎はその名の通り、突然来るために信憑性も非常に高いです。急性胃腸炎になった場合は、本当にトイレから出れなくてきつかったというような演技をしなければいけませんし、顔色もとても悪いように振る舞っていかなければいけません。

仮病に使える消化器系の体調不良:胃腸風邪

次に仮病だとばれにくい消化器系の病気は胃腸風邪です。
仮病の連絡する際は「胃炎・腸炎みたいで吐き気と下痢がひどすぎて、昨日は結局、家から出られませんでした。今日は頑張って病院に行って、点滴だけでもしたいのですが、まだ病院に行くのも難しいかもしれません。胃腸風邪だと思うのですが、申し訳ございません。」
これでしばらくは休めます。

仮病に使える消化器系の体調不良:食中毒

最後に、仮病だとばれにくい消化器系の病気は食中毒です。
食中毒を1度経験したことのある人にとって食中毒は、本当に死ぬかと思うくらい痛くて苦しいものです。それほど食中毒はとにかく痛いものです。こういう食中毒の症状も仮病に使えます。

仮病で休む時は、きちんと胃炎・腸炎などの体調不良を伝えよう

仮病の心構えと心得、そして仮病がバレない胃炎や腸炎などの消化器系の体調不良は参考になりましたでしょうか。お分かり頂いていると思いますが、仮病という手段は、基本的にはダメな行為ですので、ばれてしまった時にはそれなりのリスクがあるということも念頭においておく必要もあると思います。
急性胃腸炎の場合は、一週間程度休む必要があるため、3日以上休みたい時などに使えますが、それなりの覚悟も必要となります。注意しましょう。

関連コラム