2017年08月04日(金) 更新

【仮病で会社を休みたい】「ほぼバレない」欠勤理由と病状をご紹介

会社を休む理由・サボる言い訳とは?

朝起きると何かやる気が出ない。仮病で会社を休みたいと思った時はありませんか?
今回は、仮病で会社を休みたいときの欠勤連絡のときに、使える理由や病状などについてみてきます。不自然にならない、会社を休む理由・サボる言い訳とはいったいなんでしょうか。会社をサボっていることをばれないのが大前提です。しかしながら、本来あまりほめられた行為ではありませんが、本当につらくてどうしようもない時、仮病によって、少し心と体にやすらぎを与えることができるならば、考えてもいいのではないでしょうか。

他人から症状が把握しづらく回復が早い仮病

仮病が会社を休む理由にするなら病名にも注意が必要です。会社を急に休む理由は他人から症状が把握しづらいものにし、また一日休む・サボるだけで回復する病名を選びましょう。翌日を考えずにずる休みを満喫できます。

役所の手続きや本人立ち合いが必要な手続き

不自然にならない会社を休む理由・言い訳の二つ目は役所の手続きや本人立ち合いが必要な手続きがおススメ。 言い訳として、手続きに時間がかかり、また立ち合いも何時に来るか不明のため、どうしても欠勤しなくてはならない旨を伝えましょう。

会社を休む際に適していない仮病とその理由とは?

不自然にならない会社を休む理由についてみてきましたが、いかがでしたか?
その二点の理由を踏まえて、会社を休む際に適していない仮病とその理由とは一体なんでしょうか。当日、急に休む理由を考える必要ないようにしましょう。

「風邪」は仮病の定番のためNG

仮病で会社を休むというと、おそらく多くの人が「風邪」をイメージするのではないでしょうか。
「風邪をひいてしまいまして」という欠勤連絡を上司にする場合は、確かに「定番」という感じがします。しかし、実はこの理由での欠席はNGです。

欠勤連絡の際に演技が必要になる仮病は避ける

仮病で会社を休む時の欠勤連絡は大変めんどうですし、つい演技をし忘れて仮病がバレがち。
それでなくてもおそらく上司は、「会社を休みたいだけで仮病だろう」と考えているでしょうから、欠勤連絡の際に演技が必要になる仮病は避けましょう。

一日休むだけで完治する病気も向かない

一日休養するだけで完治する病気も仮病に向きません。なぜなら、風邪や腰痛、急性胃腸炎などを理由に欠勤した翌日、会社では「一日休みだけど、まだ治っていない仮病」の演技をしなくてはいけなくなるからです。 翌日に、マスクをするような事態になります。また急性胃腸炎だと、食事などに配慮しなければなりません。

オススメの仮病は「頭痛」と「腹痛」

仮病を使った欠勤理由でオススメなのは「頭痛」と「腹痛」。
風邪や腰痛と違い、この2つは一日で容態が改善しても不自然ではありません。また、外見からはその症状がわからない病気なので、翌日出勤したときに余計な演技の必要ありません。

「頭痛」は自覚症状のみのためバレにくい

「頭痛」の症状が本人にしかわかりません。「頭痛」がひどくて動けないは自然な欠勤理由になります。また、電話で欠勤連絡する際も頭痛なら、そこまで演技をしなくても症状は伝えられるので、仮病に向いています。

男性の場合「頭痛ぐらいで休むな!」と思われてしまうかも

ただし、男性が「頭痛」を理由にすると、上司から「頭痛ぐらいで休むな」と思われてしまう可能性があります。ですから、女性限定の仮病と考えたほうがいいでしょう。普段から「私、頭痛持ちなんです」と話しておけばいざというとき使えますのでおすすめです。

「腹痛」も翌出勤日の演技が必要ない

会社を休む仮病としてもっとも使いやすいのは腹痛。 「未明から急に激しい腹痛が起きました。下痢の症状も出て、これから病院へ行ってきます」という説明をすれば、リアリティが出ます。腹痛は誰にでも日常的に起こるので「説得力」があります。

「発熱」と「倦怠感」もオススメの仮病

頭痛、腹痛と並んで使いやすい仮病に「発熱」「倦怠感」があります。
どちらも使いにくそうに見えて、実は上手な仮病理由になるのです。どうしても会社を休みたいときは使いましょう。

「原因不明」の発熱は仮病で使いやすい

「発熱」も実はオススメの仮病の症状です。「朝起きたら顔が真っ赤なので、熱を計ってみたら38度あるんです」という説明をしましょう。「風邪の症状はまったくない」と付け加えるのがポイントです。
そして「原因不明」ということにしておけばいいのです。翌日、「病院でも、原因はよくわからない、と言われてしまいました。知恵熱みたいなものかもしれません。お騒がせしました。すっかり熱は下がりました」と話せば問題はありません。

「倦怠感」はとにかくひどいと大げさに

オススメの仮病理由の最後は「ひどい倦怠感」です。ただ「なんだか体がだるいので」では、欠勤の理由として通用しません。 ですから「とにかくひどい倦怠感で、立っているのもやっとな位なんです。以前、友人が肝炎になったとき、そんな症状だったという話を聞いたことがあります。心配なので、病院へ行ってきます」と説明すれば、かなり説得力が増します。肝炎でそういう症状が現れるのは、本当の話です。

仮病を使いたくなる理由を考えよう

また、そもそもの話になりますが、なぜ仮病を使いたいと思うのか、どれくらいの頻度で仮病を使いたいと思うのかを考えてみることも大事です。どうしてもやりたくない社内行事がある、時々無性に休みたくなるというならまだしも、定期的に仮病を使いたいと思うようなら会社が合っていない可能性も。辛いからすぐに辞めるのが正解とは言えませんが、限界を超えてまで我慢する必要はありません。
「ハタラクティブ」はキャリアアップを目指すというよりも未経験からの挑戦や、リタイアしてしまった人の再チャレンジを支援するといった色合いが強い転職支援サービスです。これらのサービスを利用してエージェントに相談するだけでも解決の糸口が見えるかもしれません。実際に転職するかどうかは別として、頻繁に仮病を使いたくなるようなら一度相談してみるのもオススメですよ。

会社へ欠勤連絡する際の注意点

最後に、会社を休むための当日欠勤連絡方法について見ていきます。どんな仮病でも、会社を休む場合には欠勤連絡をする必要があるので、押えておきましょう。

欠勤連絡はメールと電話を入れて誠実さをアピール

当日欠勤連絡として「体調がすぐれず、今日はお休みさせていただきたいと思います。出勤されたころにお電話いたします」という内容でメールを送りましょう。メールと電話によって欠勤についての誠実さ・申し訳なさのアピールにつながります。

上司の出勤のタイミングに合わせて電話連絡

欠勤連絡のメールは休むと決めたらすぐに送ります。そして、欠勤の電話連絡は上司が出勤したであろうタイミングを狙います。「今日は仮病を使って会社を休もう」と考えたら、その連絡を必ず朝一番で上司にするようにしましょう。

電話するのも辛いという気持ちを前面に出す

ばれない仮病。計算されつくした電話連絡のタイミングによって、自信をもって電話してはいけません。 あくまで、欠勤連絡の電話ですら辛いという気持ちを出すのが重要です。「なんだ、元気そうじゃないか」と上司に言われた計画が失敗に終わってしまいます。

会社を休む理由が仮病の場合は一日で治る自覚症状しかない病気を選ぶ

仮病で会社を休みたいときの当日欠勤連絡方法についてまとめてみましたが、上司が「自分がストレスを与えすぎたかな?」と思ってしまう様な症状を使うのありです。
そうすると、自分が言い過ぎたかもしれないなと反省する事もあり、結果あまり無理に次の日に会社に来るなどを強制することもないでしょう。会社をサボるというのは、リスクを伴います。当日、会社を休む理由や言い訳をあれこれ考えるよりも、計画的に有休で休むのも一つの手です。

仮病で休むなら頭痛か腹痛!「嘘」はよくないことを念頭においておく

仮病を使って会社を休みたいときの当日欠勤連絡方法についてまとめてみましたが、仕事は複数の人間で行うという性質上、職場・チームの関係性は非常に重要です。仮病という嘘は、自分の心に引っかかる違和感になってしまうかもしれません。 もちろん休みたい、と思うときもあるかと思いますが、その時は仕事の進捗や上司・同僚との関係性がうまくいっていないということが原因かもしれません。仮病で休む前に、原因とちゃんと向き合うことを大事にしてください。

仮病を使ってまで休みたい職場であれば転職するのも一つの手

仮病を使ってまで仕事を休みたいということは、それだけその会社に対して不満やどうしても嫌なことがある証拠です。そう感じるのであれば、転職を考えるのも一つの手です。転職では職場環境が大きく変わるので、自分にとってプラスになる環境に出会えるいい機会になります。
そういった企業を探す場合は、転職業界No.1の求人数と実績を誇る「リクルートエージェント」がオススメです。転職のプロが、あなたが心から楽しいと思える企業探しをトータルでサポートしてくれますよ!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム