2017年01月16日(月) 更新

金欠の大学生が多い理由3つと対処法

金欠の大学生が多い理由①:食費

金欠に陥りやすい大学生の特徴として、「エンゲル係数がとても高い」というのが挙げられます。特に、1人暮らしの大学生は顕著です。買い食いや外食が多くなってしまい、金欠になってしまいやすいのです。食費は生きていく上で、決して欠かすことが出来ないため、0にはできません。上手にやりくりして、おなか一杯食べられるようにするべきでしょう。

自炊には金欠を回避できる可能性がある

外食が多い大学生や、買い食いが多い大学生、あるいはお弁当を買ってきて自宅で食べる大学生などは、金欠になりやすいです。作る手間を惜しんだ食べ物は、総じて高額になりやすいからです。簡単なものからで良いので、自炊をするようにしてみましょう。お米を炊くだけでも、食費はとても安くなりますので、金欠を回避できる可能性があります。

金欠の大学生が多い理由②:飲み会

金欠になりやすい大学生は、毎月の「飲み会費」が、非常に高いです。「1件ずつ見れば、安い居酒屋を使用しているため、そこまでかかっていない」という人も多いです。しかし、塵も積もれば山となります。二次会、三次会と重ねていけば、当然1日あたりの飲み会だけで、かなりの出費になってしまいます。それを繰り返せば、金欠になってしまうのは必然でしょう。

飲み会は数をしぼって計画的に参加する

大学生で金欠になりやすい人は、飲み会の数が多くなりがちです。対処法として、1か月に飲み会に使える費用を設定して、その範囲で飲み会に参加しましょう。また、一次会までにして、二次会以降は参加しないなどのプランを立てるのも、効果的です。断りにくいような重要度が高い飲み会を優先し、居酒屋ではなく誰かのうちで集まって飲むようするのも、金欠を回避する工夫になるでしょう。

金欠の大学生が多い理由③:教科書や教材

大学生で金欠になってしまう人の中には、「教科書や教材などにかかるお金が高い!」と悩んでいる人もいます。しかしこればかりは、買わないわけにもいかないですよね。学校指定のものがあると、安価な別アイテムで代用できない場合も多いでしょう。また、学校の授業や指定の研修などがあり、アルバイトもなかなか入れられず、補填できないパターンも多いです。

中古品や先輩などのおさがりを上手に活用する

大学生で金欠に陥りやすい人で、教科書や教材の出費で頭を抱えている人は、古本屋に行きましょう。学校近くの古本屋などは、学校指定の教科書などが、安く売られていたりします。また、先輩が使っていたおさがりを受け継ぐのも、良い金欠回避アイディアでしょう。アルバイトは、派遣や単発のものなどであれば、効率よく稼ぎやすいです。

大学生が金欠になる理由として「食費・飲み代・教材費」があるがそれぞれに対処法もある

大学生は、学校の勉強や遊びはもちろん、アルバイトや家事など、色々なものを両立しなければいけません。時間と金銭のバランスを取るのは難しいですから、どうしても金欠になりやすいのです。全体的なバランスをチェックして、計画的な出費を心がけるようにしましょう。工夫次第で、金欠は回避できるものなのです。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム