2017年01月16日(月) 更新

カードローンを銀行で申し込む際の利用条件と返済時の注意点

カードローンの利用に抵抗がない人は多い

カードローンは、現在多くの銀行において、取扱いがあります。テレビCMや広告で見かける機会も増えたので、カードローンの利用に抵抗がない方も多いでしょう。場合によっては、収入証明書の提出が不要だったり、銀行ATMで簡単に借り入れられたりするという、手軽さも兼ね備えています。

「銀行」のカードローンなので安心ができる

利子を払ってお金を借り入れる点で考えると、消費者金融と仕組みは同じです。しかし、「銀行」との取引というだけで、「安心して利用できる」という人も、多いのではないでしょうか。借り入れ時も返済時も、銀行ATMやインターネットでの取引ができ、預金などの取引と見た目も変わらないのが特徴にあります。

カードローンには低金利などのメリットが多くある

銀行のカードローンは、審査の結果に即日振込が可能であったり、他社のローンをまとめて借り換えられたりと、利用するメリットが多くあります。気になる金利についても「低金利」が多いため、返済を考えても利用しやすいと言えるでしょう。しかし、便利だからといって収入以上の額を借り入れるのは、避けるべきでしょう。

カードローンも言い方を変えれば「借金」

いくら銀行の取引だといっても、カードローンはいわば「借金」です。「借りたものは返済する」というのは、当たり前ですよね。借り入れは簡単であっても「返済の義務」があるのは、忘れてはいけません。手軽さから簡単に利用してしまうと、返済時に大変な思いをします。十分に注意しましょう。

20歳以上で安定した収入があれば利用できる

基本的に20歳以上で「安定した収入」がある場合に、カードローンの利用が可能となります。学生や主婦の方など、俗にいう「正社員」として働いていなくても、「パート」や「アルバイト」という形で安定した収入さえあれば、借り入れが可能です。ただし、返済時を考えて、人によって限度額が設けられています。

カードローン利用時は返済時の利子も考える

カードローンを利用する理由として、「もしも足りなかった時のため」という声があります。ほかに、「手持ちはないけれど収入が入れば返済できる」「どうしても今お金が必要」などの場合が、カードローンを利用するタイミングです。カードローンで借り入れを行う時は、返済時の利子などを考えて、無理のない範囲で利用するのが鉄則です。

20歳以上で安定した収入があれば借りられる銀行のカードローンは返済時の利子もしっかり考えて利用しよう

カードローンは、いざという時の安心材料や、少し足りない時の足しとして、非常に便利です。しかし、「カードローン=お金を借りる」という意味であり、そこには必ず返済義務が伴います。手軽さのあまり返済のことを忘れてしまいがちですが、万が一返済できない場合は、社会的信用を失いかねません。ですので、カードローンを利用する際は、慎重に考えて行動しましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム