2016年11月29日(火) 更新

退職を引き止める説得をうまくかわす方法

なぜ!?退職引き止めの説得が発生するのか!?

退職の引き止め止めようと説得が発生するのか!?その原因ですが、
正直にいいますと、その説得は本当にあなたという人材が惜しいという理由ではないと考えおくべきです。その引き止めの説得が発生する原因の大半は、上司や先輩社員の評価が落ちてしまう事を避けるためです。
特に、退職する人材を育成していた直属の上司に対しては、今後の評価に大きく影響します。役員から、この人は部下を育成できないどころか、育成していた方が会社を辞めてしまっていると後から言われ、今後の昇進についても考え直す事も考えられます。

そのため直属の上司は自身の評価を極力下げないためにも皆様を引き止めに掛かる事態が発生してしまうのです。

退職の引き止めをかわす方法その①退職を何度も説得されるケースでは…

まず代表的な退職を引き止める方法として説得工作があります。
この説得工作の面倒な所は毎日のように呼び出されて気が滅入る、もしくは退職する意思を撤回するまでしつこく話して来る事です。そのため、引き継ぎのために行う仕事や、やり残している仕事にも支障をきたしてしまう恐れもあり、何より退職時期を延ばされてしまう可能性も…

退職の意思を崩さない事が何より大事

この工作をかわす方法として、威圧的に迫ってきても退職の意思を崩さない事です。
説得の最初の方は威圧的でない方法で説得を試みてきます。しかし、いくら説得しても退職の意思を崩さないと徐々に威圧的な説得方法に変化してきます。そのため、もし威圧的な説得であったとしてもこちらの意見を曲げずに粘り強く説明するようにしていきましょう。
本当に退職をしたいという気持ちがるのであるのであれば、絶対に退職の意思を曲げないようにしましょう。

退職の引き止めをかわす方法その②退職届等の書類を用意しない・受け取らないケース

次に、厄介なのが退職届等の書類を用意しない、もしくは出力して一通り記入しても受け取らないパターンです。
特に頑固な上司ですと俺はお前の退職を認めないと言う一点張りで用意もしなければ、その場でその書類を捨ててしまう可能性も出てきます。

上司の上司に相談するのもアリです!!

この場合の対策として上司の上、例えば役員クラスの方に相談する事です。
役員クラスでも特に、上司の上司をしていた方を味方につけておくと良いでしょう。いくら上司であっても、自身の上司の意見には逆らえません。
もしできるのであれば役員クラスの方と関係を結び、役員立会いの下退職届の申請と受理を見ていただくと完璧です。すると上司も役員がいる前で断る事もできませんので容易に退職届や退職の際に必要とする書類一式を受理します。

退職の引き止めをかわす方法その③退職の引き止めは身近な所からも発生する

上記のように、引き止めの説得は、上司や先輩社員から来るものだと思いますが、意外と身近な所からも退職を妨げる引き止め行為が発生します。
それが同期の存在。特に入社して数年しか経っていないと、少しの情報でもSNSを活用して情報が拡散し、一斉に止める説得に入る場合があります。
また、別の場合ですと、退職の情報が上司の耳に入ると同じ都道府県、もしくはエリアの同期と連絡をとり、退職を引き止めるよう説得しろと言われている場合があります。

裏では上司の工作員として動いている!?

この場合、同期の電話やSNSを無視するしか方法がありません。
特にSNSの場合、しつこいぐらい行ってくる場合がありますので、手っ取り早い方法として一度退会してまた入り直す事も視野に入れておきましょう。同期から退職するなと来る事は内心嬉しいと感じる方も多いと思いますが、裏では上司の工作員として動いている方もいますので注意しましょう。

退職を引き止める説得をうまくかわす方法を掴んできっちり退職しましょう

いかがでしたか!?
今回は、退職を引き止める説得をうまくかわす方法について紹介しました、最後に、退職を引き止め、説得する事は本来行うべきような事ではないと思います。なぜなら、退職しようとしている行動を抑制してしまうからです。
上司の立場であれば退職しようと考えている方の意見をよく確認し、感情的にならずあくまでも大人の対応として真摯に対応するのが、本来あるべき上司の姿ですが、そういっても仕方ない事情もあると思います。退職しようとしている方で妨害工作が入ったとしても憤慨せず、退職する事を曲げずに行動していくようにしましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム