2017年09月13日(水) 更新

異動・転勤する上司が貰って嬉しいメッセージの書き方と例文

異動・転勤する上司に感謝の想いをメッセージとして!

企業にとって、定期的にやってくるのが人事異動や転勤のシーズン。ビジネスマナーとして、上司が部署異動などで職場から離れていく際には、今までお世話になった感謝の気持ちを込めて、異動する上司へのメッセージを挨拶として贈る職場も多いのではないでしょうか。
そこで、上司を感動させるような『あなたと上司ならではのエピソード』を盛り込んで、上司の心に「この部署にいてよかった」と思ってもらえるような、涙を誘う異動のメッセージ・転勤する人へのメッセージを作ってみませんか?

今回は異動・転勤メッセージの内容として”オススメのテーマ”と例文をご用意しています。ぜひとも活用し、異動する上司へのメッセージを最高のものにして、壮大に送り出しましょう。

手紙で転勤・異動する上司へのメッセージを贈る際は「心に届くエピソード」を

転勤・異動する上司へのメッセージは、当たり前ですが言葉を並べただけの単調な挨拶やメッセージにしてしまうのは避けたいところ。そういった手紙やメールでは、少し味気ないですからね。
異動に伴う転勤となると、上司と会える機会はグッと減ってしまう訳ですから、ここはやはり”特別”とも言えるような、素敵な一文を入れたメッセージにしたいものです。異動・転勤する上司にきちんと感謝の気持ちを伝えるためにも、なるべくなら直接心に伝わるエピソードを選び、異動・転勤する人へのメッセージになるようにしましょう。

感謝を伝えるには「異動する上司との思い出エピソード」が良い!

異動・転勤する上司にとって一番名残惜しいのは、今まで育ててきた部下の存在でしょう。つまり、あなたを含む部下たちとの思い出です。「あの時、あんな嬉しいことがあったなぁ」とか、「こんな辛いことも乗り越えてきたなぁ」などですね。
部下と上司、あなたと尊敬するあの人との、今までの苦楽をともにしてきた”あなたにしか書けない物語”をメッセージとして手紙に書くようにするのが、感謝の気持ちを伝える最善の方法です。

また、「この言葉には救われました!」「あのセリフにはしびれました!」などの、上司からもらって印象深かった”名言”についても具体的に書くと、より効果的でしょう。「自分の言葉を部下が覚えていてくれた。」そういった何気ないひとつひとつが、異動・転勤する上司に感動を与えるものなのです。

メッセージとして心に刺さるのは「シンプルでストレートな言葉」

例えば、「もしも○○さんがいてくれなかったら……」という言葉は、ありきたりのように聞こえて、実は異動する上司にとってはとても心に刺さるメッセージなのです。その言葉をかけてきた可愛い部下にとって、「自分はなくてはならない存在だったんだ」という感慨を呼び起こしてくれるからです。

「○○さんは私にとって大切な上司であり、あなたがいてくれたから私はここまで来れたのです」と、転勤・異動する上司にストレートに伝えるようするのが、感謝のメッセージとして手紙を書く際のコツなのです。

転勤する人へのメッセージとしては「寄せ書き」もオススメ

転勤・異動する上司へのメッセージを職場の皆さんで贈る場合によく使うのが、”寄せ書き”です。そんな寄せ書きは、転勤する人へのメッセージとしてオススメです。
もらった寄せ書きはどうしても捨てられずに、何年か経ってから見返したりしてしまいますよね? 異動・転勤する上司に寄せ書きを贈ると、それはもう感無量、必ず喜んでくれるはずなのです。

また、手紙ももちろん嬉しいですが、寄せ書きはより多くの人からメッセージをもらえるため受け手としても、多くの人から送り出してもらえているという実感を得られるという点では非常に嬉しいでしょう。

上司への寄せ書きは「一言キャッチコピー」が効果的

寄せ書きなど、限られたスペースの中で、一言で上司の心に刺さる言葉は、”キャッチコピー”のような一文をメッセージとして贈るのが効果的です。
例えば、ある会社との大事な取引が過去にあったとしましょう。あなたがしたミスを、上司が相手先に謝罪し、なんとか取引をさせることができました。
それは、上司がいてくれたからこその結果。上司でなくては取り得なかった成果。このときのことを思い出してください。つまり、先に述べたような『あなたと上司だけ』のエピソードですね。

「尊敬の念」を込めた書き方が上司の心を一番揺さぶる

また、書き方にも秘訣があります。
『○○との件は忘れようもありません。感謝してもしきれないくらいです。』
こういった尊敬の念を込めた書き方は、一見わざとらしく思うかも知れませんが、実はメッセージとして、もっとも有効な書き方なのです。あった出来事を具体的に書いてしまうのではなく、上司自身に”思い出を呼び起こしてもらう”ように書くのが心を揺さぶるのに効果的なんですね。
ですが、どうしても寄せ書きだけじゃ足りない!というのであれば、寄せ書きとは別に手紙をしたためて個人的に渡すと良いでしょう。

異動・転勤する上司へ贈る手紙メッセージの例文をご紹介

それでは最後に、転勤・異動する上司へのメッセージの例文をひとつご紹介します。とはいえ、これはあくまでも例文ですから、そのまま使うのではあまりに汎用で感謝の気持ちは伝わり辛いといえます。
上司に感動の涙を誘おうと思ったら、あなた自身の言葉を贈らなくてはならないはずですよね?
ですのでこの例文は、手紙でメッセージを贈るための参考資料として捉えて、自分だけの1枚を書き上げるようにしましょう。

お世話になった上司に贈りたい感謝のメッセージ例文

○○課長、○○へのご栄転をお喜び申し上げます。

課長には、この3年間、わたしのようないたらない部下をご指導いただき、
ほんとうにありがとうございました。
苦労のかけどおしだったような気がいたします。申しわけありませんでした。

課長が、常々おっしゃっていた「プロがやる仕事には、なにがあっても言い訳は許されない」という言葉。
それまで、できない理由をあれこれ言っていた私にとって、
とても耳が痛い言葉でした。
でも、今になってみるとその意味がよくわかります。

どんなに、自分が努力したとしても、相手に負ければ、「負けは負け」です。
きっと、相手は自分以上の努力をして臨んだのでしょう。
仕事ですから、当然勝ち負けはあります。
課長のその言葉が、今のわたしの仕事に取り組むときの基本姿勢として、
とても大切なものになっております。

○○課長の、今後のご健康とご活躍を心からお祈りしています。
本当にありがとうございました。

異動・転勤する上司へのメッセージはシンプルな言葉で「思い出エピソード」を交えよう!

今回は、上司が異動・転勤する際の感謝のメッセージや手紙の書き方と例文について見てきました。
異動・転勤する上司に宛てるメッセージの作り方は、「上司と部下」ひと組ごとに存在します。つまり、今までお世話になったあなたと、そんな部下を可愛がってきた上司のふたりだけにしか、感動するエピソードを思い起こすことはできない訳なのです。

部署を去っていく上司の心に残る体が身を書きたいと思った際は、ここで挙げた秘訣を参考にし、今までの上司との物語を思い出してみましょう。人は、去っていく場所に残すもので『一番強く心に刻まれる思い出』は、最後にその場にいたときの”別れの挨拶”です。
ぜひとも上司の心を動かす感動のメッセージを贈るように心がけましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム