2018年01月30日(火) 更新

「2級土木施工管理士」資格試験のおすすめテキストと勉強法

土木施工管理技士資格とは?

まず、土木施工管理技士資格とは何かを説明します。2011年3月11日の東日本大震災発生以降、除染工事や造成工事などの復興工事で必置となる主任技術者や監理技術者になるために必須の資格であり、需要が急激に高まっています。施工管理技士は国土交通省管轄する国家資格であり「土木施工管理技士1級」と「土木施工管理技士2級」の区分けができます。

・2級土木施工管理技士資格
土木や鋼構造物塗装、薬液注入に別れ、それぞれの種で河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道などの土木工事において、主任技術者として施工計画を作成し、現場で工程管理や安全管理などの工事施工に必要な技術上の管理などを行うことができます。

・1級土木施工管理技士資格
河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道、などの土木工事において、主任技術者または、監理技術者として施工計画を作成し、現場における工程管理、安全管理など工事施工に必要な技術上の管理などを行うことができます。

試験実施は年1回

土木施工管理技士2級・1級の試験時期は年1回実施で下記の通りとなります。

▪︎土木施工管理技士2級
試験日:(年1回の実施)
(2級は学科試験と実地試験を同一日に行います。)
・学科試験
・実地試験

▪︎土木施工管理技士1級
1級学科試験: 試験日:年1回の実施
1級実地試験: 試験日:年1回の実施

それでは今回は、2級土木施工管理士資格試験にまとを絞りオススメのテキスト・参考書と勉強法を紹介していきます。

2級土木施工管理技士資格試験の勉強法とは?

2級土木施工管理技士の資格取得には、勉強方法のポイントやコツなどがあります。使いやすいテキスト・参考書や勉強方法を知って、2級土木施工管理技士の資格受験に役立てていきましょう。

2級土木施工管理技士の過去問を解く

2級土木施工管理技士資格取得のための、おすすめテキスト・参考書を紹介する前にまず「2級土木施工管理技士資格取得のための実地過去問題」をとくことが必須となります。

過去問をとくことは、2級土木施工管理技士資格取得のための最大の勉強法とも言えます。まずは過去の出題傾向を読み、2級土木施工管理技士試験の出題分野や出題箇所・内容や傾向が分かります。

土木施工管理技士2級の本試験で出題される問題は、受験者のミスを誘うような正誤問題(適当なものなどれか?適当でないものはどれか?…など)が頻出しています。とにかくまずは過去問を解きましょう。そして、一度解いた問題は必ず解けるようにしましょう。まずは過去問を解いて、傾向を分析するのが大事です。

時間が許す限り過去5年間分の問題をとき、共通で出題されている問題を見て下さい。そして共通されている問題に関する内容をこれから紹介するテキスト・参考書でじっくり理解するまで勉強しましょう。効率のいい勉強方法ですので是非お試しください。

経験記述対策が重要

2級土木施工管理技士試験を受けようという人は実地試験の経験記述問題でつまずくことが多いです。実地試験の経験記述問題の対策としても、しっかりと過去問題をやりこみ、テキスト・参考書を読み込むといった勉強法で合格にむけて頑張りましょう。
前述した勉強法は大きな成果を生みます。実地試験である経験記述問題対策にもおすすめできるテキスト・参考書もこのあと紹介します。

2級土木施工管理技士資格取得の為のおすすめテキスト・参考書

上記では、2級土木施工管理技士の勉強する際のポイントを紹介してきました。続いて、効率のいい勉強法は知っていても、どのテキスト・参考書で勉強するのかはも大事なポイントとなってきます。
2級土木施工管理技士の資格試験に合格するための勉強に、オススメできるテキスト・参考書を紹介しますので是非、合格にむけた勉強方法の参考にしてみてください。

おすすめテキスト①:詳解2級土木施工管理技術検定試験過去5年問題集

まず初めに、土木施工管理技士2級資格取得のための勉強法おすすめテキストは『詳解2級土木施工管理技術検定試験過去5年問題集』です。
前述でも紹介したように、過去問をとくことは、試験の出題分野や出題箇所・内容や傾向が分かり2級土木施工管理技士資格取得のための最大の勉強法とも言えます。試験にむけた勉強方法として絶対に外せない1冊です。

おすすめテキスト②:2級土木施工管理技士完全合格テキスト

続いて、独学の勉強法で試験を目指される方に非常におすすめのテキスト・参考書なのが『2級土木施工管理技士 完全合格テキスト』です。
図表やイラストが多いため、実務経験が少なくても基本を勉強しやすくなっているのが特徴です。専門用語も説明されているので勉強の際調べる手間が省けます。また重要項目がポイントとしてまとめてあるので、独学での勉強法で試験に望まれる方に役立ちます。

おすすめテキスト③:2級土木施工管理技士実地試験問題全集

知識をある程度つけた上での勉強なら『2級土木施工管理技士実地試験問題全集』テキスト・参考書がおすすめです。
また、過去問の解答だけでは解らない部分を勉強したい方は 『図説 2級土木施工管理技士試験合格講座 土木施工管理技士受験研究会』と併用して勉強することをおすすめします。

2級土木施工管理士資格取得の勉強法に「過去問」テキストは必須

2級土木施工管理士資格取得のためのおすすめテキスト・参考書や勉強方法について紹介してきましたがいかがでしたか?紹介したテキストと勉強法で効率的に勉強しましょう。二級土木施工管理技士資格取得は、転職に活かす場合、転職サイトから祝金が出る所もあるようです。
転職を前提とした勉強をしたり、スキルアップの場合には2級土木施工管理技士はたいへんメリットのある資格です。懸命に勉強しても合格率も低く、とても難関な資格です。その分勉強法や参考書もしっかり考えて抜かりなく勉強していきましょう。参考書は、内容的に高額な講習会で行っているものと違いません。時間の無駄がなく、高能率で学習出来るため参考書をお勧めしています。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム