2017年01月16日(月) 更新

クレジットカードを滞納してしまった場合のリスク

クレジットカードの滞納は大きなリスクがある

クレジットカードを滞納してしまう原因は様々考えられるでしょう。その月に洋服などを購入しすぎてしまったり、水道光熱費を使いすぎてしまったりと、他の請求に追われ、滞納をしてしまうのです。しかし、クレジットカードを滞納してしまうと大変なリスクがあり、そのままにしておくと、重大な事態に発展してしまう可能性もあります。

支払いを滞納すると信用情報に傷が付く

クレジットカードの滞納は、信用情報に傷をつけます。信用情報とはクレジットカードやローンを組む際に、審査基準として重要とされるのですが、過去にクレジットカードの遅延や延滞があると、その履歴が残り、審査に通過しにくくなるのです。信用情報は日本に3箇所ある信用情報機関で管理されています。信用情報に傷があるということは、いわゆるブラックリストに載っているということです。

クレジットカードを滞納してしまうと利用不可になる

クレジットカードを滞納してしまうと、その時点でカードの利用ができなくなります。もちろん支払いを済ませれば、すぐに利用はできるのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょう。ただでさえ、お金がないのに、事態を更に悪くしてしまうのは明白です。クレジットカードの滞納はこういった大きな問題があるので、とにかく注意してください。

水道光熱費等をクレジットカード払いにしているなら要注意

最近になって大変増えてきましたが、家賃や携帯料金、水道光熱費、定期などもクレジットカードで支払いができるようになりました。確かにクレジットカード払いは便利なのですが、万が一滞納した場合は、クレジットカードは停止となるため、全ての支払いがストップすることになるのです。中には信用情報に影響するものもあるので、大変なリスクだと言えるでしょう。

クレジットカードを滞納し続けると強制解約になる

クレジットカードを滞納すると、通常督促状や催促状が届いたり、クレジットカード会社から電話連絡があります。しかし、なかにはそれでも支払いをしない人もいます。クレジットカードが恐ろしいのは、料金を滞納し続けると強制解約になることです。強制解約になってしまうと信用情報が完全にブラックになり、将来的に利用するであろう、住宅ローンや自動車ローンの審査は通らない可能性が高いと言えるでしょう。

強制解約後は一括請求が待っている

クレジットカードを滞納し続けて、強制解約になってしまうと、更なるリスクがあります。それは一括請求です。クレジットカードの分割払いや、リボ払いで払えていない金額を全額一度に払わなければならないのです。ただでさえお金がない状況で、クレジットカードの滞納が現在の状況を、更に悪化させてしまうということは十分考えられます。この点はよく覚えておきましょう。

クレジットカードの支払いを滞納すると強制解約・一括請求になるリスクがある

クレジットカードの滞納は、信用情報に傷を付けるので、将来的にローンを組むことも心配や不安が尽きないでしょう。クレジットカードには大きなリスクがあり、滞納をし続けてしまうと、強制解約や一括請求になる可能性もあるのです。クレジットカードを利用する場合はこの点に十分注意しましょう。早急な解決が求められます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム