2017年01月16日(月) 更新

キャッシングをするための2つの方法と選ぶポイント

キャッシングには銀行と消費者金融系を利用する方法がある

キャッシングには、2通りの方法があります。それは、銀行カードローン系と消費者金融系のサービスです。それぞれサービス内容に違いがあるので、自分にあったキャッシングのサービスを選ぶと良いでしょう。決定的な違いは、借り入れ可能金額の違いです。その点についても、このページでご紹介していきます。

審査結果は収入や属性などを加味して出される

銀行カードローンと消費者金融の方法では、それぞれにメリットとデメリットがあります。一説には、銀行カードローンは審査が厳しく、消費者金融は緩いという話もあるようです。実際のところは、それぞれの会社が独自に審査基準を設けています。収入以外にも、その人の属性などを加味して結果を出すため、一概に審査の厳しさを論じることは難しいのが現状です。

銀行を利用するキャッシングは消費者金融よりも印象が良い

銀行系カードローンのメリットは、消費者金融に比べて金利が低く設定されている点です。また、銀行系のカードローンであるため、消費者金融での借り入れよりもイメージが良くなります。例えば、在籍確認などの電話がかかってきたときに、一般的に会社名は名乗りませんが、仮に名乗りがあっても、銀行名であれば困りません。銀行系のカードローンは、社会的な信頼の厚さも大きなメリットです。

総量規制の影響を受けない

キャッシングの方法として、銀行のカードローンがおすすめできる理由の大きなポイントは、総量規制の影響を受けないという点です。総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れはできない、というものになります。銀行カードローンは、この総量規制の影響を受けません。そのため、年収の3分の1を超える借り入れであっても、条件を満たせば融資可能となるのです。

消費者金融系を利用してキャッシングすると即日融資が可能

キャッシングの方法には、消費者金融系があります。利用するメリットは、即日融資が可能である点です。銀行系のカードローンでも、同様のスピード感を持っているところもあります。急いでいる人にとっては、とても便利なサービスを展開しているのです。また、総量規制の影響を受けるため、借りすぎも防げます。無利息キャンペーンなど、一定期間利息がかからないサービスを行っている会社もあります。

金利が高いため負担が大きくなる

キャッシングの方法として消費者金融の利用がありますが、デメリットは金利が高いところです。銀行系のカードローンが、上限が14.9%なのに対して、消費者金融では18%程度と高めになっています。一般的に、借入金額が少ないと金利が高めに設定されるので、消費者金融でのキャッシング方法は負担感が大きくなるのです。

キャッシングの方法には銀行系カードローンと消費者金融系があるが金利や総量規制の有無を考慮して選ぶ必要がある

いかがでしたか。キャッシングをするためには、2つの方法があります。銀行系カードローンのキャッシングと、消費者金融のカードローンです。銀行系カードローンを利用する方法は、金利が安いことと、社会的な信頼感の高さ、そして総量規制の影響を受けないところがメリットです。消費者金融を利用する方法は即日融資などスピード感のある融資が好評ですが、金利が高めなのが借り入れの際のデメリットとなります。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム