2017年01月16日(月) 更新

年末年始に起こりやすい金欠の理由とその対処法

年末年始はクリスマスや大晦日などの大きなイベントが多い

12月は「師走」と言われていることもあり、1年の中でも毎日早く過ぎ去る月です。年末というだけで、「忙しい」「落ち着かない」というイメージをもつ方も少なくないでしょう。1年が終わる月なので気持ち的にも落ち着かないものですが、年末近くなるとクリスマスや大晦日がやってきます。特にクリスマスは、1年の中でも大きなイベントの1つですのでプレゼントの準備などで金欠になるのも無理はありません。

年末年始の金欠理由①:帰省費用がかかる

実家が離れている人にとっては特に年末年始は物入り時であり、金欠になりやすい傾向にあります。その理由は年末年始の「帰省」です。一人での帰省であればまだしも、家族全員で帰省となれば10万以上必要となる家庭も多いでしょう。一度の帰省で10万以上必要となると、家計にとってはかなりの痛手であり、金欠にならざるを得ません。

年末年始の金欠理由②:おせち料理やお年玉

年始に親戚みんなで集まる場や、年始だからと豪華なおせちやごちそうを食べるのを習慣にしている家庭も多いでしょう。美味しいものを食べたり、楽しい時間を過ごしたりするには当然お金がかかります。集まりに子どもがいる場合は「お年玉」が必要になるケースも多いでしょう。年末年始に何かと金欠になる原因は年始の恒例行事にあります。

年末年始の交通費や旅費を安くして金欠を抑える

何かと物入りな年末年始の金欠を抑えるポイントとして、「交通費や旅費」に関しては特に注意が必要です。年末年始には通常以上の人が移動するので、予約が必要な交通機関の場合は早めの行動が必須でしょう。遅ければ遅いほど値段は上がり、予約可能数も減る一方であり良いことはありませんので、早めの決断が大切です。

不要なものを断捨離しておくのも効果的

年末年始は、物に対してもお別れと迎える時期でもあります。1年を通して不要と感じたものを「断捨離」すること、そして年始に行われるセールやバーゲンで新しいものを迎える準備をしなければなりません。不要なものと別れる勇気と、新しい出会いを受け入れるという気持ちの切り替えは、年末年始には必要と言えるでしょう。

金欠になりやすい年末年始に新年のお金の使い方を考えるべき

年末年始とは、「年の終わり」であり「年の始まり」でもあります。そのため、1年を振り返り、新しい年をどのように過ごすか決めることは非常に重要です。金欠になりやすいこの時期だからこそ、節約や節制、お金の使い方に関して「反省と目標設定」をすることが大切です。お金に対する意識から変えることもできるでしょう。

年末年始の金欠は帰省費用や行事での出費に原因があり早めの予約で交通費を押さえよう

年末年始の金欠理由とその対処法について見ていきました。子どものうちはクリスマスの大晦日、お正月と楽しいイベントが続くように思える年末年始ですが、大人になると物入り時であり金欠になるのは避けられません。ですが、工夫次第で毎年金欠の状態を回避できます。1年の終わりとはじまりをすっきりとした気持ちで迎えるために、お金の使い方についても見直してみましょう。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム