2017年01月16日(月) 更新

学生がカードローンの借り入れをする際の注意点

審査条件はあるが学生でもカードローンは借入可能

上手に利用すればとても助かるカードローンは、借り入れにはいくつか条件がありますが、学生であってもカードローンを借入るのは可能です。多くの会社で、20歳以上の安定した収入と返済能力が貸付の条件となっており、学生であっても安定収入があり、延滞歴などなく、返済能力ありと審査されれば貸付をしてもらえる可能性が高いでしょう。

社会人でも未成年の場合は利用不可

カードローンは学生であっても借入可能ですが、ポイントは20歳以上という点です。そのため学生でも20歳未満であれば貸付不可となります。また、学生でなく社会人であっても20歳未満の未成年にお金を貸してくれる会社はほぼありません。多くの会社で20歳以上という条件となっており、年齢が満たなければそれだけで審査をパスできません。

学生がカードローンを利用する際は借りすぎに注意

学生がカードローンを借りる際にはいくつかの注意点があります。まず、学生であるのでそれほど高額の収入がない点から、借りすぎには注意が必要です。カードローンは簡単にお金が手に入りますが、簡単な分つい借りすぎてしまうのがデメリットになります。借りればそれなりの金利がつき、返済に追われると学業にも差支えがでるので、借入は慎重に行いましょう。

学生では高額の借り入れは不可能

学生がカードローンを借りる際には、高額の借り入れは不可能だと思ったほうが良いでしょう。属性が学生である時点で、仮に高収入であっても高額の貸付に了承がでる可能性は低く、あまりにも高額の申し込みがあれば不可となる可能性が高くなります。学生のうちはできるだけ少額の申し込みにすれば審査も通りやすくなるでしょう。

消費者金融のカードローンでは総量規制の影響あり

学生がカードローンを利用するときには、消費者金融のカードローンに申し込んだ場合には総量規制の影響を受けるので、アルバイトの年収の三分の一以上の借り入れは不可能です。年収が100万円であれば借り入れは30万円程度が上限です。そのため、よほどの高額の収入がない限りは、カードローンの借入金額も限定的なものにならざるを得ません。

アルバイトをしていなければ借入不可

20歳以上の学生であっても安定収入がなければ、カードローンでの借り入れはできません。そのため、カードローンを利用するのであればアルバイトをする必要があります。審査の際には勤続年数も審査対象となりますので、アルバイトの期間はできるだけ長めであるに越したことはありません。安定収入はあくまでも本人の収入であり、仕送りなどは含まれないので注意しましょう。

学生がカードローンを利用する際は年齢と収入の有無に注意して借りすぎないようにする

学生がカードローンの借り入れをする際には、年齢と安定収入の有無が貸付のポイントとなります。年齢は20歳以上、安定収入はアルバイトの有無で判断されます。仮に社会人であっても未成年であれば審査にパスすることはありません。学生が借り入れをする際は、高額の申し込みはせず、借りすぎに注意をすることが求められます。

人気の転職サイト特集

  1. doda合格診断:あの人気企業に転職できるかも?あなたの合格可能性を3ステップで簡単診断

    2018年度最新版の転職人気企業上位300社への合格可能性を診断!転職市場におけるあなたの実力が簡単に分かります。

  2. ハタラクティブ:内定率は80%以上!20代(第二新卒・既卒)や未経験業界への転職に強い

    内定率は業界トップクラスの80%!カウンセリング実績6万人以上から得られたノウハウをもとに、20代・第二新卒ならではの悩みや不安を解決してくれます。

  3. リクルートエージェント:求人数&転職成功実績No.1!登録必須の転職サイト

    業界最大級の規模を誇り、求人数と転職成功実績でNo.1を獲得しているため、多くの転職者に選ばれ続けています!非公開求人が約90%を占めているのも魅力的です。

関連コラム